はじめに

完了

多くのプログラムの一般的な目標は、入力を受け取って処理し、書式を設定し、何らかの方法で出力することです。 このモジュールでは、こうした各作業を実行する Python コードを記述します。 その過程で、データの操作、データに対する演算、入力の取得、出力の生成など、多くの基本概念を学習します。

このモジュールを終了すると、ユーザー入力を受け取り、その入力をリテラル テキストと結合し、結果をユーザーに出力する単純なアプリケーションを作成できます。 さらに重要なことですが、Python の学習に重要なはじめの一歩を踏み出したということです。

学習の目的

このモジュールでは、次のことを行います。

  • Python コード ファイルを作成し、Visual Studio Code でそのコードを実行します。
  • テキスト メッセージをコマンド ラインに送るコードを記述します。
  • コマンド ラインからのユーザー入力を受け取るコードを記述します。
  • コンパイル エラーとランタイム エラーが発生する理由と、次にすべきことについて説明します。
  • ハード コーディングされたテキストとユーザー入力を連結して、ユーザーにカスタム形式のメッセージを表示します。
  • 数値データに対して数学的な加算を実行します。
  • 英数字データを数値データに変換し、元に戻します。

前提条件

  • Python 3.x がインストールされていること
  • Visual Studio Code がインストールされていること
  • Pylint などのすべての推奨ツールを含め、Visual Studio Code 用の Python ツールがインストールされていること

以上の前提条件のインストールでお困りの場合、"Visual Studio Code を使用して Python 初心者向けの開発環境を設定する" モジュールの指示に従ってください。