共同所有権を使用した共有

完了

選択したクラウド フローで 共有 オプションを選択すると、フローの所有者を管理するページが表示されます。

編集アイコンの横にある共有アイコンの場所を示すスクリーンショット。

ユーザーまたはグループを所有者のリストに追加することで、これらのユーザーとのフローの共同所有権を作成します。

ユーザーまたはグループを追加できる所有者リストを示すスクリーンショット。

前の例では、Dave は元のフロー所有者であり、このフローを Julie と My Sales Team と共有しています。 My Sales Team はグループであり、そのグループのメンバー全員は自動的にフローの共同所有者になります。

フローの共同所有者には、次のアクションを実行するためのアクセス許可が付与されます。

  • インスタント フローおよび予定フローをオンデマンドで実行する。

  • フローの定義を編集する (アクションまたは条件の追加、削除など)。

  • フローのテストを実行する。

  • 実行履歴を表示する。

  • フローのプロパティを管理する (フローの開始または停止、所有者の追加、接続の資格情報の更新など)。

  • 他の所有者を追加または削除する (フローの作成者を除く)。

  • フローを削除する。

共同所有者には削除アクセスも含めて完全なアクセス許可が付与されている点を考慮して、これらの活動を実行する必要がある、信頼できるユーザーのみを追加する必要があります。 フローがインスタント フローであり、フローの実行のみがユーザーに必要な場合は、共同所有者ではなく、実行専用ユーザーとしてユーザーを追加する方が賢明です。 実行専用ユーザーについては次のユニットで説明します。

全体管理者および Microsoft Power Platform 管理者のテナント ロールを持つユーザーは、フローの所有者も管理できます (自身をリストに追加することもできます)。

フロー作成者がオフィスにいなかったり、退職したために変更が必要となったりしたときのために、重要なビジネス フローは少なくとも 1 人のユーザーと共有することが重要になる場合があります。

接続

フローを構築してアクションを追加する際、一部のアクションではコネクタを使用します。 コネクタが初めて使用される場合は、アクションによって接続が確立され、使用されます。 接続を確立するには、フローを変更するユーザーを認証する必要があります。 その接続はそのユーザーに関連付けられ、実行されるアクションはそのコンテキストで行われます。 たとえば、Dave が SharePoint アクションを追加して項目をリストに追加した場合は、そのアクションが実行された際に、Dave がリスト項目を追加したことが示されます。

共有 ページの 埋め込み接続 セクションには、フローで使用される接続が示されます。

フローで使用される接続を示すスクリーンショット。

すべてのフロー所有者はこれらの接続にアクセスできますが、アクセスはこのフローのみに対して有効です。 認証や新しい接続の作成を行わずにこれらの接続を使用することで、そのアクセスによってフローにさらにステップを追加できるようになります。 ただし、このアクセスでは、フローの外部で接続を使用することは許可されません。

Julie がフローを編集し、Office 365 コネクタを使用してメールを送信する手順を追加した場合、そのフローは Julie を接続ユーザーとして接続のリストに追加されます。 フローが実行された場合は、メールが Julie から送信され、Dave は引き続き Microsoft Lists のリスト項目の作成者になります。 接続リストは次のスクリーンショットに似たものになります。Julie が追加した接続が示されています。

別の共同所有者によって作成された接続を示すスクリーンショット。

1 つのフローに対して他のユーザーと共同作業する場合は、接続を管理するユーザーを 1 人指定して、接続を同じコンテキストで維持することをお勧めします。

フロー所有者は誰でもこのフロー内の任意の接続を使用して、自分に代わってアクションを実行できます。 したがって、誤ってアクセス許可が昇格されないよう監視し、信頼できる所有者のみを追加してください。 たとえば、前のフローでは、Julie は Dave として SharePoint 内の情報にアクセスできます。彼らが自らアクセスするためのアクセス許可を持っているかどうかは関係ありません。

共同所有権を使用して共有する必要があるかどうかの判断

次の表は、共同所有権を使用して共有する必要があるかどうかを判断する上で役立つシナリオを示しています。

シナリオ オプション
別のユーザーに自分のフローの編集を許可することを望んでいます。 共同所有権が最適なオプションです。
誰かがリスト項目を SharePoint に追加するか、Dataverse テーブルで行を作成したときにトリガーされるフローを保持しています。 自分のフローの共同所有者として項目を追加するすべてのユーザーを追加する必要がありますか? いいえ、このフローは、イベントによってトリガーされる自動フローです。 フロー接続ユーザーがリストまたはテーブルにアクセスできる限り、すべてのユーザーを所有者として追加したり、実行専用として追加したりすることなく、フローは正常に実行されます。
インスタント フローを保持していて、他のユーザーにこのフローを実行してもらうことを望んでいます。 共同所有権は必須ではありません。ユーザーは実行専用として設定してください。
予定フローがあり、スケジュールされた時間にそれを実行するだけでなく、他のユーザーにオンデマンドでの実行を許可することを望んでいます。 共同所有権が最適なオプションです。 ただし、ユーザーにはフローの実行のみよりも多くのアクセス許可が付与される点に注意してください。