概要

完了

このモジュールでは、他のユーザーとクラウド フローを共有する方法について説明しました。 共同所有権を使用してクラウド フローを共有する場合は、他のユーザーとのフロー構築の共同作業を有効にすることができます。 所有しているフローの実行を他のユーザーに許可するには、追加のアクセス権を付与せずに、インスタント クラウド フローを共有します。 コピーの送信 機能を使用すると、クラウド フローを別のユーザーと共有できます。このユーザーは、共有されたクラウド フローをテンプレートとして使用して、独自のコピーを作成できます。 クラウド フローを Dataverse ソリューションに含めることもできます。それによって、環境間でのフローの転送と共有が可能になります。 このモジュールでは、クラウド フローを共有するためのこれらの手法をそれぞれいつ使用すべきかについて学びました。