TypeScript で変数の型を宣言する

中級
開発者
学生
Azure
Visual Studio Code

JavaScript は動的に型指定される言語です。 これにより、変数の宣言は簡単になりますが、場合によっては予期しない結果が発生することがあります。 TypeScript の静的な型システムを使用すると、オブジェクトの形状を記述することができ、より優れたドキュメントが提供され、TypeScript でコードが正常に動作しているかどうかを検証できます。 TypeScript では、名前空間、クラス、プロパティ、関数、変数、その他の言語エンティティの宣言によって、型がそれらのエンティティに関連付けられます。 型の形式を指定し、言語エンティティと関連付ける方法は、エンティティの種類によって異なります。 このモジュールでは、利用できる型をいくつか紹介し、それらを変数に関連付ける方法を示します。 後のモジュールでは、インターフェイス、関数、クラスで静的な型指定を使用する方法を調べます。

学習の目的

このモジュールでは、次の方法を学習します。

  • TypeScript で型指定された変数を宣言する利点を説明する。
  • プリミティブ型を使用して変数を宣言する。
  • オブジェクト型を使用して変数を宣言する。
  • 共用体型と交差型を使用して変数を宣言する。

前提条件

  • JavaScript に関する知識。
  • JavaScript での letconst を使用した変数の宣言に関する知識。
  • TypeScript の基本的な知識。
  • インストール済みソフトウェア: