Power Apps ポータルの管理

上級
アプリ作成者
機能コンサルタント
管理者
開発者
ソリューション アーキテクト
Microsoft Power Platform
Power Apps

管理者は、ポータルが安全かつ効率的に実行されるように、さまざまな機能とアドオンを構成する方法を理解しておく必要があります。 Power Apps ポータルには、SharePoint ドキュメント ライブラリや Power BI レポートなどの他の Microsoft テクノロジとの統合を含め、一連の追加機能と機能も用意されています。 このラーニング パスでは、管理者が Power Apps ポータルを構成および管理し、問題のトラブルシューティングを効率的に行うために使用できるツールと手法について説明します。

前提条件

  • Power Apps 試用版サブスクリプション。
  • 空白からプロビジョニング済みの Power Apps ポータル。
  • モデル駆動型 Power Apps アプリをナビゲートおよびカスタマイズする方法についての基本的な理解。
  • SharePoint、Power BI、Azure Active Directory などの Microsoft の他のテクノロジに関する基本的な知識が役立ちます。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、Microsoft Power Apps ポータル管理と Power Apps 管理センターの使用に重点を置いて説明します。 ポータル機能を強化するために使用できる追加のアクションや機能が用意されています。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

場合によっては、アプリケーションのスコープを拡張するために、ポータルを Web ベースのテクノロジに統合する必要があります。 このモジュールでは、Power Apps ポータルを SharePoint、Microsoft Power BI、モデル駆動型グラフなどの関連テクノロジに統合するための、プロセスとオプションの説明に重点を置きます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

個人である外部ユーザーは、複数の ID を所有し、そのいずれかを選択してポータルに登録したり、アクセスしたりすることがあります。 ポータル ユーザーはさまざまな方法でオンボードでき、ポータルのユーザーが ID を検証してプロファイルを管理するためのオプションがいくつか用意されています。 Microsoft Power Apps ポータルでは、さまざまな認証オプションがサポートされており、強力なユーザー管理機能を利用できます。 管理者は、ローカル認証を使用するか、信頼できる認証プロバイダーに認証をデリゲートするかを選択できます。 Power Apps ポータルでは、複数の認証プロバイダーとさまざまな業界標準がサポートされています。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

管理者は、Microsoft Power Apps ポータルの作成時にさまざまな手法、ベスト プラクティス、および機能を考慮する必要があります。 このモジュールでは、さまざまなトラブルシューティング ツールについてと、ポータル チェッカー ツールを使用することの重要性について説明します。