Power BI の管理、パート 2 - Premium、Power BI Embedded、自動化

中級
管理者
Power BI

管理者は、どのようにコラボレーションを促進し、Power BI の出力を共有すればよいでしょうか。 どのように使用状況の監視と監査を行い、データ アクセス インフラストラクチャを構築し、管理を自動化すればよいでしょうか。 このコースでは、Power BI Premium によって容量リソースを管理する方法について説明します。 データ アクセス インフラストラクチャを確立する方法と、Power BI テナント以外に Power BI レポートを共有する方法について説明します。 最後に、Windows PowerShell と PowerShell Core のための Microsoft Power BI コマンドレットを使って、一般的なタスクを自動化する方法について説明します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

Power BI Premium は、専用の容量ベースのプランです。 Power BI Pro と Power BI Premium の違い、および Power BI Premium での容量リソースの管理方法について説明します。 Power BI premium で使用できるおすすめのツールについても説明します。

オンプレミスのデータ ソースを操作するには、Power BI とオンプレミスのデータ ソースとの間にゲートウェイを構成する必要があります。 このモジュールでは、スケジュールされた更新またはライブ接続に使用されるゲートウェイと SQL Server Analysis Services (SSAS) データ ソースの操作方法について確認します。

Power BI 環境を越えてレポートを共有することで、Power BI の範囲を広げることができます。 パブリック インターネットにレポートを公開したり、Microsoft Teams や PowerApps にレポートを埋め込んだり、BI レポートを SharePoint Online Web パーツに配置したりすることができます。 Microsoft Power BI Embedded (PBIE) と呼ばれる Power BI サービスの特別なバージョンもあり、これを利用すれば、アプリケーション開発者は、完全にインタラクティブなレポートをアプリケーションに埋め込むことができます。データの視覚エフェクトやコントロールを自分で一から構築する必要はありません。

コマンドレットは PowerShell スクリプト言語で記述された関数であり、Windows PowerShell 環境でコマンドを実行します。 これらのコマンドレットを実行すると、Web ブラウザーで管理ポータルを経由することなく、Power BI プラットフォームとやりとりできます。 ワークフローを最適化できる複雑なスクリプトを記述するには、これらのコマンドレットを他の PowerShell 関数と組み合わます。