Azure DevOps を使用してアプリケーションをビルドする

中級
DevOps エンジニア
管理者
開発者
Azure
Azure DevOps

Azure DevOps を利用すれば、アプリケーションをビルドし、テストし、あらゆるクラウドまたはオンプレミスにデプロイできます。 アプリケーションを継続的にビルドし、テストし、検証するビルド パイプラインを構成する方法について紹介します。

このラーニング パスでは、以下について説明します。

  • Azure Pipelines と GitHub を使用し、他のユーザーと共同作業してアプリケーションをビルドする
  • 自動化されたテストをパイプラインで実行し、コードの品質を検証する
  • ソース コードやサードパーティ コンポーネントをスキャンし、脆弱性がないか確認する
  • 連動してアプリケーションをビルドする複数のパイプラインを定義する
  • Microsoft ホステッド エージェントと独自のビルド エージェントの両方を使用し、アプリケーションをビルドする

このラーニング パスを受講することは、次の準備に役立ちます: 「試験 AZ-400:Microsoft Azure DevOps ソリューション」。

このラーニング パス内のモジュール

Set up a continuous integration (CI) pipeline that automates the process of building your application.

Collaborate with others and merge only the highest quality code.

Set up automated testing in your pipeline to improve code quality.

ビルド プロセス中に、ソース コードの潜在的な脆弱性をスキャンします。

Scan open-source components for security vulnerabilities and assess their license ratings when your application builds in Azure Pipelines.

Manage your application and the packages it uses across build pipelines.

Learn how to use your own build agent when Microsoft-hosted agents don't meet your needs.