Azure Synapse サーバーレス SQL プールを使用して Data Analytics ソリューションを構築する

中級
データ アナリスト
データ エンジニア
Synapse Analytics

データ レイクにファイルとして格納された大量のデータがある場合、その中に含まれるデータを探索し、分析する便利な方法が必要になります。 Azure Synapse Analytics を使うと、リレーショナル データベースで使う SQL スキルをデータ レイク内のファイルに適用することができます。

前提条件

このラーニング パスを始める前に、「Azure でデータ分析を探索する」と「Transact-SQL を使用したクエリの実行の概要」のラーニング パスを完了することを検討してください。 次の知識が必要になります。

  • Microsoft Azure の分析データ ワークロード
  • Transact-SQL を使用した、データに対するクエリの実行

このラーニング パス内のモジュール

Azure Synapse サーバーレス SQL プール使用すると、リレーショナル データベースにデータを読み込む必要なく、SQL スキルを活用してファイル内のデータを探索および分析できます。

データ レイク内とリレーショナル データベース スキーマ内のどちらのファイルを使うかを選ぶのはなぜでしょうか。 Azure Synapse Analytics でレイク データベースを使うと、両方の利点を組み合わせることができます。

CREATE EXTERNAL TABLE AS SELECT ステートメントを使用して、データを変換し、変換ロジックをストアド プロシージャにカプセル化する方法について説明します。

Azure Synapse サーバーレス SQL プールによってクエリまたは変換が実行されるデータを提供して使用する方法について説明します。

Azure Synapse サーバーレス SQL プールの使用時にセキュリティをどのように設定できるかについて学習します