Azure Logic Apps でデータとアプリを統合するための自動化されたワークフローを構築する

初級
中級
開発者
Azure
Azure Portal
Logic Apps

Azure Logic Apps は、ビジネス プロセスの実行を自動化するクラウド サービスです。 ロジック アプリを活用して、データがあるときに自動的に実行されるサーバーレスのワークフローを作成する方法を学習します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

Logic Apps で自動化できる各種ビジネス プロセスの特徴を明らかにします。 コネクタ、トリガー、およびアクションの機能を紹介し、これらを組み合わせてアプリを作成する方法について説明します。

組み込みのトリガー、アクション、および条件演算子を使用してワークフローを定義します。 ワークフローはデータがあるときに自動的に実行され、クラウド内のデータを処理し、データベースで結果を記録し、電子メール通知を送信します。

カスタム コネクタを使用するとロジック アプリから任意の Web API を呼び出すことができます。

宣言によって Logic Apps ワークフローを Resource Manager テンプレートとして定義し、Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) を使用してアプリをデプロイします。