サービスの接続

初級
中級
開発者
Azure
Service Bus
Event Grid
Event Hubs
Storage

Azure では、さまざまなコンポーネント (Web サイトのフロントエンド、バックエンド サービス、およびオンデマンド コンピューティング サービスを実行するトリガーされた関数) で構成されたアプリケーションを作成することができます。 Azure には、これらさまざまなコンポーネントが相互にデータを渡せるようにするためのさまざまな通信方法も含まれています。 これらの通信サービスを活用して、テスト可能なコンポーネントから拡張性の高い、効率的なソリューションを作成する方法について説明します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

1 つのアプリケーションを構成するコンポーネントがそれぞれ異なるコンピューター、サーバー、およびモバイル デバイスで実行されているときは、これらのコンポーネント間での通信の信頼性を維持することが難しくなる可能性があります。 Azure では、通信の信頼性を高めるためにさまざまなテクノロジが提供されており、たとえばストレージ キュー、Event Hubs、Event Grid、Service Bus などを使用できます。 このモジュールでは、ご自分の通信タスクに最適なテクノロジを選ぶ方法を説明します。

Azure Service Bus のトピックとキューを使用してメッセージを送受信するカスタム アプリケーションの C# コードを記述します。

Azure Queue Storage を使用して、クラウドにパブリッシュ サブスクライブ パターンを実装します。

Event Hubs に送信側と受信側のアプリケーションを接続して、データを失うことなく、非常に高い負荷を処理できるようにします。