サーバーレス アプリケーションの作成

初級
中級
開発者
Azure
Functions
Azure Portal
Cosmos DB
Storage
Cloud Shell

Azure Functions では、さまざまな外部イベントによってトリガーされる、イベント駆動型のオンデマンドで計算を実行するシステムの作成が可能です。 サーバー側のロジックを実行して、サーバーレス アーキテクチャを構築するための機能を活用する方法について説明します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

Microsoft Azure では、Azure Functions、Microsoft Flow、Azure Logic Apps、Azure WebJobs など、仮想マシン (VM) を使わずにコードまたはワークフローをホストして実行するための複数の異なる手段が提供されています。 このモジュールでは、これらのテクノロジと、特定のシナリオに合ったものを選択する方法について学習します。

開発者は Azure Functions を使用して、インフラストラクチャを管理またはプロビジョニングすることなく実行できるビジネス ロジックをホストできます。

トリガーは Azure Function の実行に使用され、多くのトリガーから選択することができます。 このモジュールでは、最も一般的な種類のトリガーをいくつか示し、ロジックを実行するようにそれらを構成する方法について説明します。

Azure Functions を使用すると、関数コードをデータやサービスと簡単に統合できます。 バインディングの機能により、読み書きするデータ ソースを宣言すれば、残りの処理は Azure Functions によって行われます。

Durable Functions を使用して、実行時間の長いワークフローを一連のアクティビティとして調整する方法について説明します。

Visual studio を使用した Azure Functions の作成、テスト、デプロイと、Azure 関数のコードを管理する方法です。

Webhook には、関心のあることが発生したときに、アプリが別のサービスから通知を受けることができる軽量のメカニズムが用意されています。 このモジュールでは、 GitHub Webhook を使用して Azure 関数をトリガーし、ペイロードを解析して分析情報を得る方法について説明します。

SignalR Service、Azure Cosmos DB、および Azure Functions を使って、Web アプリの通知メカニズムをポーリングからプッシュベースのアーキテクチャに更新します。