C# でデータを処理する

初級
開発者
.NET

データと型について詳しく説明し、文字列と数値データの操作方法について学習します。

このラーニング パスの内容は次のとおりです。

  • 処理するデータの種類に適したデータ型を選択する
  • データの型を別の型にキャストして変換する
  • 文字列データを変更し、文字列の内容を表示または変更するための書式を設定する
  • 配列の操作、データの追加、削除、並べ替え

このラーニングパスを完了すると、コード内のデータを確実に制御できるようになります。

前提条件

  • 変数の宣言、初期化、使用を含む C# の概念に関する初心者レベルの経験
  • if-elseif-else ステートメントの初心者レベルの経験
  • 配列と foreach ステートメントの初心者レベルの経験

このラーニング パス内のモジュール

多くのデータ型の間の違い、それらのしくみ、実行される内容、および優先方法を学習します。

正しい手法を適用するタイミングを理解して必要に応じてデータ型を変更し、自分のアプリケーションのデータを制御します。

強力なヘルパー メソッドを使用して、配列の内容を操作および制御します。

C# を使用して、空白、特殊文字、パディング、配置を含む文字列を書式設定します。 通貨、パーセンテージ、小数を含む数値などの数値データにコンテキストを付与します。

組み込みのメソッドを使用して、文字列内のデータを抽出、削除、または置換します。