SC-900 パート 4: Microsoft コンプライアンス ソリューションの機能について説明する

初級
ビジネス ユーザー
学生
Azure
Microsoft 365

Microsoft のコンプライアンス ソリューションについて説明します。 説明されているトピックには、コンプライアンス センター、Microsoft 365 での情報の保護とガバナンス、内部関係者のリスク、監査、eDiscovery ソリューションが含まれます。 また、Azure リソース ガバナンス機能についても説明します。

前提条件

  • ネットワークとクラウド コンピューティングの概念についての一般的な理解。
  • 一般的な IT 知識または IT 環境での業務で得た一般的な経験。
  • Microsoft Azure と Microsoft 365 に関する基本的な知識。

このラーニング パス内のモジュール

コンプライアンスのドキュメントを検索するためにアクセスする場所と、組織がコンプライアンスのニーズを満たすために Microsoft コンプライアンス センターとコンプライアンス マネージャーの機能がどのように役立つかについて説明します。

Microsoft 365 の情報保護とガバナンスの機能について学習します。 データ分類、秘密度ラベル、レコード管理などのトピックが含まれます。

組織が Microsoft 365 を使用して、どのように重大なインサイダーリスクを特定し、適切なアクションを実行できるかについて説明します。

組織で、Microsoft 365 の電子情報開示および監査機能を利用して、関連データを迅速に検索する方法について説明します。

Azure リソース ロック、Blueprints、Azure Policy など、Azure の Azure リソース ガバナンス機能について説明します。