Power Apps での事故追跡アプリの設計

初級
アプリ作成者
Power Apps
Microsoft Power Platform
Microsoft Dataverse
Excel

従業員の事故追跡アプリの作成におけるすべての手順について説明します。 このラーニング パスでは、ビジネス プロセスのモデル駆動型アプリへの変換、データ テーブルの作成、アプリへのビジネス プロセス フローの追加などのアクティビティを行います。

前提条件

Microsoft Power Apps と Microsoft Dataverse についての基本的な理解。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Platform のアプリ作成者としての課題は、組織の既存データをモデル駆動型アプリに変換する方法を理解することです。 このモジュールでは、Power Apps の作成者としてのマインドセットの構築と、ソリューションとしてのモデル駆動型アプリの検討を始める方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

基本的なテーブルとテーブル リレーションシップを作成して従業員の事故追跡モデル駆動型アプリをビルドします。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

2 種類のビューとフォームを使用してテーブルを変更する方法について説明します。 これらのフォーム タイプは、リレーションシップによってテーブルのデータを利用します。これにより、アプリ開発者はデータを表示することができ、アプリ ユーザーがデータを操作できるようになります。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Apps で、主要なテーブル コンポーネントを従業員の事故追跡モデル駆動型アプリに結合する方法について説明します。 モデル駆動型アプリは、ユーザーが情報を効率的に追跡できるように、テーブル、テーブル リレーションシップ、テーブル ビュー、およびフォームが組み合わさったものです。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

アプリ全体でガイド付きパスをユーザーに提供するために、ビジネス プロセス フローをアプリに追加する方法について説明します。