Power Apps ポータルの拡張

上級
アプリ作成者
機能コンサルタント
管理者
開発者
ソリューション アーキテクト
Microsoft Power Platform
Power Apps

Power Apps ポータルを実装する主なメリットは、社外向けの Web サイトで Microsoft Dataverse のデータを簡単に表示して操作することができるという点です。 このラーニング パスでは、コンテンツ ポータルを Dataverse とやり取りをする完全な Web アプリに変える方法について説明します。 また、カスタム担当者や開発者が、ポータル機能を拡張して Office 365、Microsoft Power Platform、および Azure コンポーネントと統合するために利用できるオプションについても見ていきます。

前提条件

  • Power Apps 試用版サブスクリプション
  • 空白からプロビジョニング済みの Power Apps ポータル。
  • モデル駆動型 Power Apps アプリをナビゲートおよびカスタマイズする方法に関する理解。
  • 基本的な Power Apps 開発経験。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Dataverse のデータを Web サイトに簡単に表示して操作できる機能は、Microsoft Power Apps ポータルの実装における主要なメリットです。 このモジュールでは、Power Apps ポータルで Dataverse のデータを表示および操作するためのいくつかの手法と方法に焦点を絞って説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ビジネス ソフトウェア アプリケーションの世界は、低コード/コードなしのメソッドを使用するアプリの構築に向けた動きを取り入れています。 この動きは、Power Apps ポータルを含め、Microsoft Power Platform の柱の 1 つです。 ただし、多くのプロジェクトでは、多くの場合、高度なソフトウェア開発技術によってのみ対処できる機能が用意されています。 このモジュールでは、ソフトウェア開発を使用したポータル機能の拡張方法と、ポータルを展開するためのアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) 技術の使用方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、カスタム Web テンプレートについて説明し、カスタム Web テンプレートを構築して Power Apps ポータルを拡張および強化する方法について説明します。 ポータルは、いくつかの構築済みの Web テンプレートでプロビジョニングされます。 より複雑なシナリオが発生するにつれて、作成者は Liquid テンプレート言語の使用方法を理解し、プロジェクトの要件に対応する独自の Web テンプレートを作成する必要が生じます。