Power Apps ポータルの利用を開始する

中級
アプリ作成者
機能コンサルタント
管理者
Power Platform
Power Apps

Power Apps ポータルは、社内外の対象者が Microsoft Dataverse または Dynamics 365 のデータを表示して操作することができる便利な機能を備えており、組織全体にわたる Web 戦略の柱として考慮する必要があります。 このラーニング パスでは、さまざまな対象者やワークロード向けにすばやくプロビジョニングできる Power Apps ポータルについて紹介します。 また、ポータルのアーキテクチャ、コンポーネント、機能、およびツールの基礎についても説明します。

前提条件

  • Power Apps 試用版サブスクリプション
  • モデル駆動型アプリのナビゲーション方法に関する基本的な理解

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Dataverse の対話を、顧客、パートナー、従業員などの社内および社外の対象者へと拡張します。 ポータルを利用して、対話型かつ Web ベースの販売、サービス、サポート、およびソーシャル エンゲージメント アプリケーション プラットフォームを設定し、顧客とのつながりの確保、コミュニティへの関与、サイト コンテンツの管理、およびチャネル パートナーの支援を行います。 ポータルを使用すると、組織内外の誰もが Dataverse データを操作できるようになります。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Dynamics 365 スターター ポータルは、展開を迅速化するために利用できる、事前構成済みのポータル ソリューションです。 標準的なポータル プロジェクトには独自の要件がありますが、スターター ポータルでは、特定のシナリオや対象ユーザーにとって最適な環境が提供されます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Apps ポータルは、強力なポータル アプリケーションを構築するための共通のコア機能セットをアプリ作成者に提供します。 多くの Power Apps 機能は、特定のビジネス要件や外部対象者に固有の Microsoft Dynamics 365 アプリに直接対応しています。 他の Dynamics 365 アプリケーション (Marketing や Supply Chain Management など) もポータルまたは代替技術のコンポーネントを使用します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、Power Apps ポータル アーキテクチャに焦点を当てて、さまざまなコンポーネントがどのように連携してポータルを構築するかなどについて説明します。 また、コンポーネントがどのようにインストールされ、作業ポータルで統合されるかについても説明します。 さらに、Power Apps ポータルの構築とカスタマイズに使用できるメーカー ツールおよび構成ツールについても説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ポータル作成者は、Microsoft Power Apps ポータル スタジオ を使用してポータルを構成する作業にほとんどの時間を費やします。 ポータル作成者は、ポータル スタジオ の機能についてと、その使用に関する制限事項について完全に理解しておくことが重要です。 このモジュールでは、Power Apps ポータル スタジオ に関する理解と、ポータル スタジオ を使用してポータル Web サイトを作成およびカスタマイズする方法に焦点を当てて説明します。 Power Apps ポータル スタジオ を使用すると、Web ページ、レイアウト コンポーネント、静的コンテンツ、カスタム CSS ファイル、エンティティ リスト、Entity Forms を追加し、構成できます。