Power Automate のボタンに関する入門情報

中級
機能コンサルタント
アプリ作成者
ビジネス ユーザー
Microsoft Power Platform
Power Automate

ビジネス上の問題を解決するためにボタン フローの作成が必要ですか? その場合は、このラーニング パスを受講してください。ここでは、Power Automate のボタンについて紹介し、ボタン フローの作成方法を説明します。

前提条件

  • Microsoft Power Automate についてと、Microsoft Power Automate ライセンスを使用してイベントドリブン フローと作業用モバイル デバイスを作成する方法についての基本的な理解。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate でボタンを使用する方法について学習しますか? このモジュールでは、フロー ボタンの基本、さまざまな種類のボタン、トリガー トークンの使用、他のユーザーとのボタンの共有、Power Automate モバイル アプリでのボタンの使用の概要を中心に説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate ボタン フローの作成を必要としていますか? このモジュールでは、ユーザー入力を必要とせず、事前に定義された一連のアクションを実行する Power Automate ボタンに焦点を当てます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

一部の Power Automate ボタン フローでは、ユーザーによる入力が可能で、定義済みの一連のアクションが実行されます。 この種類のフロー ボタンを使うと、フローで定義されているアクションを実行するために必要な入力を提供できます。 指定された入力に基づいて異なるロジックが実行されるフロー ボタンを作成する方法が、ユーザーに示されます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ユーザー入力で実行する Microsoft Power Automate ボタンは、ボタンフローの実行時にユーザーが入力した情報を使用して、単純なビジネス ロジックと複雑なビジネス ロジックの両方を実行する強力なツールです。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate ボタンは、フローをオンデマンドで実行できる手法であり、Power Automate を構築できる 2 つの方法のいずれかを表します。 Power Automate の使用開始するユーザーのほとんどは、イベント駆動型フローで作業します。 このモジュールによって、ユーザーは Power Automate ボタンの接続、監視およびセキュリティ機能について理解できます。 他のモジュールの学習プロセスを設定します。