Windows Virtual Desktop を使用して Azure からリモート デスクトップおよびリモート アプリを提供する

中級
管理者
Azure
Microsoft 365

Microsoft Azure 上の Windows Virtual Desktop は、クラウド上で実行されるデスクトップおよびアプリ仮想化サービスです。 Windows Virtual Desktop は、Windows、Mac、iOS、Android などのデバイスで機能し、リモート デスクトップおよびリモート アプリへのアクセスに使用できるフル機能のアプリを備えています。

前提条件

  • サーバー管理およびクライアント管理の概念およびツールに精通していること
  • リモート デスクトップ サービスなどの Windows 仮想化テクノロジに精通していること

このラーニング パス内のモジュール

Windows Virtual Desktop を使用して、Microsoft Azure でリモート デスクトップおよびリモート アプリ エクスペリエンスを提供する方法を説明します。

Microsoft Azure で実行されているクラウドベースの仮想化ソリューションの Windows Virtual Desktop を準備する方法について説明します。 Windows Virtual Desktop は、基盤のサーバー インフラストラクチャを管理することなく、リモート デスクトップとリモート アプリ環境を実現する、融通が利く拡張性の高いサービスです。 Microsoft が提供する前提条件とツールを確認して、最初の Windows Virtual Desktop ホスト プールのプロビジョニングの準備を行います。

Windows Virtual Desktop を展開する方法について説明します。 リモート リソースに対して Windows Virtual Desktop 接続をプロビジョニングします。 アプリケーション グループを使用して、ユーザーがデスクトップおよびアプリを使用できるようにします。 ユーザーのワークスペースをカスタマイズします。 Windows 用 Windows Virtual Desktop クライアントをインストールし、ワークスペースに接続します。

基本的な環境をカスタマイズして、新しいストレージ、ファイル管理、自動スケーリングのオプションを活用する方法を含む、Windows Virtual Desktop を最適化する手順について説明します。