Power Automate Desktop を使用した専門技術の構築

上級
アプリ作成者
開発者
機能コンサルタント
Microsoft Power Platform
Power Automate

Power Automate Desktop を使用した、Power Automate、OCR テクノロジ、およびスクリプトの使い方について学びます。

前提条件

  • Power Automate Desktop についての基本的な知識
  • 関連するテクノロジに関する充分な知識

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、Power Automate Desktop フローと Power Automate フローを組み合わせる方法について説明します。 Power Automate から既存の Power Automate Desktop フローを呼び出して、その機能を拡張し、大規模で複雑なフローをデザインする際に時間を節約する方法を示します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

データベースは、すべての組織にとって重要なコンポーネントであり、効果的な運用には効率的なデータ処理が必要です。 Power Automate Desktopを使用すると、組織はデータベース アクションを通じてデータベースを自動化することができます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) は、管理者がネットワーク リソースへのアクセス許可およびアクセス権を管理可能にするディレクトリ サービスです。 Power Automate Desktop では、Active Directory のアクションを使用して、すべての関連タスクを自動化できます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop を使用すると、VB スクリプト、JavaScript、PowerShell、Python のスクリプトを使用して複雑なシナリオを自動化できます。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate Desktop を使用すると、ユーザーは OCR アクションを通じてさまざまなファイルの中からデータの読み込み、抽出、管理を行うことができます。