Python の最初のステップ

初級
開発者
学生
Visual Studio Code

プログラミング言語の学習に関心があるのに、どこから始めればよいかわからない場合は、 ここから始めましょう。 Python で単純なアプリケーションを構築するために必要な基本的な構文と思考プロセスについて説明します。

このラーニング パスの内容は次のとおりです。

  • 最初の Python コード行を記述する
  • データを格納および操作してデータの型と外観を変更する
  • コード ライブラリから使用できる組み込みの機能を実行する
  • ロジックをコードに追加して、複雑なビジネス機能を可能にする

このラーニング パスを完了すると、以後の Python のラーニング パスを進めるうえでの優れた基盤が築かれます。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

Python、プログラミング言語、コンパイル、およびプログラミング プロセスについて簡単に説明します。

実際のアプリケーションを構築するために必要なツールをインストールして構成することで、Python の学習を始めます。

エンド ユーザーと対話するコードを記述して、Python を使い始めましょう。

if ステートメントのブール式および比較演算子と論理演算子を使用して、決定ロジックを表現します。

文字列クラスの組み込み機能と他のヘルパー メソッドを使用して、文字列データを制御します。

ユーザー入力を数値に変換し、数学演算子を使用して計算を実行します。

Python 標準ライブラリについて調べ、プログラムにモジュールを追加する方法、およびサード パーティのパッケージをダウンロードする方法を確認します。

while ステートメントと関連する Python コード コンストラクトを使用して、プログラムにループ ロジックを追加します。

リストを使用して、データのコレクションを管理する方法について学習します。 ヘルパー関数を使用して、リストを操作します。 for ステートメントを使用して、リストを反復処理します。

入力を受け取って結果を返す、カプセル化されたモジュール コードを作成する関数を定義します。