React を使って初めての Web アプリを作成する

初級
中級
開発者
学生
App Service 静的 Web Apps
Visual Studio Code

React.js は、最も一般的なフロントエンド JavaScript フレームワークです。 開発者は、HTML と JavaScript の組み合わせである JSX を通じて、自然な方法でビューを作成できます。 開発者は、アプリケーション全体で再利用可能なブロック用のコンポーネントを作成することもできます。 このラーニング パスでは React を紹介し、この強力なフレームワークを使用するために開発者が必要とする重要なスキルについて説明します。

前提条件

HTML/CSS、JavaScript、Git、npm、および React に関するいくつかのエクスペリエンスに関する知識。

このラーニング パス内のモジュール

React.js は、最も一般的なフロントエンド JavaScript フレームワークです。 開発者は、HTML と JavaScript の組み合わせである JSX を使用して、自然な方法でビューを作成できます。 開発者は、アプリケーション全体で再利用可能なブロック用のコンポーネントを作成することもできます。 このモジュールでは、React について、およびこの強力なフレームワークを使用するために開発者に必要な主要なスキルについて紹介します。

React コンポーネントの目的は、コードと UI の再利用可能なブロックを作成することです。 再利用可能性をサポートするために、プロパティを使用してデータをコンポーネントに渡すことができます。 これから、コンポーネントにプロパティを追加する方法と、配列などの複雑なデータ型を操作する方法について説明します。

通常、アプリケーションには、ユーザー操作で変わるデータがあります。 これらの変更は、多くの場合、何らかの形式の状態とイベントによって管理されます。 このモジュールでは、状態とイベントの概念について説明します。 また、管理用に React に用意されているツールについても説明します。