責任ある AI の基本原則を特定する

中級
機能コンサルタント
ビジネス ユーザー
Azure
Dynamics 365
Microsoft 365

企業は AI で引き起こされるであろう影響を考える必要があります。 このラーニング パスでは、組織で原則とガバナンス モデルを作成するのに役立つガイドラインを説明します。 リソース、ベストプラクティス、およびツールも提供します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

Microsoft では、AI の開発と使用の指針にする必要があると考えている 6 つの原則、つまり、公平性、信頼性と安全性、プライバシーとセキュリティ、包括性、透明性、アカウンタビリティを認識してきました。 Microsoft にとって、これらの原則は、特に、毎日使用する製品やサービスで知能技術がさらに普及していくにつれ、AI への責任ある、信頼できるアプローチの基礎となるものです。 Microsoft は、すべての個人、会社、およびリージョンが、それぞれの AI 体験に反映する必要のある独自の信念や標準を持つことを認識しています。 ユーザーが独自の基本原則の開発を検討する場合は、私たちの分析観点を共有したいと考えています。

AI がさらに普及していくにつれ、それが適切に使用されることを確実にするための管理プラクティスを組織が用意することが必須です。 AI の責任ある使用は、組織が独自の基本原則を確立し、次にガバナンス システムを選択して運用することから始まります。 責任ある AI については組織によってそれぞれの観点があることは認識していますが、他社が AI 導入に乗り出すとき、Microsoft の観点が出発点として役に立つことを願っています。

AI を社内で開発、実装、または管理している場合、組織の倫理上の原則をエンジニアリング チーム向けの実用的なガイダンスやツールという形に変えてまとめると役立ちます。 また、組織が AI をどのように利用すれば世界中の人たちの生活を改善できるかについて検討することも重要です。