クラウド データをセキュリティで保護する

初級
中級
開発者
管理者
Azure
Key Vault
Storage
Cosmos DB
SQL Data Warehouse
SQL Database

Azure はセキュリティとコンプライアンスを重視した設計になっています。 組み込みのサービスを活用してご利用の Web データを安全に格納することで、承認されたサービスおよびクライアントからのみ、それらのデータに確実にアクセスできるようにする方法について説明します。

前提条件

なし

このラーニング パス内のモジュール

クラウドで作業するときにインフラストラクチャとデータを保護するための基本的な概念について説明します。 自分で負う責任と、自分の代わりに Azure で対応してくれる処理について把握してください。

Azure の Web アプリケーションをセキュリティで保護し、最も広く蔓延している危険な Web アプリケーション攻撃から自分のアプリを守ります。

クラウドベースのデータを分類、保持、保護するためのポリシーを設定する方法について学習します。

Azure Storage でデータを保護する多層セキュリティがどのように提供されるかを学習します。 アクセス キーを使用する方法、ネットワークをセキュリティ保護する方法、Advanced Threat Protection を使用してプロアクティブにシステムを監視する方法を説明します。

シークレット、暗号化キー、証明書をそのまま格納して処理することは危険であり、あらゆる使用状況において、意図しないデータ漏えいが起きる可能性があります。 Azure Key Vault を使用すると、すべてのアプリ シークレットを管理するための安全なストレージ領域が提供され、転送中または格納時のデータを適切に暗号化できます。

RBAC を使用して Azure 内のリソースへのアクセスを管理する方法について学習します。

Azure SQL Database をセキュリティで保護して、データを安全に保ち、潜在的なセキュリティの問題が発生したときに診断を行います。

Azure SQL Data Warehouse で提供している、ご利用のデータ ウェアハウス インフラストラクチャおよびそれに格納されているデータをセキュリティで保護するセキュリティ制御について学習します。