Power Automate を使用した共有とコラボレーション

初級
ビジネス ユーザー
機能コンサルタント
アプリ作成者
Microsoft Power Platform
Power Automate

コメント機能、共有フロー、およびボタンを使用して、Power Automate で効果的に共同作業を行います。 このラーニング パスでは、Power Automate 内で他のユーザーと共同作業を行う際のベスト プラクティスの詳細について説明します。

前提条件

  • Power Automate についての基本的な知識。

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

新しい Power Automate クラウド フローを作成する場合、そのフローを表示、編集、および実行できるのは自分だけです。 クラウド フローを共有することで、組織内の他のユーザーが自動化を実行したり、編集したりできるようになります。 このモジュールでは、クラウド フローを共有する方法とタイミング、そして使用する種類について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ソリューションを使用してクラウド フローをある環境から別の環境に転送する方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

コラボレーティブ コメントを使用してクラウド フローで他のユーザーと共同作業を行う方法について学習します。 さらに、共存によってリアルタイムで共同作業する方法と競合の処理方法についても学習します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Power Automate ボタンは、フローをオンデマンドで実行できる手法であり、Power Automate を構築できる 2 つの方法のいずれかを表します。 Power Automate の使用開始するユーザーのほとんどは、イベント駆動型フローで作業します。 このモジュールによって、ユーザーは Power Automate ボタンの接続、監視およびセキュリティ機能について理解できます。 他のモジュールの学習プロセスを設定します。