ソリューション アーキテクト: Microsoft Power Platform のソリューションを設計する

上級
ソリューション アーキテクト
Microsoft Power Platform
Dynamics 365
Power Apps
Power Automate
Power Virtual Agents

ソリューション アーキテクトは、Microsoft Power Platform、Dynamics 365 アプリ、関連する Microsoft クラウド ソリューション、およびその他のサードパーティ テクノロジに関して、機能面や技術面での知識を備えている必要があります。 このラーニング パスでは、アーキテクチャ、データ モデリング、セキュリティ、およびソリューション アーキテクトの関連タスクについて説明します。

前提条件

  • 開発者または業務コンサルタントとしての、Microsoft Power Platform の使用経験
  • 開発者または業務コンサルタントとしての、Dynamics 365 の使用経験

このラーニング パス内のモジュール

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Platform のソリューション アーキテクトはプロジェクトにおいて重要な役割を担っています。 通常、ソリューション アーキテクトはガバナンスの実装、プロセスの変更、およびプロジェクトの進捗状況の監視を行います。 このモジュールでは、プロジェクト ガバナンスの実装におけるソリューション アーキテクトの役割について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ソリューション アーキテクトは、ソリューションの全体的な設計を担当します。 Microsoft Power Platform コントロールのアーキテクチャの理解は、Power Platform に基づいてソリューションを設計する際に不可欠です。 このモジュールでは、Power Platform のコンポーネントと機能、それらがソリューションの設計を制御する方法について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ソリューション アーキテクトは、ソリューションの全体的な設計を担当します。 ソリューションのためのアプリを設計する際に Power Apps の機能の理解は不可欠です。 このモジュールでは、異なるタイプのアプリ、アプリ間の違い、およびアプリを使用するタイミングとどのタイプのアプリを使用するかについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ソリューション アーキテクトは、ソリューションの全体的な設計を担当します。 ソリューションの自動化を設計する際に Power Automate の機能の理解は不可欠です。 このモジュールは、Power Automate およびその機能に重点を置いています。

チャットボットは、ますます重要なビジネス アプリケーションのコンポーネントとなっています。 Microsoft Power Platform ソリューションを設計するには、Power Virtual Agents の機能を理解する必要があります。 このモジュールでは、Power Virtual Agents とその機能について詳しく説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Common Data Service は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

ロボティック プロセス オートメーションは、従来のアプリケーションの自動化に役立ちます。 Microsoft Power Platform ソリューションを統合する際、ソリューション アーキテクトは Power Automate Desktop の機能を知っておく必要があります。 このモジュールでは、Power Automate Desktop とその機能について説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールでは、Power Platform 向けのデータ モデリングにおけるソリューション アーキテクトの役割と、Power Platform のソリューションでのデータ モデリングのトレードオフについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

このモジュールは、Microsoft Power Platform のセキュリティ モデリングにおけるソリューション アーキテクトの役割、テナントと環境のセキュリティ オプション、Dataverse 内のデータおよび機能へのアクセスについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Platform のソリューション アーキテクトは、レポートのニーズを評価してから、最善のアプローチを特定します。 このモジュールでは、Power Platform で使用できるレポートと分析のオプションについて説明します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Platform のソリューション アーキテクトは、統合の設計を主導します。 このモジュールでは、Power Platform のソリューションとの統合作業中に発生する問題について確認します。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

Microsoft Power Platform のソリューション アーキテクトは、業務を開発からテストへ、さらに本番環境へと移行するための環境戦略とアプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) を定義する必要があります。

注意

有効日: 2020 年 11 月

  • Dataverse は Microsoft Dataverse に名称が変更されました。 詳細情報

  • Microsoft Dataverse に関して、用語を一部変更しています。 たとえば、エンティティ は現在では テーブルフィールド は現在では と呼ばれています。 詳細情報

モジュールは、最新の用語を反映するように近々更新されます。

適切なテストは、プロジェクトの成功を確実にするために重要です。 ソリューション アーキテクトは、プロジェクトに対する適切なテストの実施を確保する、重要な役割を果たします。