よく寄せられる質問

Microsoft Learn とは何ですか。

Microsoft Learn は、Microsoft 製品についての対話式学習を提供する無料のオンライン トレーニング プラットフォームです。 お客様の役割や目標に合わせて、実践的なコンテンツをガイド付きで楽しみながら対話式に学習することで、お客様に Microsoft の技術に精通していただくことが目標です。

料金はどのくらいですか。

Microsoft Learn は、Microsoft 製品について学ぶことに興味がある方ならどなたでもご利用いただける、完全に無料のオープン トレーニング プラットフォームです。

Microsoft Learn ではどんなコンテンツが利用可能ですか。

Azure 開発者、ソリューション アーキテクト、および管理者向けに、ロールベースのトレーニングとラーニング パスを提供します。 また、Microsoft Power BI、PowerApps、Dynamics 向けのロールベースのトレーニングとラーニング パスも提供します。

さらに、このプラットフォームを他の多くの Microsoft 製品やサービスにも拡大することを目指しています。

Microsoft Learn への登録は必要ですか。

いいえ、登録は必要ありません。 ただし、いくつかの機能をご利用いただくにはサインインが必要です。

サインインする必要があるのはどの機能ですか。

  • ポイントとアチーブメントを獲得する機能

  • 学習の進捗状況の管理

  • 無料の Azure リソースのご利用

  • プロファイルとダッシュボードの機能

ラーニング パスとは何ですか。

ラーニング パスは、特定の役割 (開発者、アーキテクト、システム管理者など) またはテクノロジ (Azure Web Apps、Power BI、Xamarin.Forms など) を中心に構成されたモジュールの集合です。

ラーニング パスを完了すると、学習したテクノロジや役割のさまざまな側面について新しい理解が得られます。 さらにトロフィーも授与されます。

モジュールとは何ですか。

モジュールは、Microsoft Learn エクスペリエンスの構成要素です。 1 つのモジュールは、動画、ラボ、記事などの関連ユニットの集合を含む 1 つのコースだと考えることができます。

モジュールを完了すると、お客様の役割や目的のテクノロジに関連する新しいスキルが得られます。 さらにバッジも授与されます。

ユニットとは何ですか。

ユニットとは、モジュールに含まれる情報の小さな単位です。 学習コンテンツ、対話式アクティビティ、クイズなどがあります。

時間が少ししかない場合でも、ユニットを完了すれば新しい事柄を学び、XP (経験値) を獲得することができます。

Microsoft Learn がサポートしている言語を教えてください。

Microsoft 製品のラーニング パスは、以下の言語をサポートしています。

  • Azure (17 言語):日本語、韓国語、繁体中国語、簡体中国語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語 (ブラジル)、ハンガリー語、スウェーデン語、チェコ語、オランダ語、ポルトガル語 (イベリア)、ポーランド語、トルコ語

  • Dynamics (11 言語):日本語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語 (ブラジル)、スウェーデン語、オランダ語、デンマーク語、フィンランド語、ノルウェー語

  • PowerApps、Power BI、Flow (23 言語):日本語、韓国語、繁体中国語、簡体中国語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語 (ブラジル)、ハンガリー語、スウェーデン語、チェコ語、オランダ語、ポルトガル語 (イベリア)、ポーランド語、トルコ語、デンマーク語、ギリシャ語、スロバキア語、フィンランド語、タイ語、ノルウェー語

私のプロファイルはどこにありますか。

サインインして Learn Web サイトのプロファイル ページにアクセスしてください。

XP とは何ですか。

XP つまり経験値ポイントは、Microsoft Learn のコンテンツを習得していく際の成果を測定する指標です。 それぞれのラーニング パス、モジュール、ユニットのタイトルの横に、与えられる XP ポイント数が表示されます。

バッジとは何ですか。

バッジは、モジュールを完了したときに授与される成果のしるしです。 これらの賞はお客様のプロファイルに表示され、ソーシャル メディアや他のチャンネルを通してこれらを公表することができます。

トロフィーとは何ですか。

1 つのラーニング パスを完了するとトロフィーが授与されます。 トロフィーも Docs ユーザー プロファイルに表示され、ソーシャル メディアや他のチャンネルで公表することができます。

マイ プロファイルの編集方法を教えてください。

[プロファイルを編集する] ページでご自分のプロファイルを編集できます。

自分のすべてのユーザー データのコピーをダウンロードすることはできますか。

はい。 すべてのデータを含むダウンロード可能ファイルにアクセスするには、[プロファイルを編集する] ページの指示に従ってください。

アカウント データを削除する方法を教えてください。

[プロファイルを編集する] ページで、Microsoft Learn のアカウント データをすべて削除できます。

パスワードの変更方法を教えてください。

Microsoft アカウント パスワードを変更するには、このガイドを参照してください。

ヒント

Microsoft アカウントのサポート全般については、このページを参照してください。

Microsoft Learn サンドボックスとは何ですか。

Microsoft Learn サンドボックス (Azure サンドボックスともいう) は、Microsoft Learn コンテンツを通して Azure を探索できる無料の環境です。

サンドボックスが必要である理由を教えてください。

Microsoft Learn のほとんどのコンテンツには演習ユニットが含まれ、学習者はそこで仮想マシンや Azure 機能などを実際に Azure で作成し、学習内容を実践することができます。 サンドボックスを使用すると、Azure の有料サブスクリプションがなくても、これらのレッスンを完了できます。

ほとんどのレッスンでは、開発ツールをローカルにインストールする必要がありません。 Azure サービスを利用するアプリを、Microsoft Learn サンドボックスの中で構築することができます。

サンドボックスを使用するのに Azure アカウントは必要ですか。

いいえ。 必要となるのは、サインイン用の Microsoft アカウントだけです。 アカウントをお持ちでない場合は、無料で作成できます。

既に Azure サブスクリプションがある場合、サンドボックスを使用できますか。

もちろんです。 サンドボックスは通常のサブスクリプションとは独立して機能します。 Microsoft Learn で実践したり、学習したりしながら、サンドボックスを使用することができます。 実際のリソースを作成する準備ができたら、Azure サブスクリプションを使用できます。

サンドボックスをアクティブにする方法を教えてください。

サンドボックスは、実践的な Azure 演習を含むすべてのモジュールでご利用可能です。 各ユニットのページ上部には、サンドボックスの状態を示すプロンプトが表示されます。 初期表示は次のようになります。

各モジュールで表示される "サンドボックスのアクティブ化" プロンプト

[サンドボックスのアクティブ化] ボタンを選択すると、アクティブ化プロセスが開始されます。 初めて Microsoft Learn でサンドボックスをアクティブ化している場合は、2 番目のプロンプトでライセンス条項に同意するように求められます。 ライセンス条項に同意するには、Office 365 アカウントまたは Outlook.com アカウントなどの Microsoft アカウントでサインインする必要があります。 アカウントをお持ちでない場合は、無料で作成することができます。

同意すると、システムによって新しいサンドボックスが作成されます。 これには数分かかります。

“サンドボックスのプロビジョニング中“ 読み込み画面

サンドボックスがアクティブになると、サンドボックスにアクセス可能になったことを示すプロンプトが表示されます。

“サンドボックスにアクセスできるようになりました“ 通知

アクティブ化にかかる時間はどのくらいですか。

サンドボックスは、数分で作成されます。 5 分以上かかる場合、またはエラーが発生した場合は、ブラウザー ページの表示を更新すると再接続されます。

サンドボックスをアクティブにするとどうなりますか。

初めてサンドボックスをアクティブにして条項に同意すると、Microsoft アカウントは Microsoft Learn Sandbox という名前の新しい Azure ディレクトリに関連付けられ、Concierge Subscription という名前の特別なサブスクリプションに追加されます。

サンドボックスをアクティブにするたびに、1 つのリソース グループが自動的に作成されます。 これを使用して、モジュールに必要なすべてのリソース (仮想マシン、ストレージ アカウント、アプリ サービスなど) を作成および管理できます。

[サブスクリプション] ドロップダウン メニューで "Concierge Subscription" が選択されている状態

サンドボックスを必ず使用しなければなりませんか。

ご自分のサブスクリプションを使用してモジュールを操作することはできますが、作成したリソースの料金を支払う必要が生じます。また、完了後は、料金が発生しないようにそれらを削除することを忘れないでください。 さらに、お客様が演習を完了したことを Microsoft Learn では確認できず、お客様がクレジットを受け取ることもありません。 サンドボックス環境を使用することをぜひお勧めいたします。

Azure portal を使用する場合の、サンドボックスへのサインイン方法を教えてください。

Azure portal を使用するすべてのユニットの手順には、サンドボックスを確実に利用するためのリンクが必ず含まれています。 このリンクを介して適切なディレクトリとサブスクリプションに移動されるので、ポータルを開くには常にこのリンクをご使用ください。 ユーザー名とパスワードの入力を求められたら、サンドボックスをアクティブにしたときと同じアカウントを必ず使用してください。

Azure portal を使用しているときにサンドボックス環境内にいるかどうかを確認する方法はありますか。

サンドボックス環境内にいるかどうか確認するには、右上隅のご自分の名前の下に表示されているディレクトリをご覧ください。 Microsoft Learn Sandbox と表示されているはずです。

右上隅の名前の下 "Microsoft Learn Sandbox" とに表示されている

適切なサブスクリプションではない場合はどうなりますか。

ポータルにサインインしてご自分のサブスクリプションを利用している場合 (またはサブスクリプションにサインインしてサンドボックスを利用している場合)、次の 2 つのいずれかに該当する可能性があります。 サンドボックスがまだアクティブ化されていないか、Azure 設定によって既定のディレクトリに移動したかのどちらかです。 ディレクトリを変更するには、上部のツールバーの [ディレクトリとサブスクリプション フィルター] ボタンを選択します。

ツールバーの [ディレクトリとサブスクリプション フィルター] ボタン

ボタンを選択するとドロップダウン リストが開き、正しいディレクトリを選択できます。 また、 [既定のディレクトリの設定] を、最も頻繁に作業するディレクトリに変更することもできます。

ディレクトリとサブスクリプションの設定メニューで、既定のディレクトリを選択できる

新しいサンドボックスをアクティブにすると、古いサンドボックス環境と、その中に作成されたリソースがすべて破棄されます。

複数のサンドボックス環境をアクティブにできますか。

いいえ。 モジュールごとに新しいサンドボックスが用意されるので、常に新しい環境で操作を開始できます。 あるモジュールから次のモジュールに移動すると、システムによってそれが検出され、新しいサンドボックスをアクティブにするように要求されます。 プロンプトは、次のようになります。

別のサンドボックスがアクティブであることを示す通知で、新しいサンドボックスをアクティブにするためのボタンが表示されている。

手順の中に [Sandbox resource group] というリソース グループが示されています。これはどういう意味ですか。

これは、現在のモジュールのサンドボックスがまだアクティブ化されていないという意味です。 サンドボックス環境をアクティブにすると、このプレースホルダー項目が、作成したリソース グループの名前に置き換えられます。

サンドボックスはいつまで維持されますか。

モジュール用に作成されたサンドボックス環境は、モジュールを確実に完了していただくために、4 時間連続してご利用いただけます。 Microsoft Learn の演習は、1 回 1 時間以内で完了するように作成されています。

サンドボックスがタイムアウトになるとどうなりますか。

レッスンの途中でサンドボックスがタイムアウトになると、それまでの作業がすべて失われます。 この場合、環境を再びアクティブ化し、モジュールの最初に戻って始めからやり直さなければなりません。

Visual Studio、VS Code、または自分の好きな Azure ツールからサンドボックスを使用できますか。

はい。Microsoft Learn で利用可能なモジュールの多くは、Visual Studio などの開発者ツールと連携しています。 サンドボックスのアクティブ化に使用したのと同じアカウントでサインインしていれば、これらのツールは問題なく動作します。 サンドボックスは、Microsoft Learn ポータル内のトレーニング コンテンツと共に使用するよう設計されていることにご留意ください。 その他の用途はサポートされていません。

サンドボックス環境の制限事項について教えてください。

サンドボックスのご使用には、次のような制限があります。

  • (参加しているモジュールに基づき) 特定のリソースのみを作成できます。
  • 一部のサービスでは、サンドボックスが特定の SKU に限定されます。
  • いくつかの特定のリージョン (ロケーション) のみを使用できます。

また、リソース グループを作成することはできません。 代わりに、サンドボックスでは作業用のリソース グループが 1 つ提供されます。

Azure Cloud Shell をリセットすると、サンドボックスもリセットされますか。

いいえ、これらは互いに独立しています。 ウィンドウの左上隅にある電源ボタンで Azure Cloud Shell をリセットすると、ストレージ アカウントに再接続され、ターミナル セッション コマンドの履歴が消去されます。 サンドボックス内のデータとリソースはすべて残ります。

サンドボックスの設定内容を保存し、後で元に戻すことはできますか。

いいえ。 サンドボックスは一時的な環境で、ご利用いただけるのは 4 時間だけです。

サンドボックスで発生した問題を報告する方法を教えてください。

一般的な問題の解決策については、[トラブルシューティング] セクションでご確認ください。 それでも問題を解決できない場合は、“問題の報告“ を行って Microsoft のチームにご連絡ください。

ラーニング パス、モジュール、またはユニットを完了する際に問題が発生しました。どこでサポートを得ることができますか。

一般的な問題の解決策については、[トラブルシューティング] セクションでご確認ください。 それでも問題を解決できない場合は、“問題の報告“ を行って Microsoft のチームにご連絡ください。

コンテンツの中で誤りを見つけました。それについて連絡することはできますか。

“問題の報告“ を行って Microsoft のチームにお知らせください。