先進認証に移行するための新しいリソース

発行元:2020 年 3 月 2 日
更新済み: 2020 年 4 月 3 日

検索 製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

注: Exchange Online での基本認証の無効化日は、2021 年後半まで延期されました。 最新については、ここを参照してください。

2019 年 9 月、Exchange Online は、2020 年 10 月 13 日における削除の前に、基本認証の廃止を発表しました。 基本認証では、すべての要求に対してユーザー名とパスワード (通常はデバイスに保存されている) の送信が使用されるため、特に TLS 保護が行われていない場合は、攻撃者によってユーザーの資格情報が盗み出されるリスクが高まります。

ユーザーは、最新の認証に移行することをお勧めします。 マイクロソフトは、これをサポートするために、次の新しいリソースとレポートをリリースしました。

  1. Azure AD サインイン レポート: この改善されたレポートは、テナント管理者がリスクがどのユーザーまたはアプリケーションを識別するのに役立ちます。 このレポートは、Azure Active Directory 管理センターの一部であり、サインイン と呼ばれます。このレポートは、 すべての顧客に利用可能になり、クライアントのログイン アクティビティの7日間のローリング レポートを提供します。
  2. POP、IMAP、および SMTP: Exchange Online での POP および IMAP の最新の認証のサポートは、まもなく利用可能になります。 詳細については、こちらに移動してください。
  3. Windows と Mac の見通し: Windows と Mac 用の Outlook は、基本認証の削除によって影響を受けます。 ただし、これらの製品の新しいバージョンでは、既定で最新の認証が有効になっています。 お使いの Outlook のバージョンが既に最新の認証を使用しているかどうかを確認するには、こちらを参照してください。

これらの更新プログラムの詳細については、こちらを参照するか、またはメッセージ センターの投稿 191153 と 204828 を参照してください。