SQL Server 2012 および Windows Server 2012 のサポート終了に応じた新しいオプション

発行日: 2021 年 7 月 14 日

製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

以下の製品は、間もなくサポート終了を迎えます。

  • SQL Server 2012 のサポートは、2022 年 7 月 12 日に終了します。
  • Windows Server 2012 および 2012 R2 のサポートは、2023 年 10 月 10 日に終了します。

サポート終了は、定期的なセキュリティ更新プログラムが今後提供されなくなることを意味します。 サイバー攻撃がより高度で頻繁になっているため、サポートされていないバージョンでアプリとデータを実行するとセキュリティやコンプライアンスのリスクが大幅に高まります。 パフォーマンス、効率を高め、定期的なセキュリティ更新プログラムを入手するため、お客様は最新バージョンにアップグレードすることを強くお勧めします。

時間を要するお客様のため、SQL Server 2012 と Windows Server 2012 および 2012 R2 用の拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) を発表する予定です。 この追加の拡張サービス オプションは、サポート期限の終了後、さらに 3 年間ワークロードをセキュリティ保護するのに役立ちます。 また、Windows Server と SQL Server 2008 および 2008 R2 では、Azure でのみ 1 年間の ESU を使用できます。

お客様は、アプリケーションと SQL Server データベースを Azure Virtual Machines に移行し、サポート終了後 3 年間、Azure でのみ無料の拡張セキュリティ更新プログラムを入手できます。 お客様は、クラウド上の既存のオンプレミス SQL Server および Windows Server ライセンスを追加費用なしで使用することで、これを Azure ハイブリッド特典と組み合わせることができます。

詳細については、 こちら を参照し、「よくある質問」をご覧ください。