ライフサイクル用語と定義

発行元:2020年2月24日

検索 製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

アドオン

プログラム アドオンは、1 つのタスクまたはタスクのセットの完了を補助するユーティリティまたは機能です。 アドオンのサポート方法の詳細については、固定ポリシーに関する FAQ を参照してください。

コンポーネント

コンポーネントは、Microsoft のメジャー製品に付属するファイルや機能のセットとして定義されます。 コンポーネントは、製品に付属したり、製品の Service Pack や更新プログラムに含まれたり、後日 Web ダウンロードとしてリリースされたりします。 コンポーネントのサポート方法の詳細については、固定ポリシーに関するFAQを参照してください。

非推奨

非推奨とは、アクティブな開発でなくなった機能の状態です。 今後のリリースでは、非推奨の機能が削除される可能性があります。

サービスの終了

製品の特定のバージョン、機能更新プログラム、またはサービス チャネルが品質更新プログラムまたはセキュリティ更新プログラムを受信しなくなった場合、サービスの終了に達しています。

サポート終了

サポートの終了は、サポートとサービスが利用できなくなる固定ポリシーによって管理される製品の延長サポートの終了です。 お客様は、該当する製品の有料プログラムを購入することができます。

固定ポリシーのライフサイクル フェーズ

メインストリーム サポート

メインストリーム サポートは、固定ポリシーの下での製品のライフサイクルの第1段階 (通常は 5 年) を指し、以下を含みます。

  • 製品の設計と機能を変更する要請
  • セキュリティ更新プログラム
  • セキュリティ以外の更新プログラム
  • セルフヘルプ サポート
  • 有償サポート

延長サポート

適用可能な場合、拡張サポートフェーズは、固定ポリシーによって管理される製品のメインストリーム サポートに従います。 サポートされているサービス パック レベルでは、拡張サポートには次のものが含まれます。

  • セキュリティ更新プログラム
  • 有料プログラム
  • 統合サポート対象のお客様に対し、製品選択におけるセキュリティ以外の修正プログラムを要求する機能。

拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラム

拡張セキュリティ更新 (ESU) プログラムは、サポート終了期限を経過した Microsoft の特定のレガシ製品を必要とするお客様が最終手段として利用できるオプションです。 Microsoft セキュリティ レスポンス センター (MSRC) に記載されているように、 ESU には、緊急または重要なセキュリティ更新プログラムが含まれています。これらの更新プログラムのサポート期間は、製品の拡張サポート終了日の後、最長 3 年間となっています。

削除

削除とは、機能が使用できなくなり、製品またはサービスから削除された場合です。

退職

現代のポリシーによって管理されるサービスの場合、償却とはサービスの可用性とサポートの終了です。

Service Pack

Service Pack は、テスト済みの累積的なバージョンの一連の修正プログラム、セキュリティ更新プログラム、重要な更新プログラムおよび更新プログラム、および製品のリリース以降に内部的に検出された問題に対する追加の修正を指す従来の用語です。 サービス パックには、限られた数の顧客が要求した設計変更や機能が含まれている場合もあります。 詳細については、 固定ポリシーを参照してください。

サービス

サービスとは、一般に、Microsoft がお客様に提供する更新プログラムをのことです。

サポート

サポートとは、一般に、お客様が Microsoft から受けることができる支援の機能を指します。

ツール

ツールは、1 つのタスクまたはタスクのセットの完了を補助するユーティリティまたは機能です。 ツールのサポート方法の詳細については、「 固定ポリシーに関するよくあるご質問 」を参照してください。