ライフサイクルに関する FAQ - 開発者ツール

発行日: 2016 年 7 月 18 日

製品のライフサイクルを検索するには、こちらから検索してください。

Microsoft Visual Studio

Visual Studio のライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

Visual Studio については、最短 5 年間のメインストリーム サポートと最短 5 年間の延長サポートによる Microsoft ライフサイクル ポリシーが確立されており、これが適用されます。 詳しくは、こちらをご覧ください。 Visual Studio スイート製品の一部として提供されるオンライン サービスには、確立されたモダン ポリシーが適用されます。

Visual Studio のサービスについて詳しくは、Visual Studio のサービスに関する Web サイトをご覧ください。

Visual Studio スイートに組み込まれている外部コンポーネントには、どのようなライフサイクル ポリシーが適用されますか。

Visual Studio には、コンパイラ、言語、ランタイム、環境、および多くの Microsoft プラットフォームの開発を可能にする他のリソースのコレクションが含まれています。 Visual Studio のお客様の利便性のために、Visual Studio は、特定の Microsoft SDK および Microsoft プラットフォームを対象としてサポートする他の Microsoft コンポーネントをインストールする場合があります。 これらのコンポーネントは、独自の使用条件およびポリシーに従ってライセンス供与およびサポートされます。 Visual Studio の外部と見なされるコンポーネントの一覧とそれに関連したライフサイクル ポリシーについては、Visual Studio のサービスに関する Web サイトで確認してください。

Visual Studio の Service Pack のポリシーはどのようなものですか。

ライフサイクル中、Microsoft はその製品の更新プログラムの 1 つを "Service Pack" として指定します。 Microsoft が更新プログラムを Service Pack と指定する場合、ライフサイクル ポリシー データベースに適切なサポート終了日が反映されます。

Microsoft Silverlight

Microsoft Silverlight 製品のライフサイクル ポリシーはどのようなものですか。

Silverlight はツールとして定義されます。 ツールは、ツールが動作する製品でサポートされます。 ただし、サポートは少なくとも 12 か月前に通知することにより終了される場合があります。

Microsoft は、Silverlight ランタイムの最新バージョンの更新プログラムを出荷することで引き続き Silverlight をサポートします。 Silverlight ランタイムの更新プログラムおよび新しいバージョンは、以前のバージョンの Silverlight に組み込まれた Web アプリケーションと下位互換性があり、最新のセキュリティ機能強化とパフォーマンスの向上を実現し、製品の修正プログラムを含んでいます。

現在はどのバージョンの Silverlight がサポートされていますか。

現在サポートされているバージョンは、Silverlight 5 のみです。 Silverlight 5 は、このページに記載されているブラウザーのサポートを、2021 年 10 月 12 日または基となるブラウザーのライフサイクル終了日のうち、どちらか早い日付に終了します。 詳細については、こちらを参照してください。 インストールとアップグレードに関する問題以外でサポートが必要なお客様は、有料の技術支援を利用できます。 Microsoft は、既存のブラウザー バージョンの拡張モデルがプラグインをサポートする場合に、それらの Silverlight 5 ランタイム向けの更新プログラムを引き続き出荷します。これには、Microsoft Security Response Center (MSRC) によって決定されるセキュリティの脆弱性に対する更新プログラムが含まれます。

詳細については、こちらを参照してください。

*Silverlight は 2021 年 10 月 12 日にサポート終了となります。 Chrome、Firefox、または Mac オペレーティング システムを使用しているブラウザーはサポートされていません。

Microsoft Visual Basic

Visual Basic 6.0 には、どのようなライフサイクル ポリシーが適用されますか。

Microsoft は、Windows Vista、Windows Server 2008 (R2 を含む)、Windows 7、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2016、Windows 8.x、および Windows 10 上で実行される既存の Visual Basic 6.0 アプリケーションをサポートすることにコミットしています。 こちらに記載されているように、コア Visual Basic 6.0 ランタイムは、Windows オペレーティング システムの全サポート期間にわたり、深刻な不具合や重大なセキュリティの問題を回避できるようにサポートされます。

Visual Basic 6.0 は以下の主要な成果物で構成されます。

  • Visual Basic 6.0 IDE (統合開発環境) は 2008 年 4 月 8 日以降サポートされていません。

  • Visual Basic 6.0 ランタイム — VB6 アプリケーションを実行するために使用する基本ライブラリおよび実行エンジン。

  • Visual Basic 6.0 ランタイム拡張ファイル — IDE メディアに同梱されるかオンライン リリースとして提供される一部の ActiveX コントロール OCX ファイル、ライブラリ、およびツール。