スコープまたは id を使用しない Skype for Business Online のコマンドレットCmdlets in Skype for Business Online that do not use a scope or an identity

 

許可されたリストとブロックリストを変更するときに使用されるコマンドレット (ユーザーが通信を許可されている組織外を決定するリスト) は、スコープも Id も使用しません。The cmdlets used when modifying the allowed lists and blocked lists (lists that determine which outside organizations your users are allowed to communicate with) do not use either a scope or an Identity. 実際には、 CsEdgeAllowAllKnownDomains コマンドレットにはパラメーターはありません。In fact, the New-CsEdgeAllowAllKnownDomains cmdlet does not have any parameters whatsoever. スコープまたは Id を使用しないコマンドレットは、次のとおりです。The cmdlets that do not use either a scope or an Identity are:

CsEdgeAllowListコマンドレットとCsEdgeDomainPatternコマンドレットの両方を使用して、Domain パラメーターを含める必要があることに注意してください。Note that, with both the New-CsEdgeAllowList cmdlet and the New-CsEdgeDomainPattern cmdlet, you must include the Domain parameter. 次に例を示します。For example:

$x = New-CsEdgeDomainPattern -Domain "fabrikam.com"

関連項目See Also

Skype for Business Online の id、スコープ、およびテナントIdentities, scopes, and tenants in Skype for Business Online
Skype for Business Online のコマンドレットThe Skype for Business Online cmdlets