Configure the client experience with Skype for BusinessConfigure the client experience with Skype for Business

 

最終更新日: 2015-09-17Topic Last Modified: 2015-09-17

概要: このトピックでは、Lync Server 2013 環境での Skype for Business クライアントユーザー向けのクライアントエクスペリエンスを構成する方法について説明します。Summary: This topic describes how to configure the client experience for Skype for Business client users in a Lync Server 2013 environment. クライアントエクスペリエンスを構成できるのは、2014年12月の累積更新プログラム (5.0.8308.857) 以降がインストールされている Lync Server 2013 を実行している場合のみです。You can configure the client experience only if you are running Lync Server 2013 with the December 2014 Cumulative Update (5.0.8308.857) or later installed. Lync Server 2013 の更新については、「 Lync server 2013 の更新プログラム」を参照してください。For information about updating Lync Server 2013, see Updates for Lync Server 2013.

Skype for Business は、Skype コンシューマーの製品エクスペリエンスに基づいた新しいユーザーエクスペリエンスを提供します。Skype for Business provides a new user experience that is based on the Skype consumer product experience. Skype for Business には、Lync のすべての機能に加えて、簡単なコントロールと使い慣れたアイコンが付いた新機能が用意されています。In addition to all the features of Lync, Skype for Business provides new features with simplified controls and familiar icons. 新しいクライアントエクスペリエンスの詳細については、「 Lync が Skype For business に変わりました。新機能」を参照してください。For detailed information about the new client experience, see Lync is now Skype for Business -- see what's new.

Lync Server 2013 では、新しい Skype for Business クライアントエクスペリエンスと Lync クライアントエクスペリエンスがサポートされています。Lync Server 2013 supports the new Skype for Business client experience as well as the Lync client experience. 管理者は、ユーザー用に優先するクライアント エクスペリエンスを選択できます。As an administrator, you can choose the preferred client experience for your users. たとえば、新しい Skype for Business のエクスペリエンスで組織内のユーザーが完全にトレーニングを受けられるまで、Lync クライアントエクスペリエンスを展開することができます。For example, you might want to deploy the Lync client experience until users in your organization are fully trained in the new Skype for Business experience. または、すべてのユーザーを Skype for Business Server 2015 にアップグレードしていない場合、すべてのユーザーが新しいサーバーにアップグレードされるまで、すべてのユーザーが同じクライアントエクスペリエンスを使用できるようにする必要があります。Or, if you have not yet upgraded all users to Skype for Business Server 2015, you might want all users to have the same client experience until all are upgraded to the new server.

重要

組織に Skype for Business Server 2015 と Lync Server 2013 の両方が展開されている場合、既定のクライアントエクスペリエンスは、サーバーのバージョンと UI の設定によって異なります。If your organization has both Skype for Business Server 2015 and Lync Server 2013 deployed, the default client experience will differ depending on server versions and UI settings. ユーザーが Skype for Business を初めて起動すると、Lync ユーザーインターフェイスを選んだ場合でも、常に Skype for business のユーザーインターフェイスが表示されます。When users launch Skype for Business for the first time, they will always see the Skype for Business user interface--even if you have selected the Lync user interface. 数分後に、ユーザーは Lync モードに切り替えるように求められます。After several minutes, users are asked to switch to Lync mode. 詳細については、このトピックの後半にある「最初の起動クライアントの動作」を参照してください。For more information, see First launch client behavior later in this topic.

注意

Lync 2013 クライアントエクスペリエンスは、Skype for Business 2016 クライアントバージョンでは使用できません。The Lync 2013 client experience is not an option for Skype for Business 2016 client versions. Lync 2013 クライアントを使用するようにクライアント環境を構成する前に、クライアント バージョンを調べて、バージョンの先頭が 16 ではない (16.x.x.x などではない) ことを確認してください。Before you attempt to configure your client environment to use the Lync 2013 client, please check the client version to ensure it does not start with the number 16; for example: 16.x.x.x.

Configure the client experienceConfigure the client experience

組織内のユーザーに表示されるクライアントエクスペリエンスを指定するには、EnableSkypeUI パラメーターを使用して、 Set-CSClientPolicyコマンドレットを使用します。You can specify the client experience the users in your organization will see by using the Set-CSClientPolicy cmdlet with the EnableSkypeUI parameter. 次のコマンドは、組織内のすべてのユーザーに対してグローバルポリシーの影響を受ける Skype for Business クライアントのエクスペリエンスを選択します (「サイトまたはユーザー固有のポリシーはグローバルポリシーを上書きします)」を選択します。The following command selects the Skype for Business client experience for all users in your organization affected by the Global policy (remember, site or user-specific policies override the Global policy):

Set-CsClientPolicy -Identity Global -EnableSkypeUI $true

次のコマンドでは、組織内のすべてのユーザーに対して、グローバルポリシーの影響を受ける Lync クライアントエクスペリエンスが選択されます。The next command selects the Lync client experience for all users in your organization affected by the Global policy:

Set-CsClientPolicy -Identity Global -EnableSkypeUI $false

次のコマンドは、Redmond サイト内のすべてのユーザーに対して Skype for Business クライアントエクスペリエンスを選択します。The next command selects the Skype for Business client experience for all users within the Redmond site:

Set-CsClientPolicy -Identity site:Redmond -EnableSkypeUI $true

組織内の特定のユーザーに対してクライアントエクスペリエンスを構成する場合は、新しいユーザーポリシーを作成して、グラント clientpolicyを使用して特定のユーザーにポリシーを割り当てることができます。コマンドレット.If you want to configure the client experience for specific users within your organization, you can create a new user policy by using the New-CsClientPolicy cmdlet, and then assign the policy to specific users by using the Grant-CsClientPolicy cmdlet.

たとえば、次のコマンドは、Skype for Business クライアントエクスペリエンスを選択する新しいクライアントポリシー、SalesClientUI を作成します。For example, the following command creates a new client policy, SalesClientUI, that selects the Skype for Business client experience:

New-CsClientPolicy -Identity SalesClientUI -EnableSkypeUI $true

次のコマンドを実行すると、Sales 部門のすべてのメンバーにポリシー SalesClientUI が割り当てられます。The next command assigns the policy, SalesClientUI, to all members of the Sales department:

Get-CsUser -LDAPFilter "Department=Sales" | Grant-CsClientPolicy -PolicyName SalesClientUI

最初の起動クライアントの動作First launch client behaviors

既定では、ユーザーが Skype for business を初めて起動したときに、以前に説明したように、EnableSkypeUI パラメーターの値を $False に設定して、Lync クライアントエクスペリエンスを選択した場合でも、Skype for Business のユーザーインターフェイスが表示されます。.By default, when users launch Skype for Business for the first time, they will always see the Skype for Business user interface--even if you have selected the Lync client experience by setting the value of the EnableSkypeUI parameter to $False as described previously. 起動から数分後に、Lync モードに切り替えるかどうかを確認するメッセージが表示されます。After several minutes, users will then be asked to switch to Lync mode.

ユーザーが初めて Skype for Business クライアントを起動したときに、Lync ユーザー インターフェイスを表示したい場合は、クライアントを更新後に初めて開始する前に、以下の手順を行います。If you want to display the Lync user interface when users launch the Skype for Business client for the first time, follow these steps before the client is started for the first time after being updated:

  1. 前に説明したEnableSkypeUIように使用しているポリシーで、の値が $False に設定されていることを確認します。Confirm that the value of EnableSkypeUI is set to $False in the policy you are using as described previously.

  2. ユーザーのコンピューターで、システム レジストリを更新します。 レジストリの更新は、ユーザーが初めて Skype for Business クライアントを起動する前に 1 回だけ行う必要があります。 ドメインに参加しているコンピューターでレジストリを更新するグループ ポリシー オブジェクトを作成する方法については、このトピックの後半のセクションを参照してください。Update the system registry on the user's computer. You should do this before the first time users launch the Skype for Business client, and you should do this only once. For information about how to create a Group Policy Object to update the registry on a domain joined computer, see the section later in the topic.

    _\\\\] [現在のユーザーのウイルスのウイルス] Microsoft Office Lync キーで、新しいバイナリ値を作成します。_ [ ****In the [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Lync] key, create a new Binary value.

    The Value name must be EnableSkypeUI, and the Value data must be set to 00 00 00 00.The Value name must be EnableSkypeUI, and the Value data must be set to 00 00 00 00.

    キーは、以下のようになります。The key should look like the following:

    [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Lync]
    "CanSharePptInCollab"=dword:00000001
    "CanShareOneNoteInCollab"=dword:00000001
    "CanAppShareInCollab"=dword:00000001
    "EnableSkypeUI"=hex:00,00,00,00
    

これで、ユーザーが初めて Skype for Business クライアントを起動したときに、Lync ユーザー インターフェイスが表示されるようになります。The Lync user interface will now be displayed when users launch the Skype for Business client for the first time.

ようこそ画面のチュートリアルの表示を制御するControl the display of the Welcome screen tutorial

ユーザーが Skype for Business クライアントを開くと、既定の動作では [ようこそ] 画面が表示されます。これには、ほとんどのユーザーからの質問に対する7つのヒントが含まれています。When users open the Skype for Business client, the default behavior is to display a Welcome screen that includes 7 Quick tips most people ask for. You can turn off the display of the Welcome screen but still allow users to access the tutorial by adding the following Registry value on the client computer:You can turn off the display of the Welcome screen but still allow users to access the tutorial by adding the following Registry value on the client computer:

[ウイルスの_現在_の\ユーザー\ソフトウェア\Microsoft\Office\15.0] Lync キー] で、新しい DWORD (32 ビット) 値を作成します。 [ ****In the [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Lync] key, create a new DWORD (32-bit) Value. The Value name must be IsBasicTutorialSeenByUser, and the Value data must be set to 1.The Value name must be IsBasicTutorialSeenByUser, and the Value data must be set to 1.

キーは、以下のようになります。The key should look like the following:

"IsBasicTutorialSeenByUser"=dword:00000001

クライアント チュートリアルをオフにするTurn off the client tutorial

ユーザーがチュートリアルにアクセスできないようにするには、以下のレジストリ値を指定して、クライアント チュートリアルをオフにします。If you do not want your users to be able to access the tutorial, you can turn off the client tutorial with the following Registry value:

[ウイルスの_現在_の\ユーザー\ソフトウェア\Microsoft\Office\15.0] Lync キー] で、新しい DWORD (32 ビット) 値を作成します。 [ ****In the [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Lync] key, create a new DWORD (32-bit) Value. The Value name must be TutorialFeatureEnabled, and the Value data must be set to 0.The Value name must be TutorialFeatureEnabled, and the Value data must be set to 0.

"TutorialFeatureEnabled"=dword:00000000

You can turn the tutorial back on by setting the Value data to 1.You can turn the tutorial back on by setting the Value data to 1.

既定のクライアントエクスペリエンスDefault client experiences

組織に Skype for Business Server 2015 と Lync Server の両方が展開されている場合、クライアントのエクスペリエンスはサーバーのバージョンと Skype の UI の設定によって異なります。If your organization has both Skype for Business Server 2015 and Lync Server deployed, the client experience will differ depending on server versions and the Skype UI setting. 以下の表に、サーバー バージョンと UI 設定に基づく最初のクライアント エクスペリエンスを示します。The following table shows the initial client experience based on server version and the UI setting:

サーバー バージョンServer version

EnableSkypeUI 設定EnableSkypeUI setting

クライアント エクスペリエンスClient experience

Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015

既定Default

Skype for BusinessSkype for Business

Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015

TrueTrue

Skype for BusinessSkype for Business

Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015

FalseFalse

ユーザーが Lync モードに切り替えるように求められた (UI 設定を $true) に変更した場合、ユーザーは後で Skype for Business に切り替えることができます。User asked to switch to Lync mode (user can switch to Skype for Business later if you change the UI setting to $true)

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (適切な更新プログラムが適用されています)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (with correct patches)

既定Default

ユーザーが Lync モードに切り替えるように求められた (UI 設定を $true) に変更した場合、ユーザーは後で Skype for Business に切り替えることができます。User asked to switch to Lync mode (user can switch to Skype for Business later if you change the UI setting to $true)

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (適切な更新プログラムが適用されています)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (with correct patches)

TrueTrue

Skype for BusinessSkype for Business

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (適切な更新プログラムが適用されています)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (with correct patches)

FalseFalse

ユーザーが Lync モードに切り替えるように求められた (UI 設定を $true) に変更した場合、ユーザーは後で Skype for Business に切り替えることができます。User asked to switch to Lync mode (user can switch to Skype for Business later if you change the UI setting to $true)

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (パッチなし)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (without patches)

既定Default

ユーザーが Lync クライアントエクスペリエンスに切り替えるように求められた (ユーザーは後で Skype for Business に切り替えることができない)User asked to switch to Lync client experience (user cannot switch to Skype for Business later)

次の表は、管理者が Skype UI エクスペリエンスの初期設定を変更したときのクライアントエクスペリエンスを示しています。The next table shows the client experience when the administrator changes the initial setting for the Skype UI experience:

サーバー バージョンServer version

Skype UI の設定Skype UI setting

クライアント UI = LyncClient UI = Lync

クライアント UI = Skype for BusinessClient UI = Skype for Business

Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015

TrueTrue

Skype for Business に切り替えるように求められたユーザーUser asked to switch to Skype for Business

Skype for BusinessSkype for Business

Skype for Business Server 2015Skype for Business Server 2015

FalseFalse

Lync UILync UI

Lync UI への切り替えを求められたユーザーUser asked to switch to Lync UI

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (適切な更新プログラムが適用されています)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (with correct patches)

TrueTrue

Skype for Business に切り替えるように求められたユーザーUser asked to switch to Skype for Business

Skype for BusinessSkype for Business

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (適切な更新プログラムが適用されています)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (with correct patches)

FalseFalse

Lync UILync UI

Lync UI への切り替えを求められたユーザーUser asked to switch to Lync UI

Lync Server 2010 または Lync Server 2013 (パッチなし)Lync Server 2010 or Lync Server 2013 (without patches)

既定Default

Lync モード (Skype for Business に切り替えることはできません)Lync mode (cannot switch to Skype for Business)

Lync UI (Skype for Business に切り替えることはできません)Lync UI (cannot switch to Skype for Business)

Skype for Business クライアントの構成を管理するために必要な更新プログラムのバージョンは次のとおりです。The patch versions required to manage the configuration of the Skype for Business client are:

ドメインに参加しているコンピューターのレジストリを変更するグループ ポリシー オブジェクトを作成するCreate a Group Policy Object to modify the registry on a domain joined computer

ユーザーが初めて Skype for Business クライアントを起動したときに、Lync クライアント エクスペリエンスを表示するためのレジストリの更新は、1 回だけ行う必要があります。 グループ ポリシー オブジェクト (GPO) を使ってレジストリを更新する場合は、値のデータを更新するのではなく、新しい値を作成するオブジェクトを定義する必要があります。 GPO を適用した場合、新しい値が存在しないと、その値が作成され、値のデータに 0 が設定されます。The registry update to display the Lync client experience the first time a user launches the Skype for Business client should be done only once. If you use a Group Policy Object (GPO) to update the registry, you need to define the object to create a new value rather than update the Value data. When the GPO is applied, if the new value does not exist, the GPO will create it and set the Value data to 0.

以下の手順では、ユーザーが初めて Skype for Business を起動したときに、Lync クライアント エクスペリエンスが表示されるようにレジストリを変更する方法について説明します。 この手順を使って、前述のように [ようこそ] 画面のチュートリアルを無効にするために、レジストリを更新することもできます。The following procedure describes how to modify the registry so that the Lync client experience is displayed the first time a user launches the Skype for Business. You can also use this procedure to update the registry to disable the Welcome screen tutorial as described earlier.

GPO を作成するにはTo create the GPO

  1. グループ ポリシー管理コンソールを起動します。Start the Group Policy Management console.

    グループ ポリシー管理コンソールの使い方については、「グループ ポリシー管理コンソール」を参照してください。For information about how to use the Group Policy Management Console, see Group Policy Management Console.

  2. [ グループ ポリシー オブジェクト] ノードを右クリックして、メニューから [ 新規作成] を選びます。Right-click the Group Policy Objects node and select New on the menu.

  3. [新しい GPO] ダイアログで、GPO の名前 (「MakeLyncDefaultUI」など) を入力し、[OK] をクリックします。In the New GPO dialog, enter a name for the GPO, for example, MakeLyncDefaultUI, and then click OK.

  4. 作成した新しい GPO を右クリックして、メニューから [編集] を選びます。Right-click on the new GPO you just created and then select Edit from the menu.

  5. [ グループ ポリシー管理エディター] で、[ ユーザーの構成]、[ ユーザー設定]、[ Windows 設定] の順に展開して、[ レジストリ] ノードを選びます。In the Group Policy Management Editor, expand User Configuration, expand Preferences, expand Windows Settings, and then select the Registry node.

  6. [ Registry ] ノードを右クリックし、[新しい > レジストリ項目] を選びます。Right-click on the Registry node, and then select New > Registry Item.

  7. [新しいレジストリのプロパティ] ダイアログで、次の項目を更新します。On the New Registry Properties dialog, update the following:

    フィールドField 選択または入力する値Value to select or enter

    アクションAction

    作成Create

    ハイブHive

    HKEY_CURRENT_USERHKEY_CURRENT_USER

    キーのパスKey Path

    Software\Microsoft\Office\LyncSoftware\Microsoft\Office\Lync

    値の名前Value name

    EnableSkypeUIEnableSkypeUI

    値の種類Value type

    REG_BINARYREG_BINARY

    値のデータValue data

    0000000000000000

  8. [ OK] をクリックして変更を保存し、GPO を閉じます。Click OK to save your changes, and then close the GPO.

次に、ポリシーを割り当てる OU などのユーザー グループに、作成した GPO を接続する必要があります。Next, you'll need to link the GPO you created to the group of users that you want to assign the policy to, such as an OU.

GPO を使ってポリシーを割り当てるにはTo use the GPO to assign the policy

  1. [グループ ポリシー管理コンソール] で、ポリシーを割り当てる OU を右クリックして、[ 既存の GPO にリンクする] を選びます。In the Group Policy Management Console, right-click on the OU you want to assign the policy to, and then select Link to an existing GPO.

  2. [ GPO の選択] ダイアログ ボックスで、作成済みの GPO を選んで、[ OK] を選びます。On the Select GPO dialog, select the GPO you created, and then select OK.

  3. ターゲット ユーザーのコンピューターで、コマンド プロンプトを開いて、以下のコマンドを入力します。On the target user's computer, open a command prompt and type the following command:

    gpupdate /target:usergpupdate /target:user

    GPO の適用中、"ポリシーを更新しています..." というメッセージが表示されます。 処理が完了すると、"ユーザー ポリシーの更新が正常に完了しました" というメッセージが表示されます。The message "Updating policy..." is displayed while the GPO is applied. When it is completed, the message "User Policy update has completed successfully" is displayed.

  4. コマンド プロンプトに、以下のコマンドを入力します。At the command prompt, type the following command:

    gpresult /rgpresult /r

    "割り当て済みのグループ ポリシー オブジェクト" と表示され、その下に作成済みの GPO の名前が表示されます。You should see "Assigned Group Policy Objects" with the name of the GPO you created displayed below.

You can also verify that the GPO has successfully updated the registry on a user's computer by examining the registry.You can also verify that the GPO has successfully updated the registry on a user's computer by examining the registry. レジストリエディターを開き、[ ** [_HKEY CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Lync] ** ] キーに移動します。Open Registry Editor and navigate to the [HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Lync] key. If the GPO successfully updated the registry you will see a value named EnableSkypeUI with a value of 0.If the GPO successfully updated the registry you will see a value named EnableSkypeUI with a value of 0.