Lync Server 2013 パイロットプールの展開Deploy Lync Server 2013 pilot pool

 

トピックの最終更新日: 2013-11-22Topic Last Modified: 2013-11-22

Lync Server 2013 への移行に必要な最初の手順の1つは、パイロットプールを展開することです。One of the first steps required for migration to Lync Server 2013 is to deploy a pilot pool. パイロットプールは、lync server 2013 と Lync Server 2010 の展開との共存をテストする場所です。The pilot pool is where you test coexistence of Lync Server 2013 with your Lync Server 2010 deployment. 共存は、すべてのユーザーとプールを Lync Server 2013 に移動するまで、一時的な状態になります。Coexistence is a temporary state that lasts until you have moved all users and pools to Lync Server 2013.

パイロット プールを展開するときには、新しいフロントエンド プールの定義ウィザードを使用します。When you deploy a pilot pool, you use the Define New Front End Pool wizard. Lync server 2010 プールにある、Lync Server 2013 パイロットプールと同じ機能とワークロードを展開する必要があります。You should deploy the same features and workloads in your Lync Server 2013 pilot pool that you have in your Lync Server 2010 pool. アーカイブサーバー、監視サーバー、または System Center Operations Manager を使用して Lync Server 2010 環境をアーカイブまたは監視する場合に、移行を通じてアーカイブまたは監視を続行するには、これらの機能をパイロット環境に展開する必要があります。If you deployed Archiving Server, Monitoring Server, or System Center Operations Manager for archiving or monitoring your Lync Server 2010 environment, and you want to continue archiving or monitoring throughout the migration, you need to also deploy these features in your pilot environment. Lync Server 2010 環境をアーカイブまたは監視するために展開したバージョンは、Lync Server 2013 環境のデータをキャプチャしません。The version you deployed to archive or monitor your Lync Server 2010 environment will not capture data in your Lync Server 2013 environment.

注意

次の手順では、パイロット プール全体の展開プロセスの中で検討する必要がある機能と設定について説明します。The following procedure discusses features and settings you should consider as part of your overall pilot pool deployment process. このセクションで説明するのは、パイロット プールの展開の際に考慮が必要となる主なポイントのみです。This section only highlights key points you should consider as part of your pilot pool deployment. 詳細な手順については、「 Lync Server 2013 展開ガイドの展開ガイド」を参照してください。For detailed steps, refer to the Deploying Lync Server 2013 deployment guide.

Lync Server 2013 パイロットプールを展開するにはTo deploy a Lync Server 2013 pilot pool

  1. トポロジ ビルダーがインストールされているコンピューターに、Domain Admins グループおよび RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーとしてログオンします。Log on to the computer where Topology Builder is installed as a member of the Domain Admins group and the RTCUniversalServerAdmins group.

  2. [ Lync Server 2013 Enterprise Edition フロントエンドプール] に到達するまでツリーを展開します。Expand the tree until you reach Lync Server 2013 Enterprise Edition Front End pools.

  3. [Enterprise Edition フロントエンド プール] を右クリックし、[新しいフロントエンド プール] を選択します。Right click Enterprise Edition Front End pools, and select New Front End Pool.

    トポロジビルダーのサーバープールの選択サブメニューTopology Builder Server pool selection submenu

  4. プールの FQDN を入力します。Enter the pool FQDN. パイロットプールを定義するときは、Enterprise Edition フロントエンドプールまたは Standard Edition サーバーを展開することを選択できます。When you define your pilot pool, you can choose to deploy an Enterprise Edition Front End pool or a Standard Edition server. Lync Server 2013 では、パイロットプールの機能が従来のプールに展開されたものと一致している必要はありません。Lync Server 2013 does not require that your pilot pool features match what was deployed in your legacy pool.

    警告

    パイロット プールに対して定義するプールまたはサーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) は一意である必要があります。The pool or server fully qualified domain name (FQDN) that you define for the pilot pool must be unique. 現在展開されている Lync Server 2010 プールの名前、または現在展開されている他のすべてのサーバーの名前と一致させることはできません。It cannot match the name of the currently deployed Lync Server 2010 pool, or any other servers currently deployed.

    新しいフロントエンドプールの定義ウィザード FQDN ページDefine New Front End Pool Wizard FQDN page

  5. [機能の選択] ページで、このフロント エンド プールで必要な機能のチェック ボックスをオンにします。On the Select features page, select the check boxes for the features that you want on this Front End pool. たとえば、インスタントメッセージング (IM) とプレゼンス機能のみを展開する場合は、[会議] チェックボックスをオンにしてマルチパーティ IM を許可しますが、ダイヤルイン (PSTN) 会議、エンタープライズ Voip、または通話受付管理の各チェックボックスは、音声、ビデオ、および共同作業の会議機能を表すものであるため、選択しません。For example, if you are deploying only instant messaging (IM) and presence features, you would select the Conferencing check box to allow multiparty IM, but would not select the Dial-in (PSTN) conferencing, Enterprise Voice, or Call Admission Control check boxes, because they represent voice, video, and collaborative conferencing features. 機能の選択の詳細については、「展開」のドキュメントの「 Define and configure a Front End pool Or Standard Edition server In Lync server 2013 」を参照してください。For additional information on selecting features, see Define and configure a Front End pool or Standard Edition server in Lync Server 2013 in the Deployment documentation.

    フロントエンドプールの [機能の選択] ページFront End Pool Select features page

  6. [併置された サーバーの役割の選択 ] ページで、仲介サーバーを Lync server 2013 に併置することをお勧めします。On the Select collocated server roles page, we recommend you collocate the Mediation Server in Lync Server 2013. 従来のトポロジを Lync Server 2013 とマージする場合は、最初に Lync Server 2010 仲介サーバーを併置する必要があります。When merging a legacy topology with Lync Server 2013, we require that you first collocate the Lync Server 2010 Mediation Server. トポロジをマージし、Lync Server 2013 仲介サーバーを構成した後で、展開プロセスで仲介サーバーの役割を Lync Server 2013 に移動するときに、併置された仲介サーバーを保持するか、スタンドアロンサーバーに変更するかを決定できます。After merging the topologies and configuring the Lync Server 2013 Mediation Server, you can decide whether to keep the collocated Mediation Server, or change it to a stand-alone server when you move the Mediation Server role to Lync Server 2013 later in the deployment process.

    フロントエンドプール [併置されたサーバーの役割の選択] ページFront End Pool Select collocated server roles page

  7. パイロット プールの展開時は、[サーバーの役割とこのフロントエンド プールの関連付け] ページで、[このフロントエンド プールのメディア コンポーネントで使用されるエッジ プールを有効にする] オプションを選択しないでください。これは、移行のフェーズが進んだ段階で有効にしてオンラインにする機能です。現時点ではこの設定はオフのままにしてください。On the Associate server roles with this Front End pool page, during pilot pool deployment, do not choose the Enable an Edge pool to be used by the media component of this Front End pool option. This is a feature you will enable and bring online in a later phase of migration. Keep this setting cleared for now.

    サーバーの役割をフロントエンドプールページと関連付けるAssociate server roles with Front End pool page

  8. [Office Web Apps Server の選択] ページで [新規作成] をクリックし、アプリケーション サーバーの FQDN を指定します。On the Select an Office Web Apps Server page, click New, and specify the FQDN of the application server.

    新しい Office Web Apps サーバーの FQDN プロパティを定義するDefine New Office Web Apps Server FQDN properties

  9. [ アーカイブ Sql server ストアの定義 ] ページで、lync Server のアーカイブと監視の両方のために sql server ストアを定義するときに、以前に lync server 2013 用に作成した sql server インスタンスを選択します。On the Define the Archiving SQL Server store page, when defining the SQL Server store for both Lync Server Archiving and Monitoring, select the SQL Server instance created earlier for Lync Server 2013.

    アーカイブ SQL Server ストアの定義ページDefine Archiving SQL Server store page

  10. トポロジを公開するために、[Lync Server] ノードを右クリックし、[トポロジの公開] をクリックします。To publish your topology, right-click the Lync Server node, and then click Publish Topology.

    トポロジビルダー構成済みトポロジを表示するTopology Builder displaying a configured topology

  11. 公開プロセスが完了したら、[完了] をクリックします。When the publish process has completed, click Finish.

構成ストアのローカルコピーをインストールし、必要なサービスを開始するには、「展開」のドキュメントの「 Setting Up Front End Servers And Front end プール For Lync Server 2013 」を参照してください。To install a local copy of the configuration store and start the required services, see Setting up Front End Servers and Front End pools for Lync Server 2013 in the Deployment documentation.