Lync Server 2013 での場所の取得Acquiring a location in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-06-06Topic Last Modified: 2012-06-06

Lync Server 2013 E9-1-1 展開では、内部接続された Lync または Lync Phone Edition クライアントはそれぞれ、自分の場所を実際に取得します。In a Lync Server 2013 E9-1-1 deployment, each internally-connected Lync or Lync Phone Edition client actively acquires its own location. SIP 登録の後、クライアントは、furnishes について認識しているすべてのネットワーク接続情報を、レプリケートされた SQL Server データベースによってサポートされている web サービスである場所情報サービスへの場所要求に格納します。After SIP registration, the client furnishes all the network connectivity information that it knows about itself it in a location request to the Location Information service, which is a web service backed by a replicated SQL Server database. 各中央サイトプールには、場所情報サービスがあります。これは、ネットワーク情報を使用して、一致する場所についてのレコードを照会します。Each central site pool has a Location Information service, which uses the network information to query its records for a matching location. 一致するものがある場合、Location Information service はクライアントに場所を返します。If there is a match, the Location Information service returns a location to the client. 一致しない場合は、場所を手動で入力するようにユーザーに求められることがあります (場所のポリシー設定によって異なります)。If there is not a match, the user may be prompted to enter a location manually (depending on location policy settings). 場所データは、プレゼンス情報のデータ形式の場所オブジェクト (PIDF-LO) と呼ばれる、インターネット技術標準化委員会 (IETF) の標準化された XML 形式でクライアントに転送されます。The location data are transmitted back to the client in an Internet Engineering Task Force (IETF) standardized XML format called Presence Information Data Format Location Object (PIDF-LO).

Lync Server クライアントには、緊急電話の一部として PIDF-LO のデータが含まれており、E9-1-1 サービスプロバイダーがこのデータを使用して適切な PSAP を決定し、適切な ESQK を使用してその PSAP に通話をルーティングします。これにより、PSAP ディスパッチャーは発信者の場所を取得できますThe Lync Server client includes the PIDF-LO data as part of an emergency call, and this data is used by the E9-1-1 service provider to determine the appropriate PSAP and route the call to that PSAP along with the correct ESQK, which allows the PSAP dispatcher to obtain the caller’s location.

次の図は、Lync Server クライアントが場所を取得する方法を示しています (サードパーティクライアントの MAC アドレスベースの場所の方法を除く)。The following diagram shows how a Lync Server client acquires a location (except for the third-party client MAC address–based location method):

クライアントが場所の図を取得する方法How Client Acquires a Location diagram

クライアントが場所情報を取得するには、次の手順を実行する必要があります。For a client to acquire a location, the following steps must take place:

  1. 管理者は、場所情報サービスデータベースを network ワイヤマップ (さまざまな種類のネットワークアドレスを対応する緊急応答の場所 (erls) にマップするテーブル) に設定します。The administrator populates the Location Information service database with the network wiremap (tables that map various types of network addresses to corresponding Emergency Response Locations (ERLs)).

  2. SIP トランクの E9-1-1 サービス プロバイダーを使用する場合、その E9-1-1 サービス プロバイダーが維持する主要道路住所案内 (MSAG) データベースに対して、管理者は ERL の公的アドレス部分を確認します。ELIN ゲートウェイを使用する場合、管理者は、PSTN キャリアが自動ロケーション識別 (ALI) データベースに ELIN をアップロードすることを確認します。If you use a SIP trunk E9-1-1 service provider, the administrator validates the civic address portions of the ERLs against a Master Street Address Guide (MSAG) database maintained by the E9-1-1 service provider. If you use an ELIN gateway, the administrator ensures that the PSTN carrier uploads the ELINs to the Automatic Location Identification (ALI) database.

  3. 登録中、またはネットワークの変更が発生するたびに、内部接続のクライアントは、検出されたクライアントのネットワークアドレスを含む場所要求を場所情報サービスに送信します。During registration or whenever a network change occurs, an internally-connected client sends a location request that contains the client's discovered network addresses to the Location Information service.

  4. 場所情報サービスは、発行されたレコードに対して1つの場所を照会し、一致するものが見つかった場合は、ERL を PIDF-LO 形式でクライアントに返します。The Location Information service queries its published records for a location, and, if a match is found, returns the ERL to the client in PIDF-LO format.