Lync Server 2013 で必要になるタスクAs-needed tasks in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-08-18Topic Last Modified: 2014-08-18

必要に応じて、次のタスクを実行します。Perform the following tasks as necessary. 多くの場合、標準の手順でも説明されています。They are frequently also covered by standard procedures:

  • **完全なセキュリティ監査   **この監査は、メッセージングシステムのアップグレードまたは再設計に対応して、または試行された (または成功した) セキュリティ違反に応答して、定期的に実行できます。**Full Security Auditing   **You can perform this audit regularly, in response to an upgrade or redesign of the messaging system, or in response to an attempted (or successful) security breach. この手順には、サーバーとファイアウォールのポートスキャン、セキュリティ修正プログラムの監査、およびサードパーティの侵入テストが含まれる場合があります。The procedure may involve port scans on servers and firewalls, audits of security fixes, and third-party penetration tests.

  • 証明書を期限切れ     になるように置き換えるLync Server 証明書の確認は、通常の週次のタスクの1つであり、管理者がすべての証明書の有効期限を記録する必要があります。Replace Certificates about to Expire   Checking Lync Server Certificates is one of regular weekly tasks, and as part of the procedure an administrator should have a record of all certificates’ expiry dates. このレコードを使用すると、管理者は特定の証明書が期限切れになり、必要に応じて置き換えられたときに通知を作成できます。This record enables an administrator to create a notification when a particular certificate is about to be expired and replaced as needed.

  • パフォーマンスベースライン     の更新アップグレードまたは構成の変更後にパフォーマンスベースラインを更新します。Updating Performance Baselines   Update performance baselines after an upgrade or configuration change. 組織はベースラインを使用して、パフォーマンスの変化を測定し、システムのパフォーマンスに影響する問題を検出することができます。Your organization can use baselines to measure performance changes and to detect issues that affect system performance.

  • エンタープライズプール     を管理するエンタープライズプール、Standard Edition サーバー、および組織の環境内の他のサーバーの初期構成は、個々のサーバーの展開中に実行されました。Managing Enterprise Pool   Initial configuration of Enterprise pools, Standard Edition servers, and any other servers in your organization's environment were done during deployment of the individual servers. Standard Edition サーバーおよびエンタープライズプールのサーバーとプールの展開後の管理には、次のタスクが含まれます。Post-deployment management of servers and pools for Standard Edition servers and Enterprise pools includes the following tasks:

    • フロントエンドサーバーの管理Managing Front End Servers

    • Web 会議の管理Managing Web Conferencing

    • 会議の管理Managing Conferencing

    • サービスアカウントの資格情報の変更Changing Service Account Credentials

    • データベースを管理するManaging Databases

    • サービスの開始と停止、およびサーバーの役割の非アクティブ化Starting and Stopping Services and Deactivating Server Roles

    • サーバーとサーバーの役割の削除、プールの削除、およびサーバーとプールの使用停止Removing Servers and Server Roles, Removing Pools, and Decommissioning Servers and Pools

  • 使用状況     の管理Lync Server 2013 を構成して、組織にとって最も適切な機能を提供することができます。Managing Usage   You can configure Lync Server 2013 to provide the features and functionality that are most appropriate for your organization. エクスポートできるものには、次のようなものがあります。This includes the following:

    • オンプレミス Web 会議会議のサポートの管理Managing Support for On-Premise Web Conferencing Meetings

    • 配布グループの使用を管理してインスタントメッセージを送信するManaging the Use of Distribution Groups to Send Instant Messages

    • 連絡先、プレゼンス、およびクエリを管理するManaging Contacts, Presence, and Queries

    • クライアントバージョンフィルターを構成するConfiguring Client Version Filtering

    • インテリジェント IM フィルターの構成Configuring Intelligent IM Filtering

    • アーカイブ、通話詳細記録、会議のコンプライアンスの構成Configuring Archiving, Call Detail Recording, and Meeting Compliance

  • エッジサーバーの接続     の管理外部接続を提供するために必要なサーバーと設定の継続的な管理には、次のものが含まれます。Managing Edge Server Connectivity   Ongoing management of the servers and settings required to provide external connectivity includes the following:

    • 内部サーバーとエッジサーバー間の接続の管理Managing Connectivity between Internal Servers and Edge Servers

    • エッジサーバーの内部および外部インターフェイスと証明書の構成Configuring Internal and External Interfaces and Certificates for Edge Servers

    • フェデレーションパートナーアクセスの管理Managing Federated Partner Access

  • アドレス帳     の管理アドレス帳サーバーの管理には、以下が含まれます。Administering the Address Book   Administering Address Book Servers includes the following:

    • アドレス帳サーバーの電話の正規化を構成するConfiguring Address Book Server phone normalization

    • コマンドラインからアドレス帳サーバーを管理するManaging the Address Book Server from the command line

  • ユーザーアカウント     の管理ユーザーアカウントの管理には、次のものが含まれます。Managing User Accounts   Management of user accounts includes the following:

    • Lync Server でユーザーアカウントを有効にするEnabling User Accounts for Lync Server

    • ウィザードを使用して Lync Server ユーザーを構成するConfiguring Lync Server Users using the Wizard

    • 個々の Lync Server ユーザーアカウントのプロパティを構成するConfiguring Individual Lync Server User Account Properties

    • Lync Server ユーザーの検索Searching for Lync Server Users

    • Lync Server ユーザーの移動Moving Lync Server Users

    • Lync Server ユーザーの削除Deleting Lync Server Users

  • Lync Server 2013 ログファイル     の分析トラブルシューティングに一般的に使用される便利なツールの1つは、lync server 2013 ログツールの使用方法について詳しく説明されている lync Server 2013 ログツールです。Analyzing Lync Server 2013 Log Files   One very helpful tool, generally used for troubleshooting, is the Lync Server 2013 Logging Tool described in detail in Using Lync Server 2013 Logging Tool.

ログツールはログファイル (サーバー単位) を生成するため、これらのログファイルは、Microsoft Office Server 12 リソースキットツールがコンピューターにインストールされている場合、Snooper ツールを使用して表示および分析できます。Because the Logging Tool generates log files (on a per-server basis), these log files can be viewed and analyzed by using the Snooper tool, if the Microsoft Office Server 12 Resource Kit Tools are installed on the computer. それ以外の場合、ログはテキストエディターを使用して分析することができます。これは、Snooper ユーティリティを使用するよりも透過的で複雑です。Otherwise, logs can also be analyzed by using a text editor, which is much less transparent and more complex than using the Snooper utility.

プロトコルメッセージを表示および分析するにはTo View and Analyze Protocol Messages

ログツールで、デバッグセッションを終了した後、Snooper ツールを使用してログファイルを表示するには、[ログファイルの分析] をクリックします。In the Logging Tool, when you have ended the debug session, click Analyze Log Files to view the log files by using the Snooper tool. 次のコンポーネントのプロトコルログを分析することができます。You can analyze protocol logs for the following components:

  • Lync Server SipStack (SIP)Lync Server SipStack (SIP)

  • Lync Server S4 (SIP)Lync Server S4 (SIP)

  • Lync Server 会議信号トラフィック (C3P) (MCU インフラストラクチャ C3P およびフォーカス C3P を含む)Lync Server Conferencing signaling traffic (C3P), including MCU Infra C3P and Focus C3P

  • Lync Server Web 会議トラフィック (PSOM)Lync Server Web conferencing traffic (PSOM)

  • Lync Server 統合コミュニケーションクライアントプラットフォームクライアント (UCCP)Lync Server Unified Communications Client Platform client (UCCP)

  • アーカイブデータベースからのエラーレポートError reports from the archiving database

必要なタスクのパフォーマンスを整理するには、「As-Needed 操作チェックリスト」を参照してください。To help organize the performance of as-needed tasks, see As-Needed Operations Checklist.

重要

管理および管理手順の詳細については、「Microsoft Lync Server 2013 Administration Guide」を参照してください。For detailed administration and management procedures, see the Microsoft Lync Server 2013 Administration Guide.

バックアップ (および復元) ポリシーまたは構成設定Backup (and restore) policies or configuration settings

Lync Server 2013 では、システム全体をバックアップおよび復元できます。Lync Server 2013 lets you back up and restore the whole system. Iif をバックアップして、構成設定の単一のポリシーまたは単一のコレクションを取得し、適切なポリシーを取得して、そのオブジェクトを Export-Clixml コマンドレットにパイプ処理することで、ポリシー情報を XML ファイルとして保存します。Iif you want to back up (and then maybe someday restore) a single policy or a single collection of configuration settings, retrieve the appropriate policy, and then pipe that object to the Export-Clixml cmdlet, which saves the policy information as an XML file:

Get-CsClientPolicy -Identity "RedmondClientPolicy" | Export-Clixml -Path C:\Backup\RedmondClientPolicy.xml

これで、RedmondClientPolicy を試して、設定の多くを変更することができるようになります。You may now experiment with RedmondClientPolicy and change lots of the settings. 以前のポリシーを復元するのではなく、次のように入力します。If you decide instead to restore the old policy, enter:

$x = Import-Clixml -Path C:\Backup\RedmondClientPolicy.xml

Set-CsClientPolicy -Instance $x

この方法は、ほとんどのポリシーと設定で機能しますが、複雑なアイテム (複数のサブオブジェクトを含むアイテムなど) では機能しません (多数の異なる音声ルートを含むルーティング構成設定など)。Note that this approach will work for most policies and settings but it won't work with some of the more complex items—items that contain multiple sub-objects (like routing configuration settings, which contain many separate voice routes).