Lync Server 2013 でのコアデータと設定のバックアップBacking up core data and settings in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-04-23Topic Last Modified: 2014-04-23

次の手順では、Lync Server 管理シェルコマンドレットを使用して、コアサービスの設定とデータのバックアップファイルを作成します。The following procedures use Lync Server Management Shell cmdlets to create backup files for settings and data for core services. このセクションで使用されているツールの詳細については、「 Lync Server 2013 のバックアップと復元の要件」を参照してください。ツールとアクセス許可。For details about the tools used in this section, including where they are located, see Backup and restoration requirements in Lync Server 2013: tools and permissions. アーカイブおよび監視データのバックアップの詳細については、「 Lync Server 2013 でのアーカイブおよび監視データベースのバックアップ」を参照してください。For details about backing up Archiving and Monitoring data, see Backing up Archiving and Monitoring databases in Lync Server 2013.

注意

中央管理ストアをバックアップするためのこのセクションの手順には、アーカイブと監視の設定と構成が含まれます。The step in this section to back up the Central Management store includes the settings and configuration for Archiving and Monitoring.

ここで説明するコマンドレットは、ローカルでもリモートでも実行できます。You can run the cmdlets described in this section locally or remotely.

コア データおよび設定をバックアップするにはTo back up core data and settings

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーであるユーザー アカウントから、内部展開内の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is a member of the RTCUniversalServerAdmins group, log on to any computer in your internal deployment.

  2. 以下の手順で作成するバックアップを格納するため、新しい共有フォルダーを作成し、$Backup によって参照されているパスを新しい共有フォルダーに更新します。To store the backups you create in the following steps, create a new shared folder and update the path referenced by $Backup to the new shared folder.

  3. Lync Server 管理シェルを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Lync Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Management Shell.

  4. 中央管理ストア構成ファイルをバックアップします。Back up the Central Management store configuration file. コマンドラインで、次のように入力します。At the command line, type the following:

    Export-CsConfiguration -FileName <path and file name for backup>
    

    次に例を示します。For example:

    Export-CsConfiguration -FileName "C:\Config.zip"
    

    注意

    この手順では、Lync Server のトポロジ、ポリシー、および構成設定をファイルにエクスポートします。This step exports your Lync Server topology, policies, and configuration settings to a file. トポロジ データをバックアップするために他の手順は必要ありません。No other step is required to backup topology data.

  5. バックアップした中央管理ストア構成ファイルを $Backup にコピーし \ ます。Copy the backed-up Central Management store configuration file to $Backup\.

  6. 場所情報サービスのデータをバックアップします。コマンド ラインで、次のように入力します。Back up Location Information service data. At the command line, type the following:

    Export-CsLisConfiguration -FileName <path and file name for backup>
    

    次に例を示します。For example:

    Export-CsLisConfiguration -FileName "C:\E911Config.zip"
    
  7. バックアップした場所情報サービス構成ファイルを $Backup にコピーし \ ます。Copy the backed-up Location Information service configuration file to $Backup\.

  8. フロントエンドプールおよびすべての Standard Edition サーバーのすべてのバックエンドデータベースについて、ユーザーデータをバックアップします。Back up user data on every back-end database of a Front End pool and every Standard Edition server. コマンドラインで、次のように入力します。At the command line, type the following:

    Export-CsUserData -PoolFQDN <Fqdn> -FileName <String>
    

    次に例を示します。For example:

    Export-CsUserData -PoolFQDN "atl-cs-001.litwareinc.com" -FileName "C:\Logs\ExportedUserData.zip"
    
  9. バックアップしたユーザーファイルを $Backup にコピーし \ ます。Copy the backed up user file to $Backup\.

  10. 応答グループアプリケーションが実行されているすべてのプールで、応答グループ構成をバックアップします。On every pool that runs the Response Group application, back up the Response Group configuration. 次の操作を実行してください。Do the following:

    1. コマンドラインで、次のように入力します。At the command line, type:

      Export-CsRgsConfiguration -Source "service:ApplicationServer:<pool FQDN>" -FileName <path and file name for backup>
      

      次に例を示します。For example:

      Export-CsRgsConfiguration -Source ApplicationServer:pool01.contoso.com -FileName C:\RgsConfiguration.zip
      
  11. バックアップされた応答グループ構成ファイルを $Backup にコピーし \ ます。Copy the backed up Response Group configuration file to $Backup\.