Lync Server 2013 の通話の詳細レポートCall Detail Report in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-02-05Topic Last Modified: 2014-02-05

通話の詳細レポートでは、個々の通話の詳細が表示されます。レポートには、次のようなレポートセクションに分かれた、ほぼすべての qoe 指標と Lync Server によって収集された統計情報が含まれています。The Call Detail Report provides a detailed look at an individual call; the report includes nearly all the Quality of Experience metrics and statistics collected by Lync Server, divided into report sections such as:

  • 通話情報Call Information

  • 発信者デバイスと信号測定値Caller Device and Signal Metrics

  • 呼び出し先デバイスと信号測定値Callee Device and Signal metrics

  • 発信者クライアント イベントCaller Client Event

  • 呼び出し先クライアント イベントCallee Client Event

  • 音声ストリーム (発信者から呼び出し先)Audio Stream (Caller to Callee)

  • ビデオ ストリーム (発信者から呼び出し先)Video Stream (Caller to Callee)

  • 音声ストリーム (呼び出し先から発信者)Audio Stream (Callee to Caller)

  • ビデオ ストリーム (呼び出し先から発信者)Video Stream (Callee to Caller)

特定のレポートに表示されるカテゴリと測定値は、セッションの種類と、セッションで使用されたエンドポイントの種類に依存します。たとえば、音声のみの通話では、通話にビデオ ストリームがないことにより、ビデオ ストリームの測定値を報告されません。同様に、呼び出し先統計はないが、発信者統計を示すレポートがあることがあります。これは、一般的には、呼び出し先が SIP 準拠のデバイスを使用していなかったことによります。エンドポイントは通話の終了後に、統計を報告します。しかし、(SIP または SIP 統計を関知しない) 携帯電話は、その種類の情報を報告することはできません。だれかに電話して、その人が携帯電話で応答した場合は、通話が終了したときに、その携帯電話からのレポートは得られません。Keep in mind that the categories and the metrics you see on a given report depend on two things: the type of session and the type of endpoints used in the session. For example, an audio-only call will not report metrics for video streams; that's because the call didn't have a video stream. Likewise, you might have a report that lists caller statistics but not callee statistics. That's typically because the callee was not using a SIP-compliant device. Endpoints are responsible for reporting statistics at the end of a call; however, a cell phone (which knows nothing about SIP or SIP statistics) is unable to report that kind of information. If you call someone and they answer you on their cell phone, you will not get a report from that cell phone when the call ends.

通話の詳細レポートは、特定の通話でメディアの品質の問題が発生した理由を正確に確認するときに最も役立ちます。The Call Detail Report is most useful when you are trying to determine exactly why a given call experienced media quality problems.

通話の詳細レポートを表示するAccessing the Call Detail Report

通話の詳細レポートは、以下の任意のレポートから表示できます。The Call Detail Report can be accessed from any of the following reports:

通話の詳細レポートから、次のいずれかの指標をクリックすることによって、 Lync Server 2013 のデバイスレポート にアクセスできます。From within the Call Detail Report you can access the Device Report in Lync Server 2013 by clicking either of the following metrics:

  • キャプチャ デバイスCapture device

  • レンダー デバイスRender device

また、音声ビデオ エッジ サーバー測定値をクリックすることによってサーバーメディア品質傾向レポートを表示できます。You can also access the Server Media Quality Trend Report by clicking the A/V edge server metric.

通話の詳細レポートの活用Making the Best Use of the Call Detail Report

通話の詳細レポートには、一般的には、マイクのタイムスタンプの誤差、低 SNR 時間、および近端エコー時間の項目のような、250 以上のさまざまな測定値が含まれます。これらの測定値の詳細が思い出せない場合は、測定値のラベル上にマウス ポインターを置きます。多くの場合は、その測定値を説明するツール ヒントが表示されます。The Call Detail Report typically includes over 250 different metrics, including such items as Microphone timestamp drift, Low SNR time, and Near end to echo time. If you can't remember what all of these metrics actually measure, try holding your mouse over the metric label; often-times, a tooltip will appear describing that metric.

特定の測定値が見つからない場合は、検索ボックスに測定値ラベルの一部を入力して、次に [検索] をクリックします。たとえば、低 SNR 時間測定値が見つからない場合は、検索ボックスに "SNR" と入力して、次に [検索] をクリックします。If you have problems locating a metric, type part of the metric label in the search box and then click Find. For example, if you can't find the Low SNR time metric, type SNR in the search box and then click Find.

レポートでは、通話に関する情報のみが追跡されることに注意してください。Note that the report only tracks information about a call. 通話自体は記録されません。The call itself is not recorded.

フィルターFilters

なし。通話の詳細レポートにはフィルターを適用できません。None. You cannot filter the Call Detail Report.

指標Metrics

次の表に、各通話の通話の詳細レポートで提供される情報を示します。The following table lists the information provided in the Call Detail Report for each call.

通話の詳細レポートの指標Call Detail Report Metrics

名前Name この項目での並べ替えCan you sort on this item? 説明Description

[発信者 PAI]Caller PAI

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーの P-Asserted-Identity。P-Asserted-Identity は、信頼されたネットワーク内でユーザーの証明済み ID を送信するのに使用されます。P-Asserted-Identity of the user who initiated the call. The P-Asserted-Identity is used to convey the proven identity of a user within a trusted network.

[発信者 URI]Caller URI

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーの SIP アドレス。SIP address of the user who initiated the call.

[発信者エンドポイント]Caller endpoint

いいえNo

呼び出しを実行したデバイス。Device used to make the call.

[発信者ユーザー エージェント]Caller user agent

いいえNo

呼び出しを実行したデバイスで使用されるソフトウェア。Software used on the device that made the call.

[通話の開始]Call start

いいえNo

呼び出しが最初に開始された日時。Date and time that the call was initially placed.

[仲介サーバーのバイパス通話]Mediation Server bypass call

いいえNo

呼び出しが仲介サーバーを経由せずに PSTN 音声ゲートウェイまたは適切な IP-PBX に接続されたかどうかを示します。Indicates whether the call connected to a PSTN voice gateway or qualified IP-PBX without passing through the Mediation Server.

[発信者 OS]Caller OS

いいえNo

呼び出し元のコンピューターのオペレーティング システム。Operating system of the caller's computer.

[発信者 CPU]Caller CPU

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーのコンピューターに搭載される CPU。CPU installed in the computer of the user who initiated the call.

[発信者 CPU コア番号]Caller CPU core number

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーが使用するコンピューターのプロセッサ番号。Processor number in the computer used by the person who initiated the call.

[発信者 CPU 速度]Caller CPU speed

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーが使用するコンピューターの CPU のクロック速度。Clock speed of the CPU of the computer used by the person who initiated the call.

[発信者 CPU 仮想化]Caller CPU virtualization

いいえNo

呼び出しを開始したユーザーが使用するコンピューターでの仮想化 (仮想化されている場合)。Virtualization (if any) used on the computer used by the person who initiated the call.

[呼び出し先 PAI]Callee PAI

いいえNo

通話に招待されたユーザーの P-Asserted-Identity。P-Asserted-Identity は、信頼されたネットワーク内でユーザーの証明済み ID を送信するのに使用されます。P-Asserted-Identity of the user who was invited to join the call. The P-Asserted-Identity is used to convey the proven identity of a user within a trusted network.

[呼び出し先 URI]Callee URI

いいえNo

呼び出し先ユーザーの SIP アドレス。SIP address of the user who was called.

[呼び出し先エンドポイント]Callee endpoint

いいえNo

呼び出しを受信したデバイス。Device used to receive the call.

[呼び出し先ユーザー エージェント]Callee user agent

いいえNo

呼び出しを受信したデバイスで使用されるソフトウェア。Software used on the device that received the call.

DurationDuration

いいえNo

通話時間。Length of time for the call.

[メディア バイパス警告フラグ]Media bypass warning flag

いいえNo

仲介サーバーがバイパスされたときに発行された警告。Warning issued when the Mediation Server was bypassed.

[呼び出し先 OS]Callee OS

いいえNo

呼び出し先ユーザーのコンピューターのオペレーティング システム。Operating system of the computer for the user who was called.

[呼び出し先 CPU]Callee CPU

いいえNo

呼び出し先ユーザーのコンピューターに搭載される CPU。CPU installed in the computer of the user who was called.

[呼び出し先コア番号]Callee core number

いいえNo

呼び出し先ユーザーが使用するコンピューターのプロセッサ番号。Processor number in the computer used by the person who was called.

[呼び出し先 CPU 速度]Callee CPU speed

いいえNo

呼び出し先ユーザーが使用するコンピューターの CPU のクロック速度。Clock speed of the CPU of the computer used by the person who was called.

[呼び出し先 CPU 仮想化]Callee CPU virtualization

いいえNo

呼び出し先ユーザーが使用するコンピューターでの仮想化 (仮想化されている場合)。Virtualization (if any) used on the computer used by the person who was called.