Lync Server 2013 でのオンプレミスのユニファイドメッセージングのコンポーネントとトポロジComponents and topologies for on-premises Unified Messaging in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-25Topic Last Modified: 2012-09-25

このトピックでは、Exchange ユニファイドメッセージング (UM) 機能を Lync Server 2013 展開に提供するために必要な Microsoft Exchange Server 2013 コンポーネントについて説明します。This topic describes the Microsoft Exchange Server 2013 components required to provide Exchange Unified Messaging (UM) features to Lync Server 2013 deployment. また、オンプレミスの Exchange UM 統合に対してサポートされているトポロジについても説明します。It also describes the supported topologies for on-premises Exchange UM integration.

Exchange Server コンポーネントExchange Server Components

統合された ユニファイドメッセージングと Lync Server 2013 の機能 について説明されている exchange UM の機能とサービスを組織のエンタープライズ voip ユーザーに提供するには、ユーザーメールボックスをホストする Microsoft Exchange メールボックスサーバーとクライアントアクセスサーバーを展開し、電子メールとボイスメール用の単一の格納場所を提供する必要があります。To provide the Exchange UM features and services described in Features of integrated Unified Messaging and Lync Server 2013 to Enterprise Voice users in your organization, you must deploy an Microsoft Exchange Mailbox server and Client Access server, which hosts user mailboxes and provides a single storage location for email and voice mail. Exchange UM は、Exchange メールボックスサーバーおよびクライアントアクセスサーバー上のサービスとして実行されます。Exchange UM runs as a service on Exchange Mailbox and Client Access servers.

Microsoft Exchange Server 2007 と Microsoft Exchange Server 2010 の Exchange UM コンポーネントの詳細については、「展開」のドキュメントの「 社内 EXCHANGE um を展開して Lync Server 2013 ボイスメールを提供する 」を参照してください。For details about Exchange UM components in Microsoft Exchange Server 2007 and Microsoft Exchange Server 2010, see Deploying on-premises Exchange UM to provide Lync Server 2013 voice mail in the Deployment documentation.

サポートされるトポロジSupported Topologies

Lync Server 2013 と Exchange ユニファイドメッセージング (UM) を同じフォレストまたは複数のフォレストに展開できます。You can deploy Lync Server 2013 and Exchange Unified Messaging (UM) in the same forest or multiple forests. 複数のフォレストにまたがる展開の場合は、exchange UM フォレストごとに Exchange 統合の手順を実行する必要があります。If the deployment spans multiple forests, you must perform the Exchange integration steps for each Exchange UM forest. さらに、Lync Server 2013 フォレストと Lync Server 2013 フォレストを信頼して各 Exchange UM フォレストを信頼するように、各 Microsoft Exchange フォレストを構成する必要があります。Furthermore, you must configure each Microsoft Exchange forest to trust the Lync Server 2013 forest and the Lync Server 2013 forest to trust each Exchange UM forest. このフォレストの信頼に加えて、Lync Server 2013 フォレスト内のユーザーオブジェクトに対して、すべてのユーザーの Exchange UM 設定を設定する必要があります。In addition to this forest trust, the Exchange UM settings for all users must be set on the user objects in the Lync Server 2013 forest.

Lync Server 2013 は、Exchange UM 統合のために次のトポロジをサポートしています。Lync Server 2013 supports the following topologies for Exchange UM integration:

  • 単一のフォレストSingle forest

  • 単一ドメイン (すなわち、単一ドメインを含む単一フォレスト)。Single domain (that is, a single forest with a single domain). Lync Server 2013、Microsoft Exchange、およびユーザーはすべて同じドメインに存在します。Lync Server 2013, Microsoft Exchange, and users all reside in the same domain.

  • 複数のドメイン (つまり、1つ以上の子ドメインを持つルートドメイン)。Multiple domain (that is, a root domain with one or more child domains). Lync Server 2013 と Microsoft Exchange サーバーは、ユーザーを作成するドメインとは異なるドメインに展開されます。Lync Server 2013, and Microsoft Exchange servers are deployed in different domains from the domain where you create users. Exchange UM サーバーは、サポートする Lync Server 2013 プールとは異なるドメインに展開できます。Exchange UM servers can be deployed in different domains from the Lync Server 2013 pool they support.

  • 複数のフォレスト (すなわち、リソース フォレスト)。Multiple forest (that is, resource forest). Lync Server 2013 は単一のフォレストに展開され、ユーザーは複数のフォレスト間で分散されます。Lync Server 2013 is deployed in a single forest, and then users are distributed across multiple forests. ユーザーの Exchange UM 属性は、Lync Server 2013 フォレストにレプリケートする必要があります。The users’ Exchange UM attributes must be replicated over to the Lync Server 2013 forest.

    注意

    Exchange は複数のフォレストに展開できます。Exchange can be deployed in multiple forests. 各 Exchange 組織は Exchange UM をユーザーに提供できます。または、Exchange UM を Lync Server 2013 と同じフォレストに展開できます。Each Exchange organization can provide Exchange UM to its users, or Exchange UM can be deployed in the same forest as Lync Server 2013.