Lync Server 2013 でディレクターを使用するようにクライアントの自動 Sign-In を構成するConfigure Automatic Client Sign-In to use the Director in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-08Topic Last Modified: 2012-09-08

Lync Server 2013、ディレクター、またはディレクターのプールを展開する場合、ベストプラクティスとして、自動クライアント Sign-In を使用することをお勧めします。When you deploy a Lync Server 2013, Director or a pool of Directors, we recommend that you use Automatic Client Sign-In as a best practice. 自動クライアントサインイン用に DNS サーバーを構成する方法の詳細については、「計画」のドキュメントの「 Lync Server 2013 での自動クライアントサインインの dns 要件 」を参照してください。For details about how to configure DNS servers for automatic client sign-in, see DNS requirements for automatic client sign-in in Lync Server 2013 in the Planning documentation.

自動クライアント サインインを既に展開している場合は、次のセクションを参照してディレクターに構成してください。If you have already deployed Automatic Client Sign-In, see the following sections to configure it on your Director(s).

単一のディレクター インスタンスSingle Director Instance

既に自動クライアント Sign-In を展開していて、フロントエンドサーバーまたはフロントエンドプールを指している場合は、そのディレクターをポイントするように DNS SRV レコードを変更する必要があります。If you already have Automatic Client Sign-In deployed and it is pointing to a Front End Server or a Front End pool, you need to change the DNS SRV record to point to the Director.

ディレクター プールDirector Pool

クライアントの自動 Sign-In が既に展開されていて、フロントエンドサーバーまたはフロントエンドプールを指している場合は、そのディレクタープールをポイントするように DNS SRV レコードを変更する必要があります。If you already have Automatic Client Sign-In deployed and it is pointing to a Front End Server or a Front End pool, you need to change the DNS SRV record to point to the Director pool.