Lync Server 2013 で場所データベースを構成するConfigure the location database in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-17Topic Last Modified: 2012-09-17

クライアントがネットワーク内の各自の場所を自動検出できるようにするには、まず場所データベースを構成する必要があります。場所データベースを構成しておらず、場所のポリシーで [場所は必須] が [はい] または [免責事項] に設定されている場合、ユーザーは場所を手動で入力するよう求められます。To enable clients to automatically detect their location within a network, you first need to configure the location database. If you do not configure a location database, and Location Required in the location policy is set to Yes or Disclaimer, the user will be prompted to manually enter a location.

場所データベースを構成するには、次のタスクを実行します。To configure the location database, you will perform the following tasks:

  1. ネットワーク要素と場所のマッピングをデータベースに設定します。Populate the database with a mapping of network elements to locations. 緊急位置識別番号 (ELIN) ゲートウェイを使用する場合は、フィールドに ELIN を含める必要があり <CompanyName> ます。If you use an Emergency Location Identification Number (ELIN) gateway, you need to include the ELIN in the <CompanyName> field.

  2. E9-1-1 サービス プロバイダーで保持されている主要道路住所案内 (MSAG) と照らし合わせて住所を確認します。Validate the addresses against the master street address guide (MSAG) that is maintained by the E9-1-1 service provider.

  3. 更新したデータベースを公開します。Publish the updated database.

注意

または、場所データベースの代わりに使用できるセカンダリ場所データベースを定義することもできます。Alternately, you can define a secondary location source database that can be used in placed of the location database. 詳細については、「 Configure a Secondary Location Information service In Lync Server 2013」を参照してください。For details, see Configure a secondary Location Information service in Lync Server 2013.