Lync Server 2013 での音声ポリシー、PSTN 使用法レコード、およびボイスルートの構成Configuring voice policies, PSTN usage records, and voice routes in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-10-10Topic Last Modified: 2012-10-10

音声ポリシー、PSTN 使用法レコード、およびボイス ルートは、一体的に関わり合っています。 音声ポリシーは、一連の通話機能を選択し、PSTN 使用法レコードのセット (音声ポリシーを割り当てられるユーザーまたはグループを対象に、承認される権限を指定します) にポリシーを割り当てることで、構成します。 PSTN 使用法レコードは、ボイス ルートにも割り当てられます。これにより、ルートとこの PSTN 使用法レコードの使用を許可されたユーザーが照合されます。 つまり、ユーザーはルートと一致する PSTN 使用法レコードが割り当てられている場合のみ、そのルートに電話をかけることができます。Voice policies, PSTN usage records, and voice routes are integrally related. You configure voice policies by selecting a set of calling features and then assigning the policy a set of PSTN usage records, which specify what rights are authorized for the users or groups who are assigned the voice policy. Voice routes are also assigned PSTN usage records, which serve to match routes with the users who are authorized to use them. That is, users can only place calls that use the routes for which they have a matching PSTN usage record.

新しいエンタープライズ VoIP を展開する場合の推奨ワークフローは、最初に該当する PSTN 使用法レコードを含む音声ポリシーを構成し、次に、該当するルートを各 PSTN 使用法レコードに割り当てることです。The recommended workflow for a new Enterprise Voice deployment is to start by configuring a voice policy that includes the appropriate PSTN usage records, and then associate the appropriate routes to each PSTN usage record.

注意

ユーザー スコープを使用して音声ポリシーを作成し、それを個々のユーザーまたはグループに割り当てることもできます。You can also create voice policies with user scope and assign them to individual users or groups.

これらの各タスクを実行するための詳細ステップについては、このセクションの手順を参照してください。For the detailed steps to perform each of these tasks, see the procedures in this section.

このセクションの内容In This Section