Lync Server 2013 で監視ノードのテストユーザーと構成設定を構成するConfiguring watcher node test users and configuration settings in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-07-29Topic Last Modified: 2013-07-29

監視ノードとして動作するコンピューターを構成した後、次のことを行う必要があります。After configuring the computer that will act as a watcher node, you must:

  1. これらの監視ノードによって使用されるテストアカウントを作成します。Create the test accounts to be used by these watcher nodes. Negotiate の認証方法を使用している場合は、 set-cstestusercredential コマンドレットを使用して、監視ノードで使用するためにこれらのテストアカウントを有効にする必要もあります。If you are using the Negotiate authentication method, you must also use the Set-CsTestUserCredential cmdlet to enable these test accounts for use on the watcher node.

  2. 監視ノードの構成設定を更新します。Update the watcher node configuration settings.

このセクションの内容は次のとおりです。This section covers:

  • テストユーザーアカウントを構成するConfiguring Test User Accounts

  • 既定の代理トランザクションを使用した基本的な監視ノードの構成Configuring a Basic Watcher Node with the Default Synthetic Transactions

  • 拡張テストの構成Configuring Extended Tests

  • 代理トランザクションの追加と削除Adding and Removing Synthetic Transactions

  • 監視ノード構成の表示とテストViewing and Testing the Watcher Node Configuration

テストユーザーアカウントを構成するConfiguring Test User Accounts

テストユーザーは、実際の人物を表す必要はありませんが、有効な Active Directory ドメインサービスアカウントである必要があります。さらに、これらのアカウントは Lync Server 2013 に対して有効にする必要があり、有効な SIP アドレスを持っている必要があり、エンタープライズ Voip (Test-CsPstnPeerToPeerCall 代理トランザクションを使用するため) を有効にする必要があります。Test users do not need to represent actual people, but they must be valid Active Directory Domain Services accounts; in addition, these accounts must be enabled for Lync Server 2013, they must have valid SIP addresses, and they should be enabled for Enterprise Voice (to use the Test-CsPstnPeerToPeerCall synthetic transaction). TrustedServer の認証方法を使用する場合は、これらのアカウントが存在し、ここで指定したとおりに構成されていることを確認するだけで済みます。If you use the TrustedServer authentication method, then all you need to do is to make sure that these accounts exist and have been configured as specified here. テストする各プールについて、少なくとも3つのテストユーザーを割り当てる必要があります。You should assign at least three test users for each pool that you want to test.

Negotiate の認証方法を使用している場合は、 set-cstestusercredential コマンドレットと Lync Server 管理シェルも使用して、これらのテストアカウントが代理トランザクションと連携できるようにする必要があります。If you are using the Negotiate authentication method, you must also use the Set-CsTestUserCredential cmdlet and the Lync Server Management Shell to enable these test accounts to work with the synthetic transactions. これを行うには、次のようなコマンドを実行します。You can do this by running a command similar to the following. (これらのコマンドは、3つの Active Directory ユーザーアカウントが既に作成されており、これらのアカウントが Lync Server 2013 に対して有効になっていることを前提としています)。(These commands assume that the three Active Directory user accounts have already been created and that those accounts have been enabled for Lync Server 2013.):

Set-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher1@litwareinc.com" -UserName "litwareinc\watcher1" -Password "P@ssw0rd"
Set-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher2@litwareinc.com" -UserName "litwareinc\watcher2" -Password "P@ssw0rd"
Set-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher3@litwareinc.com" -UserName "litwareinc\watcher3" -Password "P@ssw0rd"

SIP アドレスだけでなく、ユーザー名とパスワードも含める必要があることに注意してください。Note that you must include not only the SIP address but also the user name and password. パスワードを指定しない場合 Set-CsTestUserCredential はその情報を入力するように求められます。If you do not include the password Set-CsTestUserCredential will prompt you to enter that information. ユーザー名を指定するには、上記のドメイン名のユーザー名の形式を使用する \ か、またはユーザー name@domain 名の形式を使用します。たとえば、次のようにします。The user name can be specified using the domain name\user name format shown above, or by using the format user name@domain name; for example:

-UserName "watcher3@litwareinc.com"

テストユーザーの資格情報が作成されたことを確認するには、Lync Server 管理シェルで次のコマンドを実行します。To verify that the test user credentials were created, run these commands from within the Lync Server Management Shell:

Get-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher1@litwareinc.com"
Get-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher2@litwareinc.com"
Get-CsTestUserCredential -SipAddress "sip:watcher3@litwareinc.com"

次のような情報が各ユーザーに返されます。Information similar to this should be returned for each user:

UserName                        Password
--------                        --------
Litwareinc\watcher1              System.Security.SecureString

既定の代理トランザクションを使用した基本的な監視ノードの構成Configuring a Basic Watcher Node with the Default Synthetic Transactions

テストユーザーが作成されたら、次のようなコマンドを使用して監視ノードを作成できます。After the test users have been created you can then create a watcher node by using a command similar to this:

New-CsWatcherNodeConfiguration -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com" -PortNumber 5061 -TestUsers @{Add= "sip:watcher1@litwareinc.com","sip:watcher2@litwareinc.com", "sip:watcher3@litwareinc.com"}

このコマンドは、既定の設定を使用し、代理トランザクションの既定のセットを実行する新しい監視ノードを作成します。This command creates a new watcher node that uses the default settings and runs the default set of synthetic transactions. 新しい監視ノードは、テストユーザー watcher1@litwareinc.com、watcher2@litwareinc.com、および watcher3@litwareinc.com も使用します。The new watcher node also uses the test users watcher1@litwareinc.com, watcher2@litwareinc.com, and watcher3@litwareinc.com. 監視ノードが TrustedServer 認証を使用している場合、3つのテストアカウントは、Active Directory および Lync Server に対して有効になっている任意の有効なユーザーアカウントにすることができます。If the watcher node is using TrustedServer authentication, the three test accounts can be any valid user accounts enabled for Active Directory and Lync Server. 監視ノードが Negotiate 認証方法を使用している場合は、 set-cstestusercredential コマンドレットを使用して、監視ノードに対してこれらのユーザーアカウントを有効にする必要もあります。If the watcher node is using the Negotiate authentication method, you must also enable these user accounts for watcher node by using the Set-CsTestUserCredential cmdlet.

拡張テストの構成Configuring Extended Tests

公衆交換電話網との接続を確認する公衆交換電話網 (PSTN テスト) を有効にする場合は、監視ノードを設定するときに追加の構成を行う必要があります。If you want to enable the public switched telephone network (PSTN test), which verifies connectivity with the public switched telephone network, you will need to do some additional configuration when setting up the watcher node. 最初に、テストユーザーを PSTN テストの種類に関連付ける必要があります。First, you need to associate your test users with the PSTN test type. そのためには、Lync Server 管理シェルで次のようなコマンドを実行します。To do that, run a command similar to this from within the Lync Server Management Shell:

$pstnTest = New-CsExtendedTest -TestUsers "sip:watcher1@litwareinc.com", "sip:watcher2@litwareinc.com", "sip:watcher3@litwareinc.com"  -Name "Contoso Provider Test" -TestType PSTN

このコマンドの結果は変数に格納する必要があることに注意してください。Note that the results of this command must be stored in a variable. この例では、$pstnTest という名前の変数です。In this example, that's a variable named $pstnTest.

この時点で、 set-cswatchernodeconfiguration コマンドレットを使用して、テストの種類 (変数 $pstnTest に格納されている) を Lync Server 2013 プールに関連付けることができます。At this point, you can use the New-CsWatcherNodeConfiguration cmdlet to associate the test type (stored in the variable $pstnTest) to a Lync Server 2013 pool. たとえば、次のコマンドは、プール atl-cs-001.litwareinc.com の新しい監視ノード構成を作成し、以前に作成した3つのテストユーザーを追加し、さらに PSTN テストの種類も追加します。For example, the following command creates a new watcher node configuration for the pool atl-cs-001.litwareinc.com, adding the three test users that were created previously, and also adding the PSTN test type:

New-CsWatcherNodeConfiguration -TargetFqdn "atl-cs-001.litwareinc.com" -PortNumber 5061 -TestUsers @{Add= "sip:watcher1@litwareinc.com","sip:watcher2@litwareinc.com", "sip:watcher3@litwareinc.com"} -ExtendedTests @{Add=$pstnTest}

なお、監視ノードコンピューターに Lync Server コアファイルと RTCLocal データベースをインストールしていない場合は、上記のコマンドは失敗します。Note that the preceding command will fail if you have not installed the Lync Server core files and the RTCLocal database on the watcher node computer.

複数の音声ポリシーをテストするには、 新しい-Csexthe dedtest コマンドレットを使用して、各ポリシーの拡張テストを作成する必要があります。To test multiple voice policies, you need to create an extended test for each policy by using the New-CsExtendedTest cmdlet. このテストに割り当てられているユーザーは、目的の音声ポリシーを使用して構成する必要があります。The users assigned to this test should be configured with the desired voice policies. 拡張テストは、次のようなコマンドを使用して、 set-cswatchernodeconfiguration コマンドレットに渡されます。The extended tests are then passed to the New-CsWatcherNodeConfiguration cmdlet by using a command similar to the following:

-ExtendedTests @{Add=$pstnTest1,$pstnTest2,$pstnTest3}

New-CsWatcherNodeConfiguration が Tests パラメーターを使用せずに呼び出された場合は、既定の代理トランザクション (および指定された拡張代理トランザクション) だけが新しい監視ノードに対して有効になることを意味します。If New-CsWatcherNodeConfiguration is called without using the Tests parameter, that means that only the Default synthetic transactions (and the specified extended synthetic transaction) will be enabled for the new watcher node. これは、監視ノードが次のコンポーネントをテストすることを意味します。This means that the watcher node will test the following components:

  • RegistrationRegistration

  • IMIM

  • GroupIMGroupIM

  • P2PAV (ピアツーピアの音声ビデオセッション)P2PAV (peer-to-peer audio/video sessions)

  • AvConference (音声/会議)AvConference (audio/conferencing)

  • プレゼンスPresence

  • ABS (アドレス帳サービス)ABS (Address Book service)

  • ABWQ (アドレス帳 web サービス)ABWQ (Address Book web service)

  • PSTN (PSTN ゲートウェイ呼び出し。拡張テストとして指定されます。PSTN (PSTN gateway calls, specified as an extended test. 既定では、PSTN は無効になっています。By default, PSTN is disabled. この場合、このテストは、コマンドが ExtendedTests パラメーターを使用して PSTN を有効にしている場合にのみ有効になります。The test is enabled in this case only because the command enabled PSTN by using the ExtendedTests parameter.)

これは、次のコンポーネントが既定ではテストされないことも意味します。This also means that the following components will not be tested by default:

  • AVEdgeConnectivityAVEdgeConnectivity

  • MCXP2PIM (モバイルデバイスインスタントメッセージング)MCXP2PIM (mobile device instant messaging)

  • ExumConnectivity (Exchange ユニファイドメッセージング)ExumConnectivity (Exchange Unified Messaging)

  • JoinLauncherJoinLauncher

  • PersistentChatMessagePersistentChatMessage

  • DataConferenceDataConference

  • XmppIMXmppIM

  • UnifiedContactStoreUnifiedContactStore

代理トランザクションの追加と削除Adding and Removing Synthetic Transactions

監視ノードの構成後、 set-cswatchernodeconfiguration コマンドレットを使用して、ノードの代理トランザクションを追加または削除できます。After a watcher node has been configured, you can use the Set-CsWatcherNodeConfiguration cmdlet to add or remove synthetic transactions from the node. たとえば、監視ノードに PersistentChatMessage テストを追加するには、Add メソッドと次のようなコマンドを使用します。For example, to add the PersistentChatMessage test to the watcher node, use the Add method and a command similar to this:

Set-CsWatcherNodeConfiguration -Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" -Tests @{Add="PersistentChatMessage"}

テスト名をコンマで区切ることで、複数のテストを追加できます。Multiple tests can be added by separating the test names by using commas. 以下に例を示します。For example:

Set-CsWatcherNodeConfiguration -Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" -Tests @{Add="PersistentChatMessage","DataConference","UnifiedContactStore"}

これらのテストの1つ以上 (たとえば、DataConference) が既に監視ノードで有効になっている場合は、エラーが発生することに注意してください。Note that an error will occur if one or more of these tests (for example, DataConference) has already been enabled on the watcher node. この場合、次のようなエラーメッセージが表示されます。In this case, you will receive an error message similar to the following:

Set-CsWatcherNodeConfiguration : There is a duplicate key sequence 'DataConference' for the 'urn:schema:Microsoft.Rtc.Management.Settings.WatcherNode.2010:TestName' key or unique identity constraint.

このエラーが発生した場合、変更は適用されません。When this error occurs, no changes will be applied. 重複するテストを削除してコマンドを再実行する必要があります。The command should be rerun with the duplicate test removed.

監視ノードから代理トランザクションを削除するには、Add メソッドではなく Remove メソッドを使用します。To remove a synthetic transaction from a watcher node, use the Remove method instead of the Add method. たとえば、次のコマンドを実行すると、監視ノードから ABWQ テストが削除されます。For example, this command removes the ABWQ test from a watcher node:

Set-CsWatcherNodeConfiguration -Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" -Tests @{Remove="ABWQ"}

Replace メソッドを使用して、現在有効になっているすべてのテストを1つまたは複数の新しいテストに置き換えることもできます。You can also use the Replace method to replace all the currently-enabled tests with one or more new tests. たとえば、監視ノードのみが IM テストを実行するようにする場合は、次のコマンドを使用してそれを構成できます。For example, if you only want a watcher node to run the IM test, you can configure that by using this command:

Set-CsWatcherNodeConfiguration -Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" -Tests @{Replace="IM"}

上記のコマンドを実行すると、指定された監視ノードのすべての代理トランザクションは IM 以外は無効になります。When you run the preceding command, all synthetic transactions on the specified watcher node will be disabled except for IM.

監視ノード構成の表示とテストViewing and Testing the Watcher Node Configuration

監視ノードに割り当てられているテストを表示する場合は、次のようなコマンドを使用します。If you want to view the tests that have been assigned to a watcher node, use a command similar to this:

Get-CsWatcherNodeConfiguration -Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" | Select-Object -ExpandProperty Tests

上記のコマンドは、ノードに割り当てられている代理トランザクションに応じて、次のような情報を返します。The preceding command will return information similar to this, depending on the synthetic transactions that have been assigned to the node:

Registration
IM
GroupIM
P2PAV
AvConference
Presence
PersistentChatMessage
DataConference

ヒント

代理トランザクションをアルファベット順で表示するには、代わりに次のコマンドを使用します。To view the synthetic transactions in alphabetical order, use this command instead:
Get-CsWatcherNodeConfiguration – Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" |Select-Object-ExpandProperty テスト |Sort-ObjectGet-CsWatcherNodeConfiguration –Identity "atl-cs-001.litwareinc.com" | Select-Object –ExpandProperty Tests | Sort-Object

監視ノードが作成されたことを確認するには、Lync Server 管理シェルで次のコマンドを入力します。To verify that a watcher node has been created, type the following command from within the Lync Server Management Shell:

Get-CsWatcherNodeConfiguration

次のような情報が表示されます。You will receive information similar to this:

Identity      : atl-cs-001.litwareinc.com
TestUsers     : {sip:watcher1@litwareinc.com, sip:watcher2@litwareinc.com ...}
ExtendedTests : {TestUsers=IList<System.String>;Name=PSTN Test; Te...}
TargetFqdn    : atl-cs-001.litwareinc.com
PortNumber    : 5061

監視ノードが正しく構成されていることを確認するには、Lync Server 管理シェルで次のコマンドを入力します。To verify that the watcher node has been configured correctly, type the following command from within the Lync Server Management Shell:

Test-CsWatcherNodeConfiguration

上記のコマンドにより、展開内の各監視ノードがテストされ、次のような情報がわかります。The preceding command will test each watcher node in your deployment and tell you information, such as whether:

  • 必要なレジストラーの役割がインストールされている。The required Registrar role been installed.

  • Set-cswatchernodeconfiguration を実行したときに必要なレジストリキーが作成されました。The required registry key was created for you when you ran Set-CsWatcherNodeConfiguration.

  • サーバーで適切なバージョンの Lync Server が実行されている。Your servers are running the correct version of Lync Server.

  • ポートが正しく構成されている。Your ports been configured correctly.

  • 割り当てられたテストユーザーが必要な資格情報を持っている。Your assigned test users have the required credentials.