Lync Server 2013 で共通領域電話の連絡先オブジェクトを作成または変更するCreate or modify a common area phone Contact object in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-20Topic Last Modified: 2013-02-20

すべての共通領域電話に対して Active Directory ドメインサービスの連絡先オブジェクトを作成するには、 move-cscommonareaphone コマンドレットを使用します。To create Active Directory Domain Services contact objects for all your common area phones, use the New-CsCommonAreaPhone cmdlet. このコマンドレットでは、共通領域電話で使用する新しい連絡先オブジェクトを作成するか、既存の連絡先オブジェクトを新しい共通領域電話に関連付けることができます。This cmdlet can either create new contact objects for use with common area phones, or it can associate existing contact objects with a new common area phone. 共通領域電話に関連付けられている連絡先オブジェクトのプロパティを変更するには、 move-cscommonareaphone コマンドレットを使用します。To modify the properties of the contact objects associated with common area phones, use the Set-CsCommonAreaPhone cmdlet. Move-cscommonareaphoneのオプションのパラメーターを使用すると、連絡先の Active Directory 表示名や電話に関連付けられている回線 Uri (Uniform resource Identifier) などのアイテムを変更し、Lync Server で使用するアカウントを有効または無効にすることができます。Optional parameters for Set-CsCommonAreaPhone enable you to change items, such as the contact’s Active Directory display name or the line Uniform Resource Identifier (URI) associated with the phone, and enable and disable the account for use with Lync Server. 使用可能なすべての変更の詳細については、「 move-cscommonareaphone」のパラメータセクションを参照してください。For details about all the available modifications, see the Parameters section at Set-CsCommonAreaPhone. Move-cscommonareaphoneパラメーターの詳細については、「 move-cscommonareaphone」を参照してください。For details about New-CsCommonAreaPhone parameters, see New-CsCommonAreaPhone.

これら2つのコマンドレットは、Lync Server 2013 管理シェルまたは Windows PowerShell のリモートセッションから実行できます。You can run these two cmdlets from either the Lync Server 2013 Management Shell or from a remote session of Windows PowerShell. リモートの Windows PowerShell を使用して Lync Server に接続する方法について詳しくは、Lync Server Windows PowerShell のブログ記事「Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell (クイックスタート: リモート PowerShell を使用した Microsoft Lync Server 2010 の管理)」をhttps://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876で参照してください。For details about using remote Windows PowerShell to connect to Lync Server, see the Lync Server Windows PowerShell blog article "Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876.

共通領域電話の連絡先オブジェクトの作成Creating a common area phone contact object

  • 新しい共通領域電話の連絡先オブジェクトを作成するには、 move-cscommonareaphone コマンドレットを使用します。To create a new common area phone contact object, use the New-CsCommonAreaPhone cmdlet. 連絡先オブジェクトを作成するときには、少なくとも次の情報を指定する必要があります。At a minimum, you must supply the following information when creating a contact object:

    • Lineuri: 共通領域電話に割り当てられた電話番号です。LineUri: The telephone number assigned to the common area phone. 電話番号を指定するときは、e.164 形式を使用する必要があることに注意してください。Note that you must use the E.164 format when specifying the phone number.

    • RegistrarPool: 連絡先オブジェクトをホストするレジストラープールの完全修飾ドメイン名 (FQDN)。RegistrarPool: The fully qualified domain name (FQDN) of the Registrar pool that will host the contact object.

    • OU: 連絡先オブジェクトを作成する Active Directory コンテナーの識別名。OU: Distinguished name of the Active Directory container where the contact object will be created.

    また、Active Directory ドメインサービスの表示名を指定することもお勧めします。We also recommend that you provide an Active Directory Domain Services display name. それ以外の場合は、電話 Id を指定するために GUID を使用する必要があります。Otherwise, you will need to use a GUID to specify the phone Identity. 以下に例を示します。For example:

    New-CsCommonAreaPhone -LineUri "tel:+12065551219" -RegistrarPool "atl-cs-001.litwareinc.com" -OU "OU=Phones,dc=litwareinc,dc=com" -DisplayName "Lobby"
    

共通領域電話の連絡先オブジェクトを変更するModifying a common area phone contact object

  • 既存の共通領域電話のプロパティを変更するには、連絡先オブジェクトで move-cscommonareaphone コマンドレットを使用します。To modify the properties of an existing common area phone, contact object use the Set-CsCommonAreaPhone cmdlet. たとえば、次のコマンドは、共通領域電話の SIP アドレスを DisplayName ロビーで構成します。For example, this command configures the SIP address for the common area phone with the DisplayName Lobby:

    Set-CsCommonAreaPhone -Identity "Lobby" -SipAddress "sip:lobby@litwareinc.com"
    

詳細については、 move-cscommonareaphone コマンドレットおよび move-cscommonareaphone コマンドレットのヘルプトピックを参照してください。For details, see the Help topics for the New-CsCommonAreaPhone cmdlet and the Set-CsCommonAreaPhone cmdlet.