Lync Server 2013 でキューを作成または変更するCreate or modify a queue in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-23Topic Last Modified: 2013-02-23

キューを作成または変更するには、以下のいずれかの手順を使用します。Use one of the following procedures to create or modify a queue.

Lync Server コントロールパネルを使用してキューを作成または変更するにはTo use Lync Server Control Panel to create or modify a queue

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーまたは応答グループをサポートする定義済みの管理者の役割のいずれかのメンバーとしてログオンします。Log on as a member of the RTCUniversalServerAdmins group, or as a member of one of the predefined administrative roles that support Response Group.

    注意

    管理ワークフローを委任された応答グループ マネージャーのいずれかである場合は、応答グループ キューを作成または変更して、管理するワークグループに割り当てることができます。If you are one of the delegated Response Group Managers for a managed workflow, you can create or modify response group queues and assign them to the workflows that you manage.

  2. ブラウザー ウィンドウを開いて管理 URL を入力し、Lync Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Lync Server Control Panel. Lync Server コントロールパネルの起動に使用できるさまざまな方法の詳細については、「 Open Lync server 2013 管理ツール」を参照してください。For details about the different methods you can use to start Lync Server Control Panel, see Open Lync Server 2013 administrative tools.

  3. 左側のナビゲーション バーで [応答グループ] をクリックし、[キュー] をクリックします。In the left navigation bar, click Response Groups, and then click Queue.

  4. [キュー] ページで、次のいずれかの操作を実行します。On the Queue page, do one of the following:

    • 新しいキューを作成するには、[新規作成] をクリックします。To create a new queue, click New. [サービスの選択] の検索フィールドに、キューを追加する ApplicationServer サービスの名前の一部またはすべてを入力します。In Select a Service, type part or all of the name of the ApplicationServer service where you want to add the queue in the search field. 表示されたサービスの一覧で、目的のサービスをクリックし、[OK] をクリックします。In the resulting list of services, click the service that you want, and then click OK.

    • 既存のキューを変更するには、キューの名前または名前の一部を検索フィールドに入力します。結果のキューの一覧で、対象のキューをクリックし、[編集]、[詳細の表示] の順にクリックします。To modify an existing queue, type all or part of the queue name in the search field. In the resulting list of queues, click the queue that you want, click Edit, and then click Show details.

  5. [名前] にキューの識別名を入力します。In Name, type an identifying name for the queue.

  6. [説明] に、キューの説明を入力します。In Description, type a description for the queue.

  7. [グループ] で、キューに割り当てるグループを指定します。次のいずれかの操作を行います。In Groups, specify the groups you want to assign to the queue. Do one of the following:

    • キューにグループを追加するには、[ 選択] をクリックします。To add a group to the queue, click Select. [グループの選択] 検索フィールドに、キューに割り当てるエージェントグループの名前または名前の一部を入力し、目的のエージェントグループをクリックして、[ OK] をクリックします。In the Select Groups search field, type all or part of the name of the agent group that you want to assign to the queue, click the agent group that you want, and then click OK.

    • キューからグループを削除するには、エージェント グループの一覧で、削除するグループをクリックし、[削除] をクリックします。To remove a group from the queue, in the list of agent groups, click the group that you want to remove, and then click Remove.

    • エージェントを検索する順序を変更するには、エージェント グループの一覧でグループをクリックし、上矢印または下矢印をクリックします。To change the order in which agents are searched, in the list of agent groups, click a group, and then click the up arrow or down arrow.

      注意

      サーバーでは、キューで利用可能なエージェントを検索するときには、グループの順序が使用されます。つまり、一覧の最初のグループが最初に検索され、一覧の 2 番目のグループが次に検索され、以降も同様に検索されます。When the server searches for an available agent for the queue, it uses group order. That is, the first group in the list is searched first, followed by the second group in the list, and so on.

  8. エージェントが通話に応答するまで発信者を保留状態にする最長時間を指定するには、[キューのタイムアウトを有効にする] チェック ボックスをオンにして次の操作を実行します。To specify a maximum period of time for a caller to wait on hold before an agent answers the call, select the Enable queue time-out check box, and then do the following:

    1. [タイムアウト時間 (秒)] で、エージェントが通話に応答するのを発信者が待つ最大秒数を指定します。In Time-out period (seconds), specify the maximum number of seconds a caller waits for an agent to answer the call.

    2. [通話アクション] で、呼び出しがタイムアウトになったときに行う動作を次のように選択します。In Call Action, select the action that occurs when a call times out as follows:

    • タイムアウト後通話を終了するには、[切断] をクリックします。To disconnect the call after the timeout, click Disconnect.

    • 通話をボイスメールに転送するには、[ボイスメールに転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに、sip: <username> @ (たとえば、sip:bob@contoso.com) の形式でボイスメールアドレスを入力し <domainname> ます。To forward the call to voice mail, click Forward to voice mail, and then in the SIP address field, type a voice mail address in the format sip:<username>@<domainname> (for example, sip:bob@contoso.com).

    • 別の電話番号に通話を転送するには、[電話番号に転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに電話番号を sip: <number> @ (たとえば、sip:+14255550121@contoso.com) の形式で入力し <domainname> ます。To forward the call to another telephone number, click Forward to telephone number, and then in the SIP address field, type the telephone number in the format sip:<number>@<domainname> (for example, sip:+14255550121@contoso.com).

    • 別のユーザーに通話を転送するには、[ sip アドレスに転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに、ユーザーの URI を sip: の形式で入力し <username> @ <domainname> ます。To forward the call to another user, click Forward to SIP address, and then in the SIP address field, type the URI for the user in the format sip:<username>@<domainname>.

    • 別のキューに通話を転送する場合は [別のキューに転送] をクリックし、使用するキューを参照します。To forward the call to another queue, click Forward to another queue, and then browse to the queue that you want to use.

  9. キューに保持できる最大通話数を指定するには、[キューのオーバーフローを有効にする] チェック ボックスをオンにして次の操作を実行します。To specify a maximum number of calls that the queue can hold, select the Enable queue overflow check box, and then do the following:

    1. [最大通話数] で、キューで保持する最大通話数を選択します。In Maximum number of calls, select the maximum number of calls that you want the queue to hold.

    2. [通話の転送] で、キューが一杯になったときに転送する通話を、[最新の通話] または [最も古い通話] から選択します。In Forward the call, select which call is to be forwarded when the queue is full: Newest Call or Oldest Call.

    3. [通話アクション] で、オーバーフローしきい値に達したときに実行する処理を、次のように選択します。In Call action, select the action that occurs when the overflow threshold is met as follows:

    • タイムアウト後通話を終了するには、[切断] をクリックします。To disconnect the call after the timeout, click Disconnect.

    • 通話をボイスメールに転送するには、[ボイスメールに転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに、sip: <username> @ (たとえば、sip:bob@contoso.com) の形式でボイスメールアドレスを入力し <domainname> ます。To forward the call to voice mail, click Forward to voice mail, and then in the SIP address field, type a voice mail address in the format sip:<username>@<domainname> (for example, sip:bob@contoso.com).

    • 別の電話番号に通話を転送するには、[電話番号に転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに電話番号を sip: <number> @ (たとえば、sip:+14255550121@contoso.com) の形式で入力し <domainname> ます。To forward the call to another telephone number, click Forward to telephone number, and then in the SIP address field, type the telephone number in the format sip:<number>@<domainname> (for example, sip:+14255550121@contoso.com).

    • 別のユーザーに通話を転送するには、[ sip アドレスに転送] をクリックし、[ sip アドレス] フィールドに、ユーザーの URI を sip: の形式で入力し <username> @ <domainname> ます。To forward the call to another user, click Forward to SIP address, and then in the SIP address field, type the URI for the user in the format sip:<username>@<domainname>.

    • 別のキューに通話を転送する場合は [別のキューに転送] をクリックし、使用するキューを参照します。To forward the call to another queue, click Forward to another queue, and then browse to the queue that you want to use.

  10. [確定] をクリックします。Click Commit.

Windows PowerShell を使用してキューを作成または変更するにはTo use Windows PowerShell to create or modify a queue

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーまたは応答グループをサポートする定義済みの管理者の役割のいずれかのメンバーとしてログオンします。Log on as a member of the RTCUniversalServerAdmins group, or as a member of one of the predefined administrative roles that support Response Group.

    注意

    管理ワークフローを委任された応答グループ マネージャーのいずれかである場合は、エージェント グループおよびキューを作成して、エージェント グループをキューに割り当てることができます。If you are one of the delegated Response Group Managers for a managed workflow, you will be able to create agent groups and queues, and assign agent groups to queues.

  2. Lync Server 管理シェルを以下の手順で起動します。[スタート]、[すべてのプログラム]、[Microsoft Lync Server 2013]、[Lync Server 管理シェル] の順にクリックします。Start the Lync Server Management Shell: Click Start, click All Programs, click Microsoft Lync Server 2013, and then click Lync Server Management Shell.

  3. キューのタイムアウトしきい値に達したときに再生されるプロンプトを作成し、変数に格納します。コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。Create the prompt to be played when the queue timeout threshold is met, and save it in a variable. At the command line, run:

    $promptTO = New-CsRgsPrompt -TextToSpeechPrompt "<text for TTS prompt>"
    

    次に例を示します。For example:

    "All agents are currently busy. Please call back later."
    

    注意

    プロンプトにオーディオ ファイルを使用するには、Import-CsRgsAudioFile コマンドレットを使用します。To use an audio file for the prompt, use the Import-CsRgsAudioFile cmdlet. 詳細については、「 import-csrgsaudiofile」を参照してください。For details, see Import-CsRgsAudioFile.

  4. キューのタイムアウトしきい値に達したときに実行されるアクションを定義し、変数に格納します。コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。Define the action to be taken when the queue timeout threshold is met, and save it in a variable. At the command line, run:

    $actionTO = New-CsRgsCallAction -Prompt <saved prompt from previous step> -Action <action to be taken>
    

    注意

    使用可能なアクションとその構文の詳細については、「 New-CsRgsCallAction」を参照してください。For details about possible actions and their syntax, see New-CsRgsCallAction.

    次に例を示します。For example:

    $action = New-CsRgsCallAction -Prompt $promptTO -Action Terminate
    
  5. キューのオーバーフローしきい値に達したときに再生されるプロンプトを作成し、変数に格納します。コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。Create the prompt to be played when the queue overflow threshold is met, and save it in a variable. At the command line, run:

    $promptOV = New-CsRgsPrompt -TextToSpeechPrompt "<text for TTS prompt>"
    

    次に例を示します。For example:

    $promptOV = New-CsRgsPrompt -TextToSpeechPrompt "Too many calls are waiting. Please call back later."
    

    注意

    プロンプトにオーディオ ファイルを使用するには、Import-CsRgsAudioFile コマンドレットを使用します。To use an audio file for the prompt, use the Import-CsRgsAudioFile cmdlet. 詳細については、「 import-csrgsaudiofile」を参照してください。For details, see Import-CsRgsAudioFile.

  6. キューのオーバーフローしきい値に達したときに実行されるアクションを定義し、変数に格納します。コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。Define the action to be taken when the queue overflow threshold is met, and save it in a variable. At the command line, run:

    $actionOV = New-CsRgsCallAction -Prompt <saved prompt from previous step> -Action <action to be taken>
    

    注意

    使用可能なアクションとその構文の詳細については、「 New-CsRgsCallAction」を参照してください。For details about possible actions and their syntax, see New-CsRgsCallAction.

    次に例を示します。For example:

    $action = New-CsRgsCallAction -Prompt $promptOV -Action Terminate
    
  7. 応答グループ サービスのサービス名を取得して変数に割り当てます。Retrieve the service name for the Response Group service and assign it to a variable. コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。At the command line, run:

    $serviceId="service:"+(Get-CSService | ?{$_.Applications -Like "*RGS*"}).ServiceId;
    
  8. キューに割り当てるエージェント グループの Identity を取得します。Get the identity of the agent group to be assigned to the queue. コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。At the command line, run:

    $agid = (Get-CsRgsAgentGroup -Name "Help Desk").Identity;
    

    注意

    エージェントグループの作成の詳細については、「 New-CsRgsAgentGroup 」を参照してください。For details about creating the agent group, see New-CsRgsAgentGroup

  9. キューを作成します。コマンド ラインで、次のコマンドを実行します。Create the queue. At the command line, run:

    $q = New-CsRgsQueue -Parent <saved service ID from previous step> -Name "<name of queue>" [-Description "<description for queue>"] [-TimeoutThreshold <# seconds before call times out>] [-TimeoutAction <saved timeout action>] [-OverflowThreshold <# calls queue can hold>] [-OverflowCandidate <call to be acted on when overflow threshold met>] [-OverflowAction <saved overflow action>] [-AgentGroupIDList(<agent group identity>)];
    

    次に例を示します。For example:

    $q = New-CsRgsQueue -Parent $serviceId -Name "Help Desk" -Description "Contoso Help Desk" -TimeoutThreshold 300 -TimeoutAction $actionTO -OverflowThreshold 10 -OverflowCandidate NewestCall -OverflowAction $actionOV -AgentGroupIDList($agid.Identity;
    
  10. キューが作成されたことを確認します。次のコマンドレットを実行します。Confirm that the queue is created. Run:

    Get-CsRgsQueue -Name "Help Desk"