Lync Server 2013 でのコールパークの展開プロセスDeployment process for Call Park in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-25Topic Last Modified: 2013-02-25

このセクションでは、コールパークアプリケーションの展開に必要な手順の概要について説明します。This section provides an overview of the steps involved in deploying the Call Park application. コールパークを構成する前に、エンタープライズ Voip を使用して Enterprise Edition または Standard Edition を展開する必要があります。You must deploy Enterprise Edition or Standard Edition with Enterprise Voice before you configure Call Park. コールパークで必要なコンポーネントは、エンタープライズ Voip を展開するときにインストールされ、有効にされます。The components required by Call Park are installed and enabled when you deploy Enterprise Voice.

コール パーク展開プロセスCall Park Deployment Process

フェーズPhase 手順Steps 必要なグループおよび役割Required groups and roles 展開のドキュメントDeployment documentation

オービット テーブルでコール パーク オービット範囲を構成するConfigure the call park orbit ranges in the orbit table

Lync Server コントロールパネルまたは get-cscallparkorbit コマンドレットを使用して、コールパークオービットテーブルにオービット範囲を作成し、コールパークアプリケーションをホストするアプリケーションサービスに関連付けます。Use Lync Server Control Panel or the New-CSCallParkOrbit cmdlet to create the orbit ranges in the call park orbit table and associate them with the Application service that hosts the Call Park application.

注意

既存のダイヤル プランとシームレスに統合するため、オービット範囲、は通常仮想の内線番号の禁止として構成されます。 コール パーク オービット テーブルでオービット番号として Direct Inward Dialing (DID) 番号を指定することは、サポートされていません。For seamless integration with existing dial plans, orbit ranges are typically configured as a block of virtual extensions. Assigning Direct Inward Dialing (DID) numbers as orbit numbers in the call park orbit table is not supported.

RTCUniversalServerAdminsRTCUniversalServerAdmins

CsVoiceAdministratorCsVoiceAdministrator

CsServerAdministratorCsServerAdministrator

CsAdministratorCsAdministrator

Lync Server 2013 でのコールパークオービット範囲の作成または変更Create or modify a Call Park orbit range in Lync Server 2013

コール パーク設定の構成Configure Call Park settings

コールパーク設定を構成するには、 new-cscpsconfiguration コマンドレットを使用します。Use the Set-CsCpsConfiguration cmdlet to configure Call Park settings. 少なくとも、[ Ontimeouturi ] オプションを構成して、保留中の通話がタイムアウトしたときに使用するフォールバック先を構成することをお勧めします。次の設定を構成することもできます。At a minimum, we recommend that you configure the OnTimeoutURI option to configure the fallback destination to use when a parked call times out. You can also configure the following settings:

  • (オプション) EnableMusicOnHold を構成して保留音を有効または無効にします。(Optional) EnableMusicOnHold to enable or disable music on hold.

  • (オプション) MaxCallPickupAttempts を構成して、パークされた通話が、代替 Uniform Resource Identifier (URI) に転送されるまでに、応答した電話にかけ直す回数を決定します。(Optional) MaxCallPickupAttempts to determine the number of times a parked call rings back to the answering phone before forwarding the call to the fallback Uniform Resource Identifier (URI).

  • (オプション) CallPickupTimeoutThreshold を構成して、通話がパークされてから、呼び出しに応答した電話にかけ直されるまでの経過時間を決定します。(Optional) CallPickupTimeoutThreshold to determine the amount of time that elapses after a call has been parked before it rings back to the phone where the call was answered.

RTCUniversalServerAdminsRTCUniversalServerAdmins

CsVoiceAdministratorCsVoiceAdministrator

CsServerAdministratorCsServerAdministrator

CsAdministratorCsAdministrator

Lync Server 2013 でコールパーク設定を構成するConfigure Call Park settings in Lync Server 2013

必要に応じて、保留音をカスタマイズするOptionally, customize the music on hold

既定の保留音を使用しない場合は、Set-CsCallParkServiceMusicOnHoldFile コマンドを使用して、音声ファイルをカスタマイズおよびアップロードします。Use the Set-CsCallParkServiceMusicOnHoldFile cmdlet to customize and upload an audio file, if you don't want to use the default music on hold.

RTCUniversalServerAdminsRTCUniversalServerAdmins

CsVoiceAdministratorCsVoiceAdministrator

CsServerAdministratorCsServerAdministrator

CsAdministratorCsAdministrator

Lync Server 2013 でコールパーク保留音をカスタマイズするCustomize Call Park music on hold in Lync Server 2013

音声ポリシーを構成してユーザーのコールパークを有効にするConfigure voice policy to enable Call Park for users

Lync Server コントロールパネルまたは set-csvoicepolicy コマンドレットを Enablecallpark オプションを指定して使用して、音声ポリシーでユーザーのコールパークを有効にします。Use Lync Server Control Panel or the Set-CSVoicePolicy cmdlet with the EnableCallPark option to enable Call Park for users in voice policy.

注意

既定では、すべてのユーザーに対してコールパークが無効になります。By default, Call Park is disabled for all users.

注意

複数の音声ポリシーが存在する場合、EnableCallPark プロパティが、既定のポリシーに対してだけでなく、それぞれの音声ポリシーに設定されているのを確認してください。If you have multiple voice policies, make sure the EnableCallPark property is set for each voice policy, not just for the default policy.

RTCUniversalServerAdminsRTCUniversalServerAdmins

CsVoiceAdministratorCsVoiceAdministrator

CsUserAdministratorCsUserAdministrator

CsAdministratorCsAdministrator

Lync Server 2013 でユーザーのコールパークを有効にするEnable Call Park for users in Lync Server 2013

コール パーク正規化ルールの確認Verify normalization rules for Call Park

コール パーク オービットを正規化することはできません。 正規化ルールにオービット範囲が含まれていないのを確認します。 必要に応じて、オービットが正規化されるのを防ぐため、追加の正規化ルールを作成します。Call park orbits must not be normalized. Verify that your normalization rules do not include any of your orbit ranges. If necessary, create additional normalization rules to prevent orbits being normalized.

RTCUniversalServerAdminsRTCUniversalServerAdmins

CsVoiceAdministratorCsVoiceAdministrator

CsServerAdministratorCsServerAdministrator

CsAdministratorCsAdministrator

Lync Server 2013 でのコールパークの正規化ルールの確認Verify normalization rules for Call Park in Lync Server 2013

コールパークの展開を確認するVerify your Call Park deployment

構成が想定どおりに動作することを確認するために、パーキングをテストし、呼び出しを取得します。Test parking and retrieving calls to make sure that your configuration works as expected.

-

オプションLync Server 2013 でのコールパーク展開の確認(Optional) Verify Call Park deployment in Lync Server 2013