Lync Server 2013 のデバイス更新 Web サービスDevice Update Web service in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-20Topic Last Modified: 2013-02-20

Lync Server には、Web サービスの役割の一部として自動的にインストールされるデバイス更新 Web サービスが含まれています。Lync Server includes the Device Update Web service, which is automatically installed as part of the Web Services role. このサービスを使用すると、Microsoft から更新プログラムをダウンロードしてテストし、組織内の IP 電話に更新プログラムを展開することができます。This service lets you download updates from Microsoft, test them, and then deploy the updates to IP phones in your organization. デバイス更新 Web サービスを使用して、デバイスを以前のソフトウェアバージョンにロールバックすることもできます。You can also use Device Update Web service to roll back devices to previous software versions.

このセクションでは、デバイス更新プログラムの Web サービスを管理する方法、およびデバイス更新ログを使用して更新プログラムを展開する方法、ルール (Lync Phone Edition がファームウェアバージョンの更新プログラムをハードウェアデバイスに関連付けるための ルール を使用する)、構成設定について詳しく説明します。This section provides details about how to manage the Device Update Web service and deployed updates by using device update logs, rules (Lync Phone Edition uses rules to associate firmware version updates with hardware devices), and configuration settings.

デバイス更新 Web サービスのプロセスと機能の詳細については、「Lync Server 2010 TechNet ライブラリの デバイスの更新 」を参照してください。For details about the Device Update Web service process and features, see Updating Devices in the Lync Server 2010 TechNet Library. (すべての Lync Phone Edition コンポーネントと同様に、lync server 2010 の場合と同じように、デバイス更新 Web サービスは lync Server 2013 と同じように動作します)。(Note that the Device Update Web service, like all Lync Phone Edition components, works the same way with Lync Server 2013 as it does with Lync Server 2010.)