Lync Server 2013 のユーザーアカウントを無効または再度有効にするDisable or re-enable user account for Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2016-04-04Topic Last Modified: 2016-04-04

次の手順を使用して、ユーザーアカウントに対して構成した Lync Server 設定を失わずに、Lync Server 2013 で既に有効になっているユーザーアカウントを無効にすることができます。You can use the following procedure to disable a previously enabled user account in Lync Server 2013 without losing the Lync Server settings that you configured for the user account. Lync Server ユーザーアカウント設定が失われないため、ユーザーアカウントを再構成せずに、以前に有効になっていたユーザーアカウントを再度有効にすることができます。Because you do not lose the Lync Server user account settings, you can re-enable a previously enabled user account again without having to reconfigure the user account.

警告

Active Directory のユーザーアカウントを無効にしても、ユーザーが Lync Server にサインインしたり、Lync Server を使用したりでき なくなることはありませんSimply disabling a user account in Active Directory will not stop a user from being able to sign into or use Lync Server. これは、Lync は認証プロセスを合理化する証明書認証を使用し、これらのクライアント証明書は180日間有効であるためです。This is because Lync uses certificate authentication that streamlines the authentication process, and these client certificates are valid for 180 days. Lync Server へのアクセスが Lync Server に対して有効になっていた、無効にされた Active Directory アカウントを停止するには、 ユーザー コマンドレットを使用するか、この記事で説明しているように Lync server コントロールパネル を使用する必要があります。If you want to stop disabled Active Directory accounts that had been enabled for Lync from having access to Lync Server, you must use the Disable-CsUser cmdlet, or use the Lync Server Control Panel as laid out in this article. ユーザーが Lync で無効にされ、中央管理ストアが環境内でレプリケートされ、ユーザーはサインインできなくなります。Once the user is disabled in Lync and the Central Management store has been replicated in the environment the users will no longer be able to sign in. また、サインインしているユーザーは切断されます。Also, users that are signed in will get disconnected.

Lync Server で既に有効になっているユーザーアカウントを無効にするか、再び有効にするにはTo disable or re-enable a previously enabled user account for Lync Server

  1. CsUserAdministrator または CsAdministrator の役割に割り当てられているユーザー アカウントから、内部展開の任意のコンピューターにログオンします。From a user account that is assigned to the CsUserAdministrator role or the CsAdministrator role, log on to any computer in your internal deployment.

  2. ブラウザー ウィンドウを開いて管理 URL を入力し、Lync Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Lync Server Control Panel. Lync Server コントロールパネルの起動に使用できるさまざまな方法の詳細については、「 Open Lync server 2013 管理ツール」を参照してください。For details about the different methods you can use to start Lync Server Control Panel, see Open Lync Server 2013 administrative tools.

  3. 左側のナビゲーション バーで [ユーザー] をクリックします。In the left navigation bar, click Users.

  4. [ユーザーの検索] ボックスに、無効または再度有効にするユーザー アカウントの表示名、名、姓、セキュリティ アカウント マネージャー (SAM) のアカウント名、SIP アドレス、あるいは回線 URI (Uniform Resource Identifier) の全体か最初の一部の文字列を入力して、[検索] をクリックします。In the Search users box, type all or the first portion of the display name, first name, last name, Security Accounts Manager (SAM) account name, SIP address, or line Uniform Resource Identifier (URI) of the user account that you want to disable or re-enable, and then click Find.

  5. 表で、無効または再度有効にするユーザー アカウントをクリックします。In the table, click the user account that you want to disable or re-enable.

  6. [アクション] メニューで、次のいずれかを実行します。On the Action menu, do one of the following:

    • Lync server 2013 のユーザーアカウントを一時的に無効にするには、[ Lync server に対して一時的に無効にする] をクリックします。To temporarily disable the user account for Lync Server 2013, click Temporarily disable for Lync Server.

    • Lync Server 2013 のユーザーアカウントを有効にするには、[ Lync server の再有効化] をクリックします。To enable the user account for Lync Server 2013, click Re-enable for Lync Server.

Windows PowerShell を使用してユーザーアカウントを無効にするか、再度有効にするUsing Windows PowerShell to Disable or Re-enable User Accounts

ユーザーアカウントを一時的に無効にして から、ユーザーコマンドレット を使用して再び有効にすることができます。User accounts can be temporarily disabled, and then later re-enabled, by using the Set-CsUser cmdlet. このコマンドレットは、Lync Server 2013 管理シェルから、または Windows PowerShell のリモートセッションから実行できます。You can run this cmdlet either from the Lync Server 2013 Management Shell or from a remote session of Windows PowerShell. リモートの Windows PowerShell を使用して Lync Server に接続する方法について詳しくは、Lync Server Windows PowerShell のブログ記事「Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell (クイックスタート: リモート PowerShell を使用した Microsoft Lync Server 2010 の管理)」をhttps://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876で参照してください。For details about using remote Windows PowerShell to connect to Lync Server, see the Lync Server Windows PowerShell blog article "Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=255876.

ユーザーアカウントを無効にするにはTo disable a user account

  • ユーザー アカウントを一時的に無効にするには、Enabled プロパティの値を False ($False) に設定します。To temporarily disable a user account, set the value of the Enabled property to False ($False). 次に例を示します。For example:

    Set-CsUser -Identity "Ken Myer" -Enabled $False
    

ユーザーアカウントを再度有効にするにはTo re-enable a user account

  • 無効になっているユーザー アカウントを再度有効にするには、Enabled プロパティの値を True ($True) に設定します。To re-enable a disabled user account, set the value of the Enabled property to True ($True). 次に例を示します。For example:

    Set-CsUser -Identity "Ken Myer" -Enabled $True
    

詳細については、「 Set-CsUser コマンドレットのヘルプトピックを参照してください。For more information, see the help topic for the Set-CsUser cmdlet.