Lync Server 2013 での DNS 負荷分散DNS load balancing in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2014-01-15Topic Last Modified: 2014-01-15

Lync Server は、DNS 負荷分散を有効にします。これにより、ネットワーク上の負荷分散の管理オーバーヘッドを大幅に削減できます。Lync Server enables DNS load balancing, a software solution that can greatly reduce the administration overhead for load balancing on your network. DNS 負荷分散は、SIP トラフィックやメディアトラフィックなど、Lync Server に固有のネットワークトラフィックのバランスをとります。DNS load balancing balances the network traffic that is unique to Lync Server, such as SIP traffic and media traffic.

DNS 負荷分散を展開すると、ハードウェアロードバランサーの管理オーバーヘッドが最小限に抑えられます。If you deploy DNS load balancing, your organization’s administration overhead for hardware load balancers will be minimized. さらに、SIP トラフィックの負荷分散装置の構成ミスに関する問題に対応するために、複雑なトラブルシューティングを行う必要がなくなります。Additionally, complex troubleshooting of problems related to misconfiguration of load balancers for SIP traffic will be eliminated. サーバーをオフラインにできるようにサーバー接続を禁止することもできます。You can also prevent server connections so that you can take servers offline. また、DNS 負荷分散を使用して、ハードウェア ロード バランサーの問題が基本的な通話のルーティングなどの SIP トラフィックの要素に影響しないようにすることもできます。DNS load balancing also ensures that hardware load balancer problems do not affect elements of SIP traffic such as basic call routing.

また、DNS 負荷分散を使用すると、すべての種類のトラフィックに対応するハードウェア ロード バランサーを使用していた場合よりもハードウェア ロード バランサーを低価格で購入できます。If you use DNS load balancing, you may also be able to purchase lower-cost hardware load balancers than if you used the hardware load balancers for all types of traffic. Lync Server との相互運用性認定テストに合格したロードバランサーを使用する必要があります。You should use load balancers that have passed interoperability qualification testing with Lync Server. ロードバランサー相互運用性テストの詳細については、「」の「Lync Server 2010 ロードバランサーパートナー」を参照してください https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=202452For details about load balancer interoperability testing, see "Lync Server 2010 Load Balancer Partners" at https://go.microsoft.com/fwlink/p/?linkId=202452.

DNS 負荷分散は、フロント エンド プール、エッジ サーバー プール、ディレクター プール、およびスタンドアロンの仲介サーバー プールでサポートされます。DNS load balancing is supported for Front End pools, Edge Server pools, Director pools, and stand-alone Mediation Server pools.

フロント エンド プールとディレクター プールの DNS 負荷分散DNS Load Balancing on Front End Pools and Director Pools

フロント エンド プールとディレクター プールの SIP トラフィックに DNS 負荷分散を使用できます。 DNS 負荷分散を展開している場合でも、クライアントとサーバー間の HTTPS トラフィックに対してのみ、これらのプールに引き続きハードウェア ロード バランサーを使用する必要があります。 ハードウェア ロード バランサーは、ポート 443 とポート 80 経由のクライアントからの HTTPS トラフィックに対して使用します。You can use DNS load balancing for the SIP traffic on Front End pools and Director pools. With DNS load balancing deployed, you still need to also use hardware load balancers for these pools, but only for client-to-server HTTPS traffic. The hardware load balancer is used for HTTPS traffic from clients over ports 443 and 80.

これらのプール用のハードウェア ロード バランサーは引き続き必要ですが、そのセットアップと管理は主に HTTP トラフィックに対するものであり、ハードウェア ロード バランサーの管理者にはなじみのあるものです。Although you still need hardware load balancers for these pools, their setup and administration will be primarily for HTTPS traffic, which the administrators of hardware load balancers are accustomed to.

DNS 負荷分散およびサポートされる以前のクライアントとサーバーDNS Load Balancing and Supporting Older Clients and Servers

DNS 負荷分散は、Lync Server 2013 または Lync Server 2010 を実行しているサーバー、および Lync 2013 および Lync 2010 クライアントに対してのみ、自動フェールオーバーをサポートします。DNS load balancing supports automatic failover only for servers running Lync Server 2013 or Lync Server 2010, and for Lync 2013 and Lync 2010 clients. 以前のバージョンのクライアントおよび Office Communications Server は、DNS 負荷分散を実行しているプールに接続できますが、DNS 負荷分散が参照する最初のサーバーに接続できない場合、プール内の別のサーバーにフェールオーバーすることはできません。Earlier versions of clients and Office Communications Server can still connect to pools running DNS load balancing, but if they cannot make a connection to the first server that DNS load balancing refers them to, they are unable to fail over to another server in the pool.

また、Exchange UM を使用している場合は、少なくとも Exchange 2010 SP1 を使用して Lync Server DNS 負荷分散のサポートを受ける必要があります。Additionally, if you are using Exchange UM, you must use a minimum of Exchange 2010 SP1 to get support for Lync Server DNS load balancing. 以前のバージョンの Exchange を使用している場合、次の Exchange UM シナリオでは、ユーザーはフェールオーバー機能を利用できません。If you use an earlier version of Exchange, your users will not have failover capabilities for these Exchange UM scenarios:

  • 電話でエンタープライズ VoIP ボイス メールを再生するPlaying their Enterprise Voice voice mail on their phone

  • Exchange UM 自動応答から通話を転送するTransferring calls from an Exchange UM Auto Attendant

他のすべての Exchange UM シナリオでは効果があります。All other Exchange UM scenarios will work properly.

フロント エンド プールとディレクター プールへの DNS 負荷分散の展開Deploying DNS Load Balancing on Front End Pools and Director Pools

フロント エンド プールとディレクター プールに DNS 負荷分散を展開するには、FQDN と DNS レコードでいくつか追加の手順を実行する必要があります。Deploying DNS load balancing on Front End pools and Director pools requires you to perform a couple of extra steps with FQDNs and DNS records.

  • DNS 負荷分散を使用するプールに、次の 2 つの FQDN がある必要があります。まず、DNS 負荷分散で使用される通常のプールの FQDN (pool01.contoso.com など) で、プール内のサーバーの物理 IP に解決されます。次に、プールの Web サービスの別の FQDN (web01.contoso.com など) で、プールの仮想 IP アドレスに解決されます。A pool that uses DNS load balancing must have two FQDNs: the regular pool FQDN that is used by DNS load balancing (such as pool01.contoso.com), and resolves to the physical IPs of the servers in the pool, and another FQDN for the pool’s Web services (such as web01.contoso.com), which resolves to virtual IP address of the pool.

    トポロジビルダーで、プールの DNS 負荷分散を展開する場合は、プールの Web サービス用の追加の FQDN を作成するには、[ 内部 Web サービスプールの fqdn を上書き する] チェックボックスをオンにして、[ このプールの Web サービス url を指定 します] ページで FQDN を入力する必要があります。In Topology Builder, if you want to deploy DNS load balancing for a pool, to create this extra FQDN for the pool’s Web services you must select the Override internal Web Services pool FQDN check box and type the FQDN, in the Specify the Web Services URLs for this Pool page.

  • DNS 負荷分散で使用される FQDN をサポートするには、プールの FQDN (pool01.contoso.com など) をプール内のすべてのサーバーの IP アドレス (192.168.1.1、192.168.1.2 など) に解決するように DNS をプロビジョニングする必要があります。現在展開されているサーバーの IP アドレスのみ含めるようにしてください。To support the FQDN used by DNS load balancing, you must provision DNS to resolve the pool FQDN (such as pool01.contoso.com) to the IP addresses of all the servers in the pool (for example, 192.168.1.1, 192.168.1.2, and so on). You should include only the IP addresses of servers that are currently deployed.

    警告

    フロントエンドプールまたはフロントエンドサーバーが複数ある場合は、外部 Web サービスの FQDN が一意である必要があります。If you have more than one Front End pool or Front End Server the external Web services FQDN must be unique. たとえば、フロントエンドサーバーの外部 Web サービスの FQDN を pool01.contoso.comとして定義した場合、別のフロントエンドプールまたはフロントエンドサーバーに pool01.contoso.com を使用することはできません。For example, if you define the external Web services FQDN of a Front End Server as pool01.contoso.com, you cannot use pool01.contoso.com for another Front End pool or Front End Server. ディレクターを展開している場合は、ディレクターまたはディレクタープールに対して定義されている外部 Web サービスの FQDN が、他のすべてのディレクターまたはディレクタープールと、フロントエンドプールまたはフロントエンドサーバーとも一意である必要があります。If you are also deploying Directors, the external Web services FQDN defined for any Director or Director pool must be unique from any other Director or Director pool as well as any Front End pool or Front End Server. 内部 web サービスを自己定義の FQDN で上書きする場合、各 FQDN は他のフロントエンドプール、ディレクター、またはディレクタープールとは一意である必要があります。If decide to override the Internal web services with a self-defined FQDN, each FQDN must be unique from any other Front End pool, Director or a Director pool.

エッジ サーバー プールの DNS 負荷分散DNS Load Balancing on Edge Server Pools

エッジ サーバー プールに DNS 負荷分散を展開できます。 その場合、いくつかの考慮事項に注意する必要があります。You can deploy DNS load balancing on Edge Server pools. If you do, you must be aware of some considerations.

エッジ サーバーで DNS 負荷分散を使用する場合、次のシナリオではフェールオーバー機能を利用できません。Using DNS load balancing on your Edge Servers causes a loss of failover ability in the following scenarios:

  • Lync Server 2010 より前にリリースされたバージョンの Office Communications Server を実行している組織とのフェデレーション。Federation with organizations that are running versions of Office Communications Server released prior to Lync Server 2010.

  • パブリックインスタントメッセージング (IM) サービス AOLand Yahoo のユーザーとのインスタントメッセージ交換 ( ! Google Talk などの XMPP ベースのプロバイダーおよびサーバーに加えて)。Instant message exchange with users of public instant messaging (IM) services AOLand Yahoo!, in addition to XMPP-based providers and servers, such as Google Talk.

    重要

    • 現時点では、Google Talk はサポートされている唯一の XMPP パートナーです。Google Talk is currently the only supported XMPP partner.

    • 2012年9月1日時点で、Microsoft Lync パブリック IM 接続ユーザーサブスクリプションライセンス ("PIC USL") は、新規購入時または契約の更新時に購入することができなくなりました。As of September 1st, 2012, the Microsoft Lync Public IM Connectivity User Subscription License (“PIC USL”) is no longer available for purchase for new or renewing agreements. アクティブなライセンスを持つお客様は、Yahoo! とのフェデレーションを続行できます。Customers with active licenses will be able to continue to federate with Yahoo! メッセンジャーサービスが終了するまでの期間。Messenger until the service shut down date. AOL および Yahoo! の2014年6月の寿命の終了日An end of life date of June 2014 for AOL and Yahoo! が発表されました。has been announced. 詳細については、「 Lync Server 2013 でのパブリックインスタントメッセンジャー接続のサポート」を参照してください。For details, see Support for public instant messenger connectivity in Lync Server 2013.

これらのシナリオは、プール内のすべてのエッジ サーバーが実行されている限り有効ですが、いずれかのエッジ サーバーが利用できなくなると、これらのシナリオでそのエッジ サーバーに送信されるすべての要求は、別のエッジ サーバーにルーティングされずに失敗します。These scenarios will work as long as all Edge Servers in the pool are up and running, but if one Edge Server is unavailable, any requests for these scenarios that are sent to it will fail, instead of routing to another Edge Server.

Exchange UM を使用している場合は、少なくとも Exchange 2013 を使用して、エッジで Lync Server DNS 負荷分散のサポートを受ける必要があります。If you are using Exchange UM, you must use a minimum of Exchange 2013 to get support for Lync Server DNS load balancing on Edge. 以前のバージョンの Exchange を使用している場合、リモートユーザーは、これらの Exchange UM シナリオではフェールオーバー機能を利用できません。If you use an earlier version of Exchange, your remote users will not have failover capabilities for these Exchange UM scenarios:

  • 電話でエンタープライズ VoIP ボイス メールを再生するPlaying their Enterprise Voice voice mail on their phone

  • Exchange UM 自動応答から通話を転送するTransferring calls from an Exchange UM Auto Attendant

他のすべての Exchange UM シナリオでは効果があります。All other Exchange UM scenarios will work properly.

内部エッジ インターフェイスと外部エッジ インターフェイスでは、同じ種類のロード バランシングを使用する必要があります。1 つのエッジ インターフェイスで DNS ロード バランシングを使用し、もう 1 つのエッジ インターフェイスでロード バランサー機器を使用することはできません。The internal Edge interface and external Edge interface must use the same type of load balancing. You cannot use DNS load balancing on one Edge interface and hardware load balancing on the other Edge interface.

エッジ サーバー プールへの DNS 負荷分散の展開Deploying DNS Load Balancing on Edge Server Pools

エッジ サーバー プールの外部インターフェイスに DNS 負荷分散を展開するには、次の DNS エントリが必要です。To deploy DNS load balancing on the external interface of your Edge Server pool, you need the following DNS entries:

  • アクセスエッジサービスでは、プール内のサーバーごとに1つのエントリが必要です。For the Access Edge service, you need one entry for each server in the pool. 各エントリでは、アクセスエッジサービスの FQDN (sip.contoso.com など) を、プール内のいずれかのエッジサーバー上のアクセスエッジサービスの IP アドレスに解決する必要があります。Each entry must resolve the FQDN of the Access Edge service (for example, sip.contoso.com) to the IP address of the Access Edge service on one of the Edge Servers in the pool.

  • Web 会議エッジサービスでは、プール内のサーバーごとに1つのエントリが必要です。For the Web Conferencing Edge service, you need one entry for each server in the pool. 各エントリでは、Web 会議エッジサービスの FQDN (webconf.contoso.com など) をプール内のいずれかのエッジサーバー上の Web 会議エッジサービスの IP アドレスに解決する必要があります。Each entry must resolve the FQDN of the Web Conferencing Edge service (for example, webconf.contoso.com) to the IP address of the Web Conferencing Edge service on one of the Edge Servers in the pool.

  • 音声ビデオエッジサービスでは、プール内のサーバーごとに1つのエントリが必要です。For the Audio/Video Edge service, you need one entry for each server in the pool. 各エントリでは、オーディオ/ビデオエッジサービス (たとえば、av.contoso.com) の FQDN を、プール内のいずれかのエッジサーバーの音声ビデオエッジサービスの IP アドレスに解決する必要があります。Each entry must resolve the FQDN of the Audio/Video Edge service (for example, av.contoso.com) to the IP address of the A/V Edge service on one of the Edge Servers in the pool.

エッジ サーバー プールの内部インターフェイスに DNS ロード バランシングを展開するには、エッジ サーバー プールの内部 FQDN をプール内の各サーバーの IP アドレスに解決する 1 つの DNS A レコードを追加する必要があります。To deploy DNS load balancing on the internal interface of your Edge Server pool, you must add one DNS A record, which resolves the internal FQDN of the Edge Server pool to the IP address of each server in the pool.

仲介サーバー プールでの DNS 負荷分散の使用Using DNS Load Balancing on Mediation Server Pools

スタンドアロンの仲介サーバー プールで、DNS 負荷分散を使用できます。すべての SIP トラフィックとメディア トラフィックは DNS 負荷分散によって調整されます。You can use DNS load balancing on stand-alone Mediation Server pools. All SIP and media traffic is balanced by DNS load balancing.

仲介サーバー プールに DNS 負荷分散を展開するには、プールの FQDN (mediationpool1.contoso.com など) をプール内のすべてのサーバーの IP アドレス (192.168.1.1、192.168.1.2 など) に解決するように DNS をプロビジョニングする必要があります。To deploy DNS load balancing on a Mediation Server pool, you must provision DNS to resolve the pool FQDN (for example, mediationpool1.contoso.com) to the IP addresses of all the servers in the pool (for example, 192.168.1.1, 192.168.1.2, and so on).

DNS 負荷分散を使用してサーバーへのトラフィックをブロックするBlocking Traffic to a Server With DNS Load Balancing

DNS 負荷分散を使用していて、特定のコンピューターへのトラフィックをブロックする必要がある場合は、IP アドレスエントリをプールの FQDN から削除するだけで十分ではありません。If you use DNS load balancing and you need to block traffic to a specific computer, it is not sufficient to just remove the IP address entries from the Pool FQDN. コンピューターの DNS エントリも削除する必要があります。You must remove the DNS entry for the computer as well.

サーバー間トラフィックの場合、Lync Server 2013 ではトポロジ対応の負荷分散が使用されることに注意してください。Note that for server-to-server traffic, Lync Server 2013 uses topology-aware load balancing. サーバーは、中央管理ストアで公開されているトポロジを読み取り、トポロジ内のサーバーの Fqdn を取得し、そのトラフィックをサーバー間で自動的に分配します。Servers read the published topology in the Central Management store to obtain the FQDNs of servers in the topology, and automatically distribute the traffic among the servers. サーバーからサーバーへのトラフィックの受信をブロックするには、サーバーをトポロジから削除する必要があります。To block a server from receiving server-to-server traffic, you must remove the server from the topology.