DNS の概要-Lync Server 2013 での自動検出DNS summary - Autodiscover in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2013-02-13Topic Last Modified: 2013-02-13

自動検出は、HTTP または HTTPS を経由した通信を受け付ける、柔軟なサービスです。Autodiscover is a flexible service in that it will accept communication over HTTP or HTTPS. これを実現するには、ドメインネームシステム (DNS) と自動検出サービスをホストするサーバーで使用される証明書が正しく構成されている必要があります。To accomplish this, the domain name system (DNS) and the certificates used by servers that host the Autodiscover service must be configured correctly. 証明書の要件は 、「証明書の概要-Lync Server 2013 での自動検出」で説明されています。Certificate requirements are covered in Certificate summary - Autodiscover in Lync Server 2013.

重要

Lync Server クライアントの DNS 参照ロジックでは、特定の順序で解決されます。DNS lookup logic for the Lync Server clients uses a specific order of resolution. 常に lyncdiscoverinternal を含める必要があります。 <ドメイン > および lyncdiscover。 <>DNS のドメイン。You should always include both the lyncdiscoverinternal.<domain> and the lyncdiscover.<domain> in your DNS. Lyncdiscoverinternal を除外します。 <ドメインレコードを使用すると > 、内部クライアントは、目的のサービスへの接続を失敗させたり、誤った自動検出応答を受信したりします。Excluding the lyncdiscoverinternal.<domain> record will cause internal clients to fail to connect to the intended services or receive the incorrect Autodiscover response.

内部 DNS レコードInternal DNS Records

レコードの種類Record type ホスト名Host name 解決先Resolves to

CNAMECNAME

Lyncdiscoverinternal。 <内部ドメイン名>Lyncdiscoverinternal.<internal domain name>

ディレクターを所有していない場合は、ディレクタープールの内部 Web サービスの FQDN、またはディレクターを持っていない場合はフロントエンドプール用。Internal Web Services FQDN for your Director pool, if you have one, or for your Front End pool if you do not have a Director.

A (IPv6 の場合は host、AAAA の場合)A (host, if IPv6, AAAA)

lyncdiscoverinternal。 <内部ドメイン名>lyncdiscoverinternal.<internal domain name>

ディレクタープールがある場合、ディレクタープールの内部 Web サービス IP アドレス (ロードバランサーを使用する場合は仮想 IP (VIP) アドレス) (ディレクターを持っていない場合は、フロントエンドプールがある場合)。Internal Web Services IP address (virtual IP (VIP) address if you use a load balancer) of your Director pool, if you have one, or of your Front End pool if you do not have a Director.

次の外部 DNS レコードの 1 つを作成する必要があります。You need to create one of the following external DNS records:

外部 DNS レコードExternal DNS Records

レコードの種類Record type ホスト名Host name 解決先Resolves to

CNAMECNAME

lyncdiscover。 <microsoft.rtc.management.xds.sipdomain>lyncdiscover.<sipdomain>

ディレクターが存在しない場合は、ディレクタープールの外部 Web サービスの FQDN、またはディレクターを持っていない場合はフロントエンドプール。External Web Services FQDN for your Director pool, if you have one, or for your Front End pool if you do not have a Director.

A (IPv6 の場合は host、AAAA の場合)A (host, if IPv6, AAAA)

lyncdiscover。 <microsoft.rtc.management.xds.sipdomain>lyncdiscover.<sipdomain>

リバースプロキシの外部またはパブリック IP アドレス。External or public IP address of the reverse proxy.

注意

外部トラフィックはリバース プロキシを経由します。External traffic goes through the reverse proxy.

注意

モバイル デバイスのクライアントでは、異なるドメインからの複数の SSL (Secure Sockets Layer) 証明書がサポートされません。Mobile device clients do not support multiple Secure Sockets Layer (SSL) certificates from different domains. つまり、HTTPS では、異なるドメインへの CNAME のリダイレクトがサポートされません。Therefore, CNAME redirection to different domains is not supported over HTTPS. たとえば、director.contoso.net のアドレスにリダイレクトされる lyncdiscover.contoso.com の DNS CNAME レコードは、HTTPS ではサポートされません。For example, a DNS CNAME record for lyncdiscover.contoso.com that redirects to an address of director.contoso.net is not supported over HTTPS. このようなトポロジでは、CNAME のリダイレクトが HTTP で解決されるように、モバイル デバイスのクライアントは、最初の要求に対して HTTP を使用する必要があります。In such a topology, a mobile device client needs to use HTTP for the first request, so that the CNAME redirection is resolved over HTTP. その後、以降の要求については HTTPS を使用します。Subsequent requests then use HTTPS. このシナリオをサポートするには、ポート 80 (HTTP) の Web 公開ルールを使用して、リバース プロキシを構成する必要があります。To support this scenario, you need to configure your reverse proxy with a web publishing rule for port 80 (HTTP). 詳細については、「 Lync Server 2013 でモビリティのリバースプロキシを構成する」の「ポート80の web 公開ルールを作成するには」を参照してください。For details, see "To create a web publishing rule for port 80" in Configuring the reverse proxy for mobility in Lync Server 2013. HTTPS では、同じドメインへの CNAME のリダイレクトはサポートされます。CNAME redirection to the same domain is supported over HTTPS. この例では、宛先ドメインの証明書が元のドメインを対象としています。In this case, the destination domain's certificate covers the originating domain.