Lync Server 2013 での E9-1-1 のサポートE9-1-1 support in Lync Server 2013

 

トピックの最終更新日: 2012-09-21Topic Last Modified: 2012-09-21

Lync Server 2013 は、エンタープライズ展開の一環として、Enhanced 9-1-1 (E9-1-1) をサポートしています。Lync Server 2013 supports Enhanced 9-1-1 (E9-1-1) as part of an enterprise deployment. E9-1-1 とは呼び出し元の電話番号を正式な住所 (番地) に関連付ける緊急通知機能です。E9-1-1 is an emergency notification feature that associates the calling party’s telephone number with a civic (that is, a street) address. E9-1-1 サポートは、米国でのみ利用できます。E9-1-1 support is available only in the United States.

E9-1-1 を Lync Server 2013 の展開の一部としてサポートするには、認定された緊急サービスプロバイダーから E9-1-1 ルーティングサービスを取得するか、緊急位置識別番号 (ELIN) ゲートウェイを使用する必要があります。To support E9-1-1 as part of a Lync Server 2013 deployment, you must obtain E9-1-1 routing service from a certified emergency services provider or use an Emergency Location Identification Number (ELIN) gateway. 緊急サービスプロバイダーまたは通信事業者は、Lync Server 2013 から発信された緊急通話を、通話に含まれる場所情報に基づいて正しいパブリック安全応答ポイント (PSAP) にルーティングします。The emergency services provider or carrier routes emergency calls that originate from Lync Server 2013 to the correct Public Safety Answering Point (PSAP), based on the location information contained within the call. E9-1-1 サポートの詳細については、「計画」のドキュメントの「 planning for エマージェンシーサービス (E9-1-1 2013) 」を参照してください。For details about E9-1-1 support, see Planning for emergency services (E9-1-1) in Lync Server 2013 in the Planning documentation.